« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

自転車関係。

Dsc00666

「FRANDRIEN」写真展に行ってきた。今年、ロンド・ファン・フラーンデレンが100周年を迎えることを記念しての開催。

Dsc00665

静かな会場の中の写真からは熱い歓声が聞こえて来た。

Dsc00667

会場は上本町のハイハイタウンの先。夜の飲み会が6時半からで、写真展を見終わったのがまだ4時過ぎ。帰りにハイハイタウンを覗くともう立ち飲みが開いていてお客さんが立っていらっしゃる。入りたい気持ちを抑えて待ち合わせの心斎橋まで、路地裏を探索しながら歩いて向かう。ウロウロ回っていたら酒屋の角打ちを発見したり魅力的な立ち飲みが合ったりで、ついつい吸い込まされそうになったが夜の飲み会は飲み放題なのでガマン、ガマン。

Dsc00674

仕事の繋がりも何もない、元は全然他人だった人達ばかり。何処でどう繋がったのか、それもみなさんほんの小さなきっかけから。その小さなきっかけから友達の輪がどんどん大きくなって、自転車仲間が増えていくのはホントにうれしくて幸せな事だ。飲み放題なのでビールも焼酎もガバガバ飲んで、楽しい話は尽きなかった。

Dsc00678

10時過ぎに解散して数人は2次会へと向かわれたが、自分はご遠慮して1人千中の立ち飲みへ。夕方ウロウロして立ち飲みに行きたかったフラストレーションが溜まっていたから仕方ない。

今では自転車は乗っても乗らなくても、自分の中で大きな部分を占めるモノとなっているのは間違いない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月30日 (土)

ぶ〜らぶら。

天気も良くて気持ちが良さそうなので、お山に行くか自転車乗るかどちらにするか悩んでいた。先週北摂に行ったので六甲へ行こうかと思ったが夜に飲み会があるので、山に行って家に帰って着替えてまた電車で出て行くのもおっくうやし。それなら近所をのんびりブラブラしようかと。

Dsc00633

BD-1にしようか迷ったが、フラットペダルのチーム君に決定。

Dsc00635

近所にある1番綺麗な桜が満開になってるので記念写真。

Dsc00637

路地裏をのんびり散策。この後住宅街の十字路で、向かいから来た車に左から飛び出した車が目の前で衝突。あと3秒ほど速く進んでいたら間違いなく自分がはね飛ばされていただろうと思うと、ちょっとビビったり。

Dsc00640

いつもは通らない河川脇に桜が見えたので行ってみると桜が満開で素晴らしい。こんな穴場があったのね、車も通らないし人も少なくて気持ちがいい。

Dsc00646

列車が置かれていて、ちょっとした公園にもなっていた。

Dsc00648

ついでなので茨木の桜通りにも行ってみる。

Dsc00656_2

さくらまつりが開催されていて、こちらではお茶会が催しされていた。

Dsc00651

出店も出ていて非常に悩ましいかぎり、、、。

Dsc00657

ぐっと堪えてJR茨木駅の前を通ると、角打ち営業中で立ってる人もいるし。店の前で立ち止まってかなり悩んだが、自転車なのとまだ10時半なので断念。よ〜く我慢出来ました。

Dsc00658

その後パリダカちゃんでお世話になったバイクのディーラーさんに寄って世間話。中古車の懐かしいR80を勧められたが置く場所ないしな、、、。

Dsc00659

お昼になったので家に帰って、昼ご飯は最近よく出て来る「キリン」。

Dsc00661

焼そばの召し上がり方と書いてあったので、みそ味の焼そばとはどんな物かと作ってみる。

Dsc00662

何て表現したらいいのかわからないお味。よくよく説明を見たら、「お好みのソースをかけて」と書いてある。ラーメンに付いているみそ味の粉末をかけてとは書いていなかった、、、。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年3月29日 (金)

ペンギン。

Dsc00631

昼飯の弁当を買いに、いつもの事務所近所のスーパーに行ったら「ペンギン」発見!しかーし、価格は驚愕の250万円!袋麺のインスタントラーメンが250万円!兄貴分のキリンが148円だというのに〜、すき家の牛丼が280円だというのに〜、昼飯の弁当が398円だったというのに〜〜250万円!!散々悩んだあげく、結局買ってしまったのであった。もったいないから食べずに当分眺めておこう、そうしよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月28日 (木)

幻の煙草?

学生時代に一緒だった今は熊本に戻ってデザイン事務所をしている友人から、大阪の煙草専門店で売っている煙草を買って送って欲しいと連絡があった。もう20年以上前にタバコをやめてから全然興味も無いし、値段も今はどれ位するのかも知らないし。禁煙ブームが進んでいると思っていたが、煙草専門店なんてあるんだね。

Che

結構話題になっているらしくて、革命的に売れていると言う「Che」。何とも強烈なイメージのパッケージ、キューバ革命の伝説のヒーロー「エルネスト・チェ・ゲバラ」の顔が描かれている。この煙草はルクセンブルグの煙草だそうだが、キューバの煙草草がブレンドされているのでキューバ産の煙草とも言えるみたい。

O0475027912004035965

開けてないから知らないけれど、蓋を開けると顔が立体的に浮かび上がる仕様になっているらしくて何だかカコイイね。チェ・ブラックが一番強くて、次が普通のチェ・レッド、チェ・ブランコはウルトラライトの3種類。1箱410円とは結構なお値段で驚いたけど。

Dsc00630

もう煙草には全然興味は無いが、ほーんの少しだけこのインパクトのあるパッケージを見たら吸ってみたくなった。キリンもそうだけどデザインの力ってホント凄いなぁ、もっと自分も頑張らないと、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月27日 (水)

SRX600。

一昨年の10月にオートバイを手放してから2年ちょっと過ぎた。パリダカちゃんに未練は無いかと言われると微妙な所だが、あの鉄のかたまりと35Lのビックタンクのバイクをもう操る事は出来ないと思うし。でも何だか少しずつだけど、またバイクも欲しいなと思ってきたりして。1,000ccもあるような外車のビックバイクはもういいので、250ccくらいの軽くて取り回しがいいバイクがないかなぁと思いながら、ふと検索してみたのが数日前。

Bike_288

たまたまSRX600で検索してみたら、何と大切に保管されていたという走行距離7,500Kmで経年劣化は最小限の中古車を発見。しかも燃料コック、タンクキャップ、燃料ホース、キャブパッキン類は新品交換でブレーキ周りは分解掃除、バッテリーは新品でタンク表面に痛みが少しあるのでプロによるリペイントまでして、車検2年付きのショップ売り出し本体価格268,000円。28年前のバイクの価値がどんなものかはわからないけど、このバイクの魅力からすると全然安いくらい。それもキックオンリーの初期型なんだよな、もう涙が出てきそうだった。

