« 癒されるな。 | トップページ | 卒展。 »

2013年2月24日 (日)

蓬莱山。

多分、今シーズン最後になるだろうスノーシューを堪能する為に琵琶湖バレイまで。

Dsc00044

スキーやスノボーを持った若い人達でごった返すロープウェーの中に、どう見ても場違いのザックを担いだ異様なおっちゃん3人。

Dsc00048

山頂は結構な人出で大賑わい。

Dsc00051

若者達からおかしな視線を浴びながら準備するメンバー。奥の2人は関係ないおっさん。

Dsc00049

このリフトの横を歩いて奥に見える山頂まで。

Dsc00054_2

Dsc00475

ヒィーヒィー言いながら辿り着いた山頂から見る景色は、もうサイコーに真っ白な銀世界。

Dsc00061_2

ここから蓬莱山までの縦走は、ただただスノーシューを堪能するのみ!

Dsc00066

どこまでも広がる樹氷が美しい。

Dsc00067

もう言葉も出ない、、、。

Dsc00068

この日の目的地小女郎ヶ池の看板。

Dsc00070_2

お腹も空いて来て時間的には丁度いい感じ。

Dsc00071_2

水が凍った上に雪が積もって湖の姿は無い。

Dsc00482

お昼ご飯の為の場所を整地中。何をしても楽しくて仕方ない。

Dsc00072_3

寒いのでとにかく熱燗を1本いっておく。

Dsc00073

昼ご飯は簡単におにぎりとカップ麺のBLACK MISO、初めてだったけど中々美味しいかも。

Dsc00074

同じカップ麺でも具材を別に用意していて、さすが料理長のおじきは凝っていらっしゃる。ただし期待していたいつものトラブルは起こらなくて少し残念だったけど。

Dsc00080

この頃になると青空も見えて来て美しい風景も倍増。

Dsc00095

雲も晴れて来て琵琶湖周辺がよく見える。しばし景色を堪能するおっちゃん達。

Dsc00089_2

料理長でありながら、カメラマニアでもある多趣味なおじき。

Dsc00082

ナイスなおっちゃんをモデルに激写の図。

Dsc00092_2

後は来た道を戻るだけ。所々でルートを外れておかしな声を上げながら雪の中に入って行くおっちゃん達。

Dsc00094_2

ただし、はしゃぎ過ぎるとこうなるのだが、楽しくてしょうがないのよね。

Dsc00096_2

何とも美しい風景とパウダースノーで、スノーシューを思う存分堪能する事が出来た1日。すっかりおっさんになってから、去年までは知らなかったこんな雪遊びが出来るなんて思ってもみなかった事。まだまだ知らない世界はたくさんあるんだろうな、ホントお山は色々と奥が深い、、。

|

« 癒されるな。 | トップページ | 卒展。 »

お山」カテゴリの記事

コメント

踏み抜いた瞬間の驚きと脱力は
サイコーでしたよ!!!いやホンマに。

投稿: ロラお | 2013年2月25日 (月) 17時24分

● ロラおアニキ、こんにちは。
自分も2回踏み抜きました(笑
あの脱力感、雪庇でやったら笑えませんが、、、。

投稿: uechicchi | 2013年2月25日 (月) 18時18分

毎度毎度ではありますが面白かったですね。
シンドイ登りがほとんど無いのが更に良い!
また行きましょう。

投稿: Shallow | 2013年2月26日 (火) 08時59分

● Shallowおじき、こんにちは。
確かにシンドくなてよかったですね。
自転車もこのパターンで輪行して
良いとこ取りもやってみたいです!

投稿: uechicchi | 2013年2月26日 (火) 10時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1814730/49616123

この記事へのトラックバック一覧です: 蓬莱山。:

« 癒されるな。 | トップページ | 卒展。 »