« 補充。 | トップページ | 飛田、百番。 »

2013年2月28日 (木)

ダイビル。

C0112559_11135360

1925年(大正14年)に大阪・中之島に大阪ビルヂングとして建築を完成させたダイビル。2009年11月末に解体工事が始まって、せっかくの大正時代の味があるビルなのに、なんて勿体ない事かと思っていた。

Dsc09835

最近になって全貌が見える様になって、まじまじと見たらビルが残ってるぞ?調べたら低層部は旧館の外装で使っていたレンガを85パーセント、石材の装飾品もできるだけ再利用して、近代建築として評価の高かかった外観やエントランスホールなどは残すようにしたらしい。

Dsc09833

自転車通勤の時はルートが違うのでビルの前からはあまり見る事がなくて、電車通勤時に後ろからはよく見ていたが、近代的なガラス張りのビルだな〜と思う位でしかなかった。

Dsc09836

ダイビル側は老朽化や土地利用の見地から、取り壊して超高層ビルに立て替えの計画を発表したが、歴史的に貴重な建築物の保存の見地から議論になったそうだ。横から見たら少し変な感じだけど、西側には北西広場(仮称)も出来るらしいし、もうすぐ完成の予定なのでとても楽しみだ。

|

« 補充。 | トップページ | 飛田、百番。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私もたまにチェックしてますが何か変ですよね
でも跡形も無いよりはいいですし…
難しいところですね

投稿: タケ | 2013年2月28日 (木) 11時40分

● タケさん、こんにちは。
そうですよね、な〜んか変な感じですよね。
エントランスとか内装がどうなってるのか気になります。

投稿: uechicchi | 2013年2月28日 (木) 12時21分

ダイビルは外観より内部の意匠が素晴らしかったのでどこまで再現してるのか、または外観だけなのか気になってます。

投稿: AUeno | 2013年3月 1日 (金) 06時57分

● AUenoさん、こんにちは。
たしかに外観は思った程ではないですね。
内部の大理石の丸い大きな柱や広々とした階段はどうなったのか
オープンしたら調査に行ってみます。

そういえば、事務所のトイレで大きいのが出来なくて
毎回こちらのビルまで行っていたのを思い出しました(笑

投稿: uechicchi | 2013年3月 1日 (金) 10時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1814730/49700561

この記事へのトラックバック一覧です: ダイビル。:

« 補充。 | トップページ | 飛田、百番。 »