Bike_288_3

ネットに掲載されたのが見つけた時の前日だったので、まだマニアの目に留まっていないのかもしれないし、これは何かの縁があるかもと思ったが今のマンションのバイク置き場には空きがない。以前の様にシャッター付きのガレージがあれば間違いなくすぐに連絡を入れていたと思うけど、なんしか保管場所が無いのだ。BMWのディーラーさんに少し位なら置かせてもらえるかもしれないし、知り合いの車好きのカメラマンさんの事務所にも置かせてもらえると思うけど。ただ、それだといつ乗るのかと考えたら乗る事はなくて置いているだけになる様な気もする。どうしよう、どうしようと2〜3日考えていて毎日見ていたが、とうとう売約済みになっていた。やっぱりな、こんな良い条件のSRXがそうそう出回る事はないだろうし、見つけたらすぐに手を打たないとダメなのはわかっていたのだが、、、。でも、無茶苦茶悔しいかと言うとそうでもなかったりして。やっぱりしっかりとしたガレージがなければ、シートカバーをかけただけの雨ざらしではすぐにサビサビになって朽ちてしまってかわいそうだもんな。でも、やっぱりちょっとだけ残念だったかも、、、。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2013年3月26日 (火)

熱燗3杯。

年度末に向けての追い込みの仕事も先週末で落ち着いて、この日はのんびりとしていた。夕方までは結構暇にしていてネットで色々検索したりしながらやる事無いし、そろそろ早めに帰ろうかと思っていたらクライアントから原稿の修正のメールが。一体この場に及んで何でこんな修正やねんという内容やし、修正し出したら1時間はかかるから遅くなって立ち飲み行かれへんやん!と思いながらも、印刷屋さんはギリギリまで納品を目指して対処しようとされてるし。いつもの立ち飲み行きたいからとほっといて帰る訳にはいかないし、何とかこっちも協力して対処したのだがすっかり遅くなってしまった。

Dsc00607

時間も少し遅いしめずらしく真直ぐ帰ろうと思いながら事務所を出たが、外に出たら寒い寒い。このままでは凍り付いてしまいそうなので(大げさだけど)かなり悩んだ末に中津の山小屋に避難。ビールはやめていきなり熱燗をお願いして、アテは、、、黙っていてもポテサラが出て来る。

Dsc00611

時間も遅いし早めに熱燗2杯程飲んで帰ろうとしていたら、女将さんからサービスの一品。こうなるとお酒を追加しないわけにはいかないし、ホントはこうなる前にささっと帰る予定だったのだが、貧乏臭くポテサラをチビチビとつまんでいたので申し訳ない。

Dsc00614

結局久しぶりに暖簾が下りる時間までお邪魔してしまった。

Dsc00621

ご機嫌さんで家に帰ると、昔懐かしい大きな棺桶の様なケースが息子の部屋の前に。

Dsc00620

ホコリだらけやん、グスン、、、。その他にも玄関やリビングに分解した机やら段ボール箱やら積んであるし。食卓には長男と次男が遅い夕飯食べていた。京都のアパートを今月末で出ないといけないから、一度帰って来て車で大きな荷物を運んできたらしい。息子は夕飯食べたらまたまた京都へ帰って行ったけど、この荷物いったいどうすんねん、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月25日 (月)

キリンの謎。

ちょっと気になったので調べてみた。

Dsc00604

最近では新たなご当地ラーメンも次々に誕生しているが、すでに50年近く前から地域限定で人気を集めていたご当地ラーメンがある。一時は幻ともいわれた「キリンラーメン」だ。キリンラーメンは昭和40年に愛知県西三河地方碧南市を中心に発売された即席ラーメン。全国的にはまだそれほど知られていないが、地元では知らない人がいないほど有名なものだという。

実はこのキリンラーメン、平成7年に販売量の減少を理由に一時生産を休止。すると、「これしか食べていなかった」「ぜひ、また食べたい」と復活をのぞむ声が殺到。平成14年に1回限定で復活させたところ、予約のみで完売。「手に入らなかったのでまたやって欲しい」という多くの声に応えて、再度生産。すると今度は、「また食べたい」という声が押し寄せ、「あと1回だけ」を何度も繰り返し、ついには生産体制を整備することに。平成22年からは全国販売も解禁になった。「地元の方は他地域の知らない人に営業マンより熱く語ってくれる商品です」と語るのはキリンラーメンを販売する小笠原製粉株式会社の担当者。地元ではいわばソールフード的存在らしい。

復活させるにあたっては、地元の熱い要望で復活するため、地元に貢献できる商品にしようと決意。まずは原料の見直しをおこない、主原料の小麦を外国産から国内産に変更。さらに、小麦を生産している生産者が米・麦・大豆をローテーションで作付けしているため、大豆(豆乳)や米(米粉)も使い始めた。「小麦粉を水のかわりに豆乳で練り込み、米粉も入れています。麺をゆでたときに豆乳が溶け出しまろやかになり、米粉をいれることで生地がもっちりします」また、パッキング作業の一部は地元の授産所・障害者施設に委託しているという。

ところで気になるのがユニークな商品名。なぜ、キリン?「キリンは首が長く、子供から年配まで大変親しみやすい動物です。末永く、親しみやすい商品になればと名付けました」レトロなムードのパッケージはキリンのイラストが目を引くが、同時に「家庭用ラーメン」という謎の表記も目立つ。この意味は?「ラーメンは戦後の屋台から庶民に広まったもので、“ラーメン=屋台で食べるもの”でした。昭和40年ごろ、まだ一般の方は即席ラーメンを知らなかったので、“家庭でも食べられるラーメンですよ”と伝えるために表記したんです」実はパッケージのデザインは当時のまま。とくに業務用があるわけではないそうだ。

商品は生協や一部スーパー、地元の農協直売所、お土産店、雑貨店などで販売中。昨年から同社のオンラインショップでの購入も可能になり、ウワサを聞きつけた全国各地のファンから続々と注文が入っている様子。価格は6袋入り500円(税込、スープ付)。巷の即席ラーメンに比べて決して安いとはいえないが、そこはいろいろな想いの詰まったこだわり商品であるがゆえ。

シンプルな味は今食べると逆に新鮮。一度食べるとクセになりますよ。(古屋江美子さん)

ふ〜〜ん、そう言う事だったのか、全然知らなかったけど有名なのね、、。

E1353844033942_1

最近ではペンギンなシーフード味の弟分もいるらしい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

蕎麦練。

ツイッターで自転車にーさん達が北摂グルメライドを計画されているのは分かっていた。コースは想像出来たのでこっそり先まわりをしてビックリさせようと考えていたが、前日に学会の打ち合わせで飲み過ぎて案の定朝早く起きる事が出来なかった。少し遅くに起きたのだが天気も午後から雨だと言うのにお外を見るといい天気。これはダラダラするのは勿体ないのですぐに着替えて久しぶりに北摂へ。

Dsc00571

キョンキョンで出かけると気分的に頑張らないといけないので、Tonicaさんで自分自身に言い訳を作って出かける事に。クロモリですから、クロモリですから、、、。

Dsc00572_2

いつもの万博公園外周をランニングの方達に混じりながら、まずはのんびりと。

Dsc00577

彩都を越えていつもの110号線をヒーヒー言いながら上って行く。

Dsc00583

この日は半袖ジャージにアームウォーマーとジレで出かけたが、出始めは少し寒い感じがしたが走り出したら汗がビッショリと。それでも山影や下り道には丁度良かった。

Dsc00584

いつもの犬甘野蕎麦、テラス席はおっちゃん達に占領されていたので店内カウンターで月見そばとおにぎり1個。店内もおっちゃんやおばちゃんで一杯で、出て来るのに少し時間がかかったけど。

Dsc00590

その後、亀岡盆地に下りてまたまた上り返してまた下って、大好きな733号線を上って二料山荘前を下る。

Dsc00600

いつものコースは相変わらず気持ちいいのだけれど、、、。

Dsc00601

桜も満開の所もあり、せっかくなので記念撮影を。でも、やっぱり1人で走るのは最近あまり楽しくないから、身体を絞ってちゃんと走れる様にならないとな、、、。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年3月24日 (日)

打ち合わせ。

Dsc00558

お休みで賑わう神戸中華街の昼下がり。

Dsc00559

メインストリートの1本南の筋の角に、ひっそりと佇む酒屋の角打ち。

Dsc00561

そこで「神戸角打ち学会」の春の大花見大会の打ち合わせが密かに進められていた。若干2名はただビール飲んでいただけの様な気もするが。

Dsc00563

打ち合わせはスムーズに終了して、一部必要な買い出しもみなさんで済ませてお店を移動。4人も入れば一杯になるお店に8人という大所帯でお邪魔したので、最初はおかあさんも少し警戒されていた様子。

Dsc00564

常連さんも来られるのに、お店を独占する訳にはいかないので早々と退散。帰る頃にはおかあさんの顔も和らいでいらして良かったな。

Dsc00568

そして、タクシー2台で公園前のサロンへ移動。学会員お一人がこちらで合流。

Dsc00567

こちらのお店の常連さんがよく食べられているアテ、マカロニスパを頂く。これがお酒に合って非常に旨い。で、勢いついてお酒を2杯お代わり。

Dsc00570

その後、またまたお店を移動しておでんに串カツに揚げ餃子に、、、。

自転車仲間との反省会はいつも名ばかりで飲んでばかりだが、学会の打ち合わせはそのまた上を行く。家に帰ったら夜の11時前だった、、、。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年3月23日 (土)

キリン。

Dsc00553

事務所の近所のスーパーで最近見かけたラーメン。他にも色々珍しいのがあったけど、インパクトはこれが一番。

Dsc00554

ちょっと麺の感じが違っているかな?

Dsc00557

しょうゆ味なのにスープの色は白っぽい。お味は何とも優しい味で子供でも食べ易いかも。塩味や味噌味も売られていたので、今度試してみよう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年3月22日 (金)

コスパ。

毎度毎度の帰り道、どこに寄ろうかな〜と色々な選択種の中で考える。いつものサロンで赤星を飲むか、吹田地下組織で塩鯖で安く飲むか。非常に悩みながら帰っていた。そんなしょうもない事で悩むなやと言われそうだが、これでも色々と悩み事はあるわけでして日々の立ち呑みはその気分転換でもあるわけで非常に重要な事なのだ。

Dsc00548

で、お久しぶりの地下組織に決定。こちらのお店は一人客も結構多いので独り静かに飲んで、さっと帰っていかれるお客さんも多い。ちょっと周りのお客さんを観察してみた。左隣は若いビジネスマンの一人客、結構若い感じがしたがお店の大将と話をしている所を見ると常連さんかな。その隣も若いビジネスマンで先輩と後輩と言う感じ。仕事の段取りが良くないと色々と注意をしていたが、その先輩もかなり若いな。右隣は普段着の兄ちゃんで30前後かな、この兄ちゃんのアテを頼む量が凄かった。お勘定時には2千円払っていたもんな。そんな周りをキョロキョろしながらビール大瓶にハムカツ、塩鯖に焼酎2杯で丁度1,000円なのだが、塩鯖少し余ったので焼酎追加して1,180円と千ベロオーバー。それでも酒屋の角打ちよりも安いこちらのお店のコストパフォーマンスは素晴らしい、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月21日 (木)

尼崎。

春分の日の休日、久しぶりに自転車乗り倒そうと考えていたが朝起きるとあまり天気がすぐれない。天気予報を見ると午後から雨模様だし、一気にテンションが下がってしまった。カミさんは息子の懇談会で京都まで行くのだが、あまり一緒に行く気もしないし。午前中だけでも近所を自転車でブラブラしようかとも思ったが、どうせならあまり行く事のない所をブラブラしてみようと着替えて電車で出かけた。

Dsc00494

初めて降り立った駅。まず阪神電車自体も滅多に乗る事が無いので普通電車で窓の外を見ながらのんびりと。

Dsc00495

こちらのお店で昼酒を楽しもうと思っていたのだが、残念ながらまだ開いていない模様。

Dsc00496

500円の食べ歩きセットに少しそそられたが、串かつは止めておこう。

Dsc00497

「いらっしゃいませ」と書いてあるので恐る恐る入ってみたが何も無いただのお家。

Dsc00498

商店街に入ると色々な店があって中々に楽しいところかも。

Dsc00501

商店街ではお決まりの、ええ感じの大衆食堂。

Dsc00502

ショーウインドウにそそられるが、じっと我慢の子で先を急ぐ。

Dsc00505

酒屋角打ち1件目、商店街の中程にありました。

Dsc00507

先客はお一人、瓶ビール大瓶にもやし炒めの小鉢を頂く。

Dsc00508

アテも色々とあっていい感じ。のんびり呑みたかったが、まだ行ってみたいお店もあるのでお勘定630円。

Dsc00504

しかし、この商店街の長い事にはビックリ。一体どこまで続いているのかと思う程。

Dsc00509

商店街を少し外れて2件目。中々の店構えが立派です。

Dsc00516

L字型のカウンターは奥に長く結構な大バコ。どれも安いアテばかりだが注文が入ると調理されるので厨房は忙しそう。隣に来られた80歳になると言うおじいちゃんに、尼崎の事を色々と話してもらった。どうも最近は尼崎もあまり元気がないらしい。もう一軒行ってみたいお店があったので、ビールとポテサラでお勘定600円。

Dsc00525

向かった先は結構評判のいい立ち呑みだったが、あまりに綺麗で自分のタイプに合っていないのでスルーして駅の南側へ移動。

Dsc00526

お店を探すが見あたらない。そのうちトイレに行きたくなって駅の方に戻るとお店を発見。さっき前を通ったのに全然気がつかなかった。

Dsc00530

こりゃまた渋いお店ですな。ハエ取り紙が何本も垂れ下がっているし。飲み物はもうビールはいいので焼酎を水割りで。アテはホワイトボードに書いてあった赤ウインナーを頂く。

Dsc00531

おっちゃんが焼き出した頃は確かに赤ウインナーだったけど、、、。

Dsc00533

出て来る頃には赤くなくなっているし。焼酎は水と別れて出て来るタイプで結構量も多めでしっかりとコップ2杯飲めた。少しして、ひょっとしたら出屋敷駅前のお店が開いているかもしれないと思いお勘定を聞くと何と930円!焼酎は一体いくらなのか、赤ウインナーが高額なのかちょっとショック。

Dsc00539

商店街をキョロキョロしながら帰って、出屋敷の天ぷら屋さんまで戻ったがシャッターが少し空いているけどまだ開く気配はない。仕方ないから帰ろうかと思ったら少し先の酒屋の前に暖簾が出ていたので、暖簾をめくってソロ〜っと覗いてみたら店のおっちゃんに見つかり引き込められた。

Dsc00540

実は低いカウンターにイスが並べてあったので、入るの止めようと思っていたのだが、店のおっちゃん上機嫌で入り難かったやろ〜と言われたので、はぁまぁと。さっきの店で焼酎の値段がわからなくなっていたが、取りあえず芋焼酎水割りで。

Dsc00542

おっちゃん色々とこの地域の話をしてくれるので、何も頼まないのも何なのでハムエッグを注文。座ってしまったのでちょっと落ち着いてしまって焼酎お代わり頂いてお勘定は1,000円丁度。やはり座りだと少し高めだが、ホントさっきのお店の値段設定が知りたい。

Dsc00544

後は電車で家に帰るだけのつもりが、梅田でまたまた立ち寄ってしまった。

Dsc00545

飲み過ぎだね、完全に、、、。でも、早い時間から飲んでいたわりには意識はしっかりとしていて、普通に家に帰れたのが少し不思議だった、自分にとってはとっても幸せな休日でしたとさ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年3月20日 (水)

卒業式。

本日は長男の大学の卒業式、また次男は高校の成績発表で、成績によって2年生からのコースが決まるらしい。大学の卒業式にまで行く事は無いが、高校の懇談会にはカミさんが出席。自分はめんどくさいので行かなかったが、次男は行きたかったコースに行けたらしい。長男は何しているかは知らないけれど、ちょっと本日の記録まで、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月19日 (火)

飲み物色々。

天気予報で午後からかなりの雨になる様な事を言っていた。きっちり夕方には土砂降りになっていたが事務所を出る頃には雨は止んでいたが。

Dsc00482

気分は駅前ビルの上田酒店だったので、恐る恐る覗いてみたら結構空いていていつもの奥の定位置へ。ヒマなので湯豆腐もたっぷりあるよと言う事なので、夜になってもまだ少し暖かかったが湯豆腐も頂く。

Dsc00486

そして、懲りずに熱燗を追加。

Dsc00491

話し相手は焼酎のメニュー。あら、あなた高いのね〜なんて話しかけながら。

Dsc00490

ふとカウンター上を見るとワインも用意されているみたいなので白ワインを行っとく。

Dsc00489

専務のにーちゃんに並々と入れて頂いた白ワインはイタリア物。結構しっかりしたお味で美味しかった。

Dsc00492

金麦500mlに日本酒熱燗と白ワイン、アテは湯豆腐でお勘定は980円。危なく「たよし」にハシゴしそうになったが、飲み物フルコースで頂いたのでめずらしく真っ直ぐ帰る事が出来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月18日 (月)

地元のサロン。

実家から大阪に帰って来て、用事を済ませてから直ぐにこちらの地元サロンまで。

Dsc00472

前日の出雲の実家近所のサロンと同じ様な時間が流れる、大阪は岸辺の本格角打ちのサロン。お客さんは60歳前後の方が中心で、お隣さんは親父と同じ歳の昭和11年生まれだが普通にお話をしながらのんびりと。いつの間にかお店は常連さんでいっぱいになっていたが、こちらもみなさんお顔見知りの方ばかり。発泡酒500ml缶とおかきに、発泡酒350ml缶を追加。

Dsc00476

色々と話をしながら缶チューハイにチーズを頂いてお勘定は600円。千ベロと言うか、後400円も飲んだらホントにベロンベロンになるだろう楽しいサロン。お店もお客さんもいつまでも元気でいてね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月17日 (日)

サロンの先生。

Dsc00460

午後4時半過ぎにお店に着く、開店1番客かと思ったら2番客。

Dsc00462

お店の大将と常連さんのお話を聞きながら、のんびり飲む楽しい時間が過ぎて行く。1人また1人と常連さんが入っていらして直ぐにお店はいっぱいになった。いつもの様に顔見知りの常連さんから「おかえりなさい」と声を掛けて頂くのもありがたい。女将さんと話していたら、常連さんの“先生”が1月に亡くなられた話を聞いてビックリ。こちらのお店に行き出して、結構初めの頃に声を掛けていただいた先生。いつも気さくに話しかけてもらっていたのにホントに残念だ、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月16日 (土)

納骨。

Dsc00448

昨年10月に亡くなった父親の納骨が無事終わった。色々あったが生前から入りたがっていた実家近所のお寺の一角に、小さいながらもお墓を立てる事が出来た。やっと落ち着いて眠る事が出来たね、お疲れさま、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月15日 (金)

書籍。

独立して事務所を開いてから、とりあえず1ヶ月に1冊は本を買おうと目標を立てていた。当時デザインの資料となるのは洋書くらいしか無かったし、事務所に本が並んでいくのがうれしかったりしたものだ。

Dsc00441

数年前からは景気も良くないのと、あまり面白そうな本も無かったりで頻繁に本を買う事は無くなったが、よく考えるとデザイン関係の本って高いのよね。普通の方からしたら1万円もする本ってどんなんやねんと思うだろうけど、そんなんはざらやし。5〜6千円の本やったら、安いやんと直ぐに買ってしまうし。

Dsc00443

もう、大概儲けたでしょうと思うけど“永井一正”先生のポスター集が5,800円、“副田高行”仕事集が4,000円。なんとな〜く買ってしまったが、、、。

Dsc00442

狭い事務所の本棚も本が溢れてきた。見えている本の奥にも本が並んでいるが、面倒くさくて奥の本まで見る事はないし、買ったはいいけどそれ以来開いていない本も結構あったりして。今はネットですぐに資料は集められるし、かさ張るし高い洋書を買う必要はもう無いと思うのだけど。デジタル化した今でもアナログなおっさんには、定期的に新しい本が何故だか必要なのよね。

Dsc00446

amazonからこんなんも送られて来たし(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月14日 (木)

飲み過ぎ〜。

最近の天気予報はよく当たる。午後15時以降雨マークが出ていたが、きっちり15時をまわる頃からお外は暗くなってきて16時には結構雨も降っていた。始めから雨だと分かっていたので、この日の帰り道は何処へ行くのかも決めていたのだった。

Dsc00429

カメラのデータを見たらいきなりラーメンの写真が出てきたので、ありゃ〜またやってしまったか!と思ったが、よくよく考えてみたらお昼に食べたラーメンの画像。久しぶりに昼間に梅田方面に出たので、駅前ビルで寄ってみた“焦がし味噌ラーメン”普通に美味しかったっす。

Dsc00430

で、こちらが本番の夜の部。いつ来ても知らないおっちゃんやおばちゃんとすぐにお友達になれるお店。この日のお隣さんはとにかく拘りがあると言うか多趣味と言うか、サイコーに面白いお店の大将が面白いと言う程の、心理学者でありながら落語家なお方。家の地下ガレージにはクワガタが1,000匹いるらしいし、他にも色々なんを家で飼っているらしいし、芸能界も詳しいし。

Dsc00431

とにかく話し出したら止まらない同年代のおっちゃん。なのでこっちもお酒が止まらない。いつもの濃い焼酎ロックを3杯も飲んでしまった。

Dsc00432

その上真っ直ぐ帰ればいいモノを、ちゃっかり駅前で寄り道してるし。この後の記憶は、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月13日 (水)

WBC。

あまりと言うか、全然興味が無かったWBC。先日の台湾戦をいつものサロンでボーっと見ていて、家に帰ってもまだ試合していたのでそのまま見ていたら凄い試合になって、結局最後まで見て感動までしてしまった。次のオランダ戦はじっくりと最初から最後まで家で見て盛り上がる始末。

Dsc00408

お腹のゴロゴロが丁度1週間で納まったので、久しぶりに中津のサロンまで。そんなに頻繁にお邪魔しているわけではないが、顔見知りの常連さんに挨拶をしていつもの定位置へ。黙っていても出てくるポテサラはてんこ盛りで。

Dsc00411

夜もそんなに寒くはなかったが、とりあえず熱燗を追加。丁度いい塩梅のぬる燗状態で旨い旨い。

Dsc00415

オランダ戦で勝ったのでアメリカ行きが決まっていたから、あまり気にしていなかったリーグ戦の決勝は、またまたオランダだったのね。キューバだと思っていたらオランダに負けたんだ、見てなかった。

Dsc00421

ついついTVを見ながらお酒が進む。日本酒2杯頂いて〆に半分を頂く。全然半分じゃないけど。

Dsc00425

理由を聞くのを忘れていたが、若大将からコレ頂いた。あまり飲み過ぎない様にと言う事だろうか?

Dsc00428

さて、そろそろ帰ろうかと思っていた所に女将さんからサービスの1品。O西さんに申し訳ないけど日本酒半分を追加。日本酒半分は最後の1杯なのでお代わりはルール違反だけどゴメンね。ちょっと飲み過ぎてしまったけど、相変わらずこちらのサロン居心地がいい。一人で静かに飲むのにはバチグンのお店だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月12日 (火)

Uのランチ:末広亭

ぽかぽか陽気だった先週から、ガラっと冷え込んだ月曜日。このまま暖かくなったら絶対の絶対に行く事のない、熱っつ熱の“ロー麺”を久しぶりに食べたくなってこちらまで。

Dsc00405

お昼少し前に入ったけどお店はガラガラで1番客。

Dsc00400

ロー麺を注文すると、「はいよ〜」っとおっちゃんが作り出す。他にお客さんが居なかったのですぐに出てきた。

Dsc00401

野菜や豚肉に溶き卵のあんかけ麺、たっぷりと凄いボリュームなのに550円。

Dsc00402

駅前ビル「たよし」の日本酒並の素晴らしい表面張力。

Dsc00404

どろん、どろんです。食べても食べても無くならない底なしの量。濃いめの味付けなのでご飯を頂いて、このあんを掛けて食べると美味しいのだが、とてもじゃないけどご飯までは食べれないのでとにかくフーフーしながら食べるのみ。

Dsc00398

後で入ってきたビジネスマンのおっちゃんが頼んでいた“五目やきそば”もかなりマウンテン盛りで旨そうだった。食べ終わって店を出る頃はお昼をまわっていたが、お客さんは3人程で以前よりちょっと客足が少ない感じ。おっちゃんとおばちゃんの2人でやり繰りされているこちらのお店、クセになるジャンキーな味わいのロー麺は時々無性に食べたくなる。昭和の雰囲気がプンプン残る中華屋さん、街の酒屋の角打ちと同様に、このままいつまでも続いてくれるといいのだが、、、。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年3月11日 (月)

休日の朝。

土曜日にお山に行ったので、日曜は自転車というパターンだがどうも天気が思わしくない。それと体調がまだあまりすぐれないのと、1人で北摂に走りに行く気持ちが盛り上がらない事もあって、朝からグズグズしていた。ロードバイクに乗り出した頃は土曜日にロードでお山に行ったら、日曜は河川敷を小径車でのんびり走る。逆に土曜日にのんびり走ったら、日曜は早くから北摂に行ったりしていた。

Dsc00379

ベランダへ出てみると北摂の山々はどんより暗いし、あまり無理をしても楽しくないので河川敷をチーム君でブラブラする事にした。

Dsc00380

ただブラブラするのも面白みが無いので、せっかくなので近所の美味しいパン屋さんで焼きたてのパンを買って、自転車道に出て朝食をとる事に。

Dsc00382_2

いつものなにわ自転車道、空はぱっとしないけどまあまあ気持ちがいい。

Dsc00385

少し走ってベンチで朝食。北摂には美味しいパン屋さんがたくさんあるので、休日の朝はのんびりパン屋さん巡りをするのもいいかもしれない。

Dsc00388

丁度焼き上がりですよとお勧め頂いたパン。パンの事ははあまりよくわからないので言われるままに貰ったが、モチモチしてて美味し〜い。

Dsc00390

こちらのパンもアーモンドがたっぷり入ってて、美味しい美味しい。これからあまり自転車に気乗りしない時には無理しないで、普段着でのんびりと北摂のパン屋さん巡りを楽しむ事にしようかな。

Dsc00392

お腹もいっぱいになったので、もう少し走って行こうと思ったら雨がポツポツ降って来たのであっさりと引き返した。家に近づくとまたまた日差しが出て来たが別にええねん。のんびりとした朝の時間を美味しいパンと自転車で楽しめたので、コレもアリかなと思った休日の朝だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月10日 (日)

1人お祝い。

この日はよく晴れて20°位の気温になると天気予報が言っていたので、自転車に乗るかお山に登るかかなり悩んだ末にお山まで。前日の予定では昼食は“カレーおでん鍋”に〆はうどんでいこうと思っていたが、多分暑くて熱燗飲む雰囲気でもないし、氷を担いで冷やしたビールを持って行くのも、まだお腹の調子がよくないし、、。少し考えて今回はワインにパスタにする事に決定。ただ、当日思いついたので芦屋川駅までの道中にある、コンビニ3軒ほどで食料を調達しなければならない。朝早くに目が覚めたせいもあって準備をすませて早めに出発。まずは阪急十三駅構内のコンビニで、スパ王のパスタは無かったがワインハーフボトルとチーズ&サラミを購入。その後神戸線に乗り換えて夙川の駅のスーパー“成城石井”を覗いてみるが、お目当てのカップメンのスパ王は見当たらないし、おまけに置いてある商品どれも高い高い。仕方ないので最後に芦屋川のコンビニを覗いたが、やっぱりスパ王は見当たらなくてサンドイッチとビールを購入。

Dsc00350

天気がいいのは分かっていたので久しぶりにかなりな人出。

Dsc00353

最近お気に入りの北の尾根ルートで上って行くが、体重増えたのと体調がまだ万全でないからかしんどい、しんどい。

Dsc00363

途中の石のベンチに腰掛けて休憩。思わずビールを飲もうかと思ったが、飲んじゃうとその後歩けなくなりそうなので我慢、我慢。

Dsc00375

荒地山山頂は素通りして、黒岩へ向かうとすぐ後ろから2人連れが付いて来た。それも速いスピードで後ろについて来る。鬱陶しいのでこちらも急いで誰もいなかった黒岩へ上がると、岩の下で止まって悩んでいたのはおばさん2人。頑張って上って来られたが「ここは黒岩ですか?」と聞かれて返事をすると、2人で昼食を始められたので、こっちは落ち着いて用意をして写真を撮る事が出来なかった。おばさん達が行くまではビールを飲んで時間潰しをして、おばさん達が降りて行ったら直ぐに宴会の準備に取りかかるが、今度は若い2人組がやって来た。もう、そんなの気にしていたらキリがないので宴会開始。

Dsc00372

若い2人は後ろの岩の上で昼寝を始めたので、こっちも気を使わずに飲む事が出来たし。

Dsc00371

お空はちょっとガスっていたので下界は綺麗に見えなかったが、暖かい日差しとやさしい風が気持ちいいし、チーズで頂くワインも美味しい。これからの季節はワインがいいかもしれないな。フランスパンがなかったのとパスタが食べられなかったのはちょっと残念だったけど。その後は後から来られたおっちゃんとお話をしたりで、結局黒岩の上で3時間程ボーっとして、暖かい春の日差しの中で1人誕生祝いをのんびり楽しむ事が出来てよかったな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年3月 9日 (土)

バイクのアルバム。

以前のブログにはあったカテゴリー「バイク」。一昨年前にバイクを手放したので、このブログではカテゴリーから消えてしまっていた。自転車に乗り出す前まではバイクには一生乗るつもりでいたし、今の所最後のバイクになったパリダカちゃんにはかなり思い入れもあった。

高校はバイク3ナイだったので免許を取る事も出来なかったが、中2の頃からバイクが好きで仲間内でバイク雑誌を回し読みしたり、ノートに好きなバイクの絵を書いたりしていた。高校の最後の冬休みに教習所へ行って免許を取ろうとしたが、大阪に出る数日前の学科試験で落ちてしまう。まぁ、大阪に出てから受けたらいいやと思っていたが、大阪へ出てからは結構やらないといけない事はあるしバイトは忙しいしで、バイクの事などすっかり忘れてしまって結局教習卒業後の期限が切れてしまった。デザイン学校も卒業して就職して数年経って、仲の良かった学校のツレがひょっこりとバイクに乗ってアパートへ遊びに来た。その時のバイクが“XL250Rパリダカ”で何とも衝撃的だった。で、負けられないと火がついて免許を取って念願のバイクを買う事に。

Vt250f_2

さすがに車検のある400ccは無理だったので、2ストのRZ250にしようか4ストのVT250にしようかと迷っていたところに、VT250Fがマイナーチェンジするとの事でこちらに決定。大柄なカウル周りが斬新なのもポイントの一つだった。このバイクとツレのパリダカで色々な所へツーリングに行った。カミさんとも付き合い出した頃で2ケツでもよく走ったし。

Srx400

結構気に入っていたVTだったが、SRXの登場は衝撃的だった。余計なものを排除したシンプルなGKデザインの美しさと、SRには及ばないがシングルエンジンのドコドコ感と造形美。ホントはSRX600が欲しかったのだが、当時の限定解除はそれはもう難しいものだったので、あっさり諦めてSRX400を購入。この頃にはカミさんと結婚話が出ていて2人で貯金をしていたのだが、このバイクを見たカミさんはコレは仕方ないなと許してくれた。自分はシルバーにしたが、ツレもパリダカを手放して同じSRXのブルーを購入。おなじバイク2台で連休になると彼女(自分は現カミさん)を乗せて4人でよく温泉などに泊まりがけでツーリングに行ったものだった。

Dt200r

結婚してからもデザイン関係のツーリングクラブやカメラマン関係のクラブ、それに事務所のご近所さんのツーリングクラブと3チームに在籍してバイクを楽しんでいたが、デザイン関係のクラブはどちらかと言うとオフロードが中心で河原でオフロード車でモトクロスごっこを楽しんだり、郊外のオフロードコースに走りに行ったりですっかりオフロードバイクが欲しくなりDT200Rを中古で追加購入。モトクロッサーも欲しかったが、トランスポーターも置く所も無かったのでDTにしたが、これが走り易くて気軽に河原で遊ぶには最適のバイクだった。

Tw200

休日は河原にタープを張ってテーブルを出して、仲間が集まって1日中遊ぶ様になるとせっかくだからカミさんもどう?ってことになって免許を取って、当時唯一セルの付いてたオフロードバイクTW200を購入。このクラブには女子も数人いたのでそれなりにカミさんも楽しんではいたのだが、公道は怖くて走れないと長続きはしなかった。

Kdx200sr_1989

DT200RからKDX200SRにバージョンアップ。このバイクでエンデューロレースなどに参戦する様になっていた。この時点で団地の駐輪場の脇に、SRXとKDXとTWを申し訳無さそうにシートカバーを掛けて置いていた。

1000

結婚してからも数年仕事を続けていたカミさんのデザイン事務所の上司がバイク乗りで、奥さんを後ろに乗せて一緒にツーリングにも行った。その上司の人は最初ヤマハビラーゴ400に乗っていらしたが、その後モトグッツィのルマンIIIに乗り換えられる。そこでルマンの存在を知って、またちょこっと乗せてもらったりしてこのバイクにイチコロ。練習に練習を重ねて限定解除1発合格して、KDXを処分してルマンIVを手に入れた。この頃はもうモトクロスごっこを卒業して、大人のバイク乗り的な感じでモトグッツィ2台と先輩カメラマンのBMW R100RSの3人でツーリングを楽しんだ。大事にしていたSRX400は一生置いておきたかったが、実家の弟が大学に行き出して免許を取ったので弟に譲ってやった。当時実家は父親の転勤で広島に住んでいたので、こっちで乗らずに置いとくよりも実家の方が安心だと言う魂胆もあって。しかし、弟が卒業後ほったらかしのSRXは父親に処分されてしまったが(泣

Bmw_r100

ルマン1000はツーリング用でカミさんのTWを通勤用に乗っていたが、当時自分のバイクの最終目標はデュアルパーパスのBMW R100GSだった。ルマンもクセはあるものの良いバイクで楽しかったが、ある時雑誌の中古欄にBMW R80GSと言う日本では珍しい800ccのGSが姫路のショップから出ていて、悩んだ末にルマンとTWを処分して購入(写真はR100GS)。しかし、このバイクが外車の大ハズレでメンテナンスが悪かったのか何なのか、姫路で引き取って帰る途中エンジン片肺になるは、タンクからガソリン漏れるはあちこちに異常が出てもうエライ事に。その都度姫路まで行く訳にもいかず、車検証にハンコが押してあった神戸のディーラーへ持ち込んだが、古株のメカニックが辞められた後で若いメカニックが現行のバイクの事しか分からなくて役に立たない。そうこうしている時に高槻に新しいBMWのディーラーが出来て、相談してそちらで面倒を見てもらう事になった。

Bmwr100gspd

そこでも結構お金をかけたR80GSだったが、結局中古で買ったが新車が十分買える程つぎ込んでいた。次から次へと問題が出てくるR80GSにウンザリしている所に、R100GS パリダカが新古車状態でお店に入ってきて、店長から勧められて何にも言わなくても自動的にオーナーになっていた。1991年式のR100GSパリダカ、一生乗って行こうと思っていたバイクで、15年過ぎた2006年に全バラししてワイヤー類や錆びたボルトにスポーク、マフラーやエキパイから消耗部品の交換、エンジンの調整など出来る事は全てやった。お見積もりを出してもらったら桁が1桁違っていたが、ディーラーの店長とはすっかり親しくして頂いていたので、工賃など内緒で大幅に値引きして頂いて半額くらいで済ませて頂いた。次は5年後の2011年に全塗装とエンジンのレストアを考えていたのだが、2007年くらいからマウンテンバイクに乗り始めたのだった。

その後、大阪市内ではオートバイの路上駐車が出来なくなった事もあって、20数年間続いたバイク通勤から自転車通勤が始まり、折り畳み自転車を買ったり小径ロードを買ったりして自転車にハマってしまい、とうとうロードバイクにまで乗り出す事になった。そして車検を通しても、年に数回しかパリダカちゃんに乗る機会が無くなってきて、とうとう最後はイタリア娘のTONICAさんへと姿を変えていくパリダカちゃんなのでした、、、。

今となっては歳をとってからでは多分乗れなかっただろう重いモトグッツィにも乗れたし、憧れだったBMW R100GSにも乗る事が出来た。長かったバイク人生がこれで終わった訳では無いし、いつかまたバイクに乗る事になるかもしれない。これからもバイクは大好きだし、もちろん自転車も。今日また一つ歳を取ってしまったが、これからもやりたい事を楽しみながら後で後悔しない人生になる様に生きて行けたらと思う。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年3月 8日 (金)

調子悪いの。

先日の今池反省会の時に、すっかり復調したと思っていた腹痛。この日朝からまた少し痛くなってきた。何だか動くと痛くなる感じで、事務所についてからのデスクワークでは何ともなかった。お昼はあまり食欲もなかったけど、温かいキツネうどんを何とか食べられたのだが1時間もしないうちに戻してしまった。

Dsc00348

帰り道も何とな〜く調子は良くないなと思いながらも、真っ直ぐ帰ることができなくて胃のアルコール洗浄にサロンまで。せっかく赤星があるのだから素通りはできない、 恐る恐るチビチビと飲むと何とか大丈夫みたい。それでもアテを頂く気にはなれなかった。隣で飲んでいらした、最近よく息子さんと2人で来られる同世代のおっちゃんも、前日に自分と同じ様な症状で酒を抜いたらしく、 同じ様に慎重に飲んでいらしたが、、、。うーん、やっぱり調子が良くないので赤星だけでお勘定370円。家に帰っても食欲は無かったので風呂に入ってボーっとTVを見て寝た。今日は大丈夫かな、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月 7日 (木)

反省会。

勝手な名の下に、ただただ集まって飲みたいだけのおっさん達集結。どうせならとあまり皆さんに縁のない場所の立ち呑みをご提案。

Dsc00346

人数が6〜7人と立ち呑みに行くには少し大人数なので、お店に迷惑がかからない様に気を使いながらも、こちらのお店なら大丈夫かと現地集合で。ちょうど駅前でメンバーのおじきとばったり会えたので一緒に入店。カウンター入口が空いていたので場所をキープ。少しして1人また1人とメンバーが集まってきた。

基本は前回の信楽サイクリングの反省会と次回のグルメ輪行サイクリングの打ち合わせだったが、別に前回の反省点もコレと言ってないし、強いて言えばよそ見をしていて2m下の田んぼに落ちた自分くらいかな。次回のグルメ輪行サイクリングは美味しいものを食べつつもしっかりと走りたい2人と、ただただ美味しいもの食べて呑みたいだけの2人のおっちゃんとで意見が割れた(笑

Dsc00347

わざわざサイクリングに行ってまで呑まなくても、こうして普通にいつでも呑めるんだからどーでもいいのだけど、せっかくだから知らない土地でみんなで呑むのも悪くないかなと言う事で。で、結局意見はまとまらなかったけど、どこでも付いて行きますよ、自転車遅いけど。

72397_414433538647960_1155573130_n
(みっちょむくんから無断拝借)

せっかくなのでもう少しデープなゾーンへハシゴ。いつもお客さんでいっぱいのこちらのお店の隣に、こんな素敵なスペースがあったなんて知らなかった。6人と大所帯での移動だったけどゆったりと呑めて大正解。奥のスペースではこの日はジャズのライブをやっていて、漏れて来る音を聞きながらまったりと。いつ来てもこの辺りの立ち呑みは居心地がいい。そして自転車友達と一緒の時間もサイコーだ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年3月 6日 (水)

酒抜いた。

朝からお腹が痛かったが、お昼には食欲は無いものの昼食も無事食べられた。その後午後4時頃になってからどうも調子が良くないので、早退しようかとも思ったが事務所のマシン1台が不調で立ち上がらなくて修理を頼んでいた。この1台の中にこの日中に作業したいバックアップの取れていない案件が3件入っていたので、仕方なく修理を待つ。予定より1時間遅れて修理に来てもらったが、やはりビデオカードが電源ユニットが怪しいらしい。電源ユニットは数ヶ月前に入れ替えたばかりなので、そんな事はあるのかと交渉したら初期不良扱いでタダで交換してくれた。結局作業が終わったのは7時過ぎ、もう仕事をやる気力も無くなったのでクライアントに事情のメールを入れて帰る事に。

この帰り道に腹痛が周期的に来て脂汗が出てくる。周期が段々近くなってあまりの痛さに救急病院に寄ろうかと思った程だったが、家に近づくと痛みも納まってきたのでそのまま帰って、すぐにシャワーを浴びてビールも飲まずに9時には床に入った。それからキッチリ2時間おきに腹痛のためトイレに行って、明け方には何とか納まった次第。こんな事じゃないとお酒を抜く事は出来ないけど、やっぱり健康が一番だなとしみじみと感じた1日だった、、、。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年3月 5日 (火)

赤星のある風景。

Dsc00340

う〜ん、ええ感じや。やっぱり旨い。しかし、横でバイトのおっちゃんが青い顔して調子悪そうに飲んでいるのだが、どうも数日前からお腹を下しているらしくて、その話を事細かく説明されるのでたまらない。おっちゃんに酒が不味くなるからその話やめてくれと厳しく指導。

Dsc00344

その話はやめてもっらたのだが、帰り道が心配だから一緒に帰ると。あのね、何か起こっても私は絶対の絶対に対処出来ませんからね!

Dsc00345

何事も起こらないで無事家に帰る事が出来た。起こったら困るのだけど。またまたおっちゃんにお土産頂いたが、先日のひなまつりのケーキを一人で食べきったカミさんに、私を太らせるつもりかと言われてしまった。あのね、じゅーぶん太、、、、、。

あのー、朝からずーっとお腹が痛いんですけどけど、おっちゃん自分にもお土産くれたん?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月 4日 (月)

サッポロ赤星!!

毎度毎度、瓶ビールについてサロンで赤星赤星と話していたら、大将からお店に赤星を入れて頂ける事になった。

Dsc00326

ジャジャーン!サロンで赤星が飲めるなんて、コレ最高な事ですやん!!

Dsc00330

とりあえず、こちらのお店の冷蔵庫の中の1列を使用させて頂く事になった赤星。何でも偽名の井上さんが結構飲んだらしくて、後2本でこの日は終了。

Dsc00334

うーん、やっぱりサッポロラガー旨い。岸辺のサロン宮谷酒店、サッポロ赤星置いていますのでお好きな方は是非お越し下さいね!

Dsc00337

バイトのおっちゃんが常連の府庁さんのお孫さん用に持って来られた、“ひな祭り”用の余ったケーキ。結局府庁さんはこの日来られなかったのでウチのカミさんにと頂いたが、そんな話は内緒でバイトのおっちゃんからカミさんにプレゼントだよと渡したら無茶苦茶喜んでいた。

Dsc00336_2

ウチは息子達の男所帯だから、全然縁のなかった女の子のキャラクターのケーキ。

Dsc00335

センターのハートのモノはコンパクトになっていて、娘が居たらさぞかしうれしいのだろうな、、、。ケーキはカミさんが美味しいと食べていたが、おっちゃんは全然興味はなくて、やっぱり赤星がうれしかったな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年3月 3日 (日)

TWEED RUN OSAKA 2013。

Dsc00257

今年もやって来た恒例の“TWEED RUN OSAK”に行って来た。

Dsc00256

リーダーのHossyくんから走行時の注意点などのご挨拶。今回も100人程の参加者で街中をサイクリング。

Dsc00261

グループをA、B、Cと3班に分かれてスタート。

Dsc00263

自分達はHossyくんのBグループ。とにかくユルユルで走る。

Dsc00264

イベントのひとつ、まずは九条にある川口教会を見学。

Dsc00266

こちらの教会は初めてだったが、教会のお方達はとてもアットホームな感じで、珍しそうにみんなの写真をiPhoneで撮影されていた。

Dsc00267

2,000万円するというステンドグラスが美しい。

Dsc00278

またまた次の集合場所の弁天ふ頭まで、川沿いの道が気持ちいい。

Dsc00280

こちらでは暖かいコロッケのおやつの支給と記念撮影。ただ、海の横で吹きさらし状態で寒い寒い。

Dsc00286

中央卸売市場の横を通過して、次の休憩ポイントまで。

Dsc00288

走るより休憩の方が長いという感じ(笑

Dsc00292

土佐堀にある大阪教会も見学。こちらは事務所の近所なので前はよく通るのだけど、中に入るのは初めて。

Dsc00293

リーダーのHossyくんが大好きだと言う、土曜日で静かな淀屋橋のビジネス街を走り抜ける。

Dsc00298

中之島中央公会堂後ろの大阪図書館前で記念撮影。

Dsc00299

59711_4508927723203_1527012897_n_2
(motojiアニキより無断拝借)

前に回って公会堂前でもササっと撮影。

Dsc00302_3

その後、御堂筋パレード。

72362_480996948616893_1989642036__4
(Hossyくんより無断拝借)

Dsc00305_2

そして、難波宮跡公園にてティータイム。

Dsc00309

ご自慢のカップ&ソーサーで紅茶を頂く。ツィードランはここで一旦終了になるのだが、アフターパーティの時間まで1時間半くらい時間があるので、おっさん3人で熱燗を求めて街に出る。しかし土曜日なのと時間が早いので飲める所が見つからない。最悪コンビニで酒を買ってチンして店先で飲もうかとも話していたが、外は寒いので時間は早いけど会場に向かったら、すぐ近くに街角食堂を発見。店先のショーウインドウに瓶ビールや徳利が並んでいたので、直ぐさまおっさん達は吸い込まれた。

Dsc00311

やっとありついた熱燗、もちろんマイカップで。座るとちょっと根が生えそうになるのだが、、、。

Dsc00313

そして会場に向かうとすでにパーティは始まっていたが、入り口で立っていると目の前にFOODが並んでくるので取り放題。なのでビールも進む進む。

Dsc00316

ドレッサー賞では、GrassFactory賞でおしゃれな眼鏡をゲットした和尚さん。

Dsc00321

美しいアンティ−クバイクとお洒落なスタイルのFrank*さんはRapha賞のメモ帳をゲット。そして最後の抽選会のプレゼントでは一歩アニキがお洒落なバックを見事に当てて、今回も仲間内からの景品ゲット率は高かった。

Dsc00338

ホントに最後まで楽しかった“TWEED RUN OSAKA”。準備や実行委員の方、リーダーのHossyくんありがとうございました。参加の皆さん、また来年もよろしくお願いします。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年3月 2日 (土)

またまた、京都だよ。

Dsc00208

先週に引き続き、またまた京都市立美術館まで。自分は事務所で昼食を済ませてから仕事を早引けして向かったが、カミさんは懲りずに例のうどん屋に45分程並んだらしい。

Dsc00212

今度は次男の高校の卒業制作展。もっとも息子はまだ1年生で先輩達の作品なのだけど、どんなレベルか興味があったので。

Dsc00214

息子が目指している造形表現コースは思っていた感じと少し違っていてちょっと残念だったけど、絵画表現コースの作品はかなりレベルが高くてビックリ。高校生の作品とは思えない物も数点あった。

Dsc00216

ささっと観覧後、美術館を出ると外は天気予報通りの大雨で慌ててバスに乗って京都駅まで。帰りはちょっと寄ってみたいお店があったので事前に予約済みだが、ただちょっと時間が早かったのでいつもの駅前の立ち飲みで時間調整。

Dsc00218

そして、いい時間になったので雨の中を向かうのはこちら。

Dsc00242

前回来た時に一杯で入れなかったお店。

Dsc00223

この日は1番乗りで開店の18時きっかりに入店。聞くと予約は18時に来られるお客さんしかしていないらしい。

Dsc00225

ビールはたらふく飲んで来たので白ワインをハーフボトルで頂く。そして一緒に出てきた付け出しの旨さにすこぶる感動。ホタルイカの浸けたんの絶妙なお味、ポテトサラダは今まで食べた事のないお味やし、もーうれしくなって直ぐに日本酒をお願いする。カミさんは特製タパスを注文。

Dsc00236

こちら一押しの日本酒、神亀酒造は35才以上限定。

Dsc00230

神亀生利酒セット。左から“ひやおろし”“活ビンテージ2002”“上槽中汲”どれも素晴らしい埼玉県の酒蔵のお酒。中でも2002年のビンテージもののお酒は初めて飲んだが、よく寝かされた感じのまったりとしたお味が大変美味しかった。

Dsc00233

メキシカンな焼き鳥、これがまた旨〜い。

Dsc00234

カミさんはアボガドの何とかとおつまみパルメジャン。このパルメジャンチーズが最高に美味しい!

Dsc00238

生じゃない神亀利酒セットを追加。今度は右から“ひこ孫”“神亀辛口”と先の生利酒の“上槽中汲”同じ神亀でも味の違いはしっかりとわかる。その利酒の中でも“ひこ孫”が一番美味しかったのは、お店の大将と意見も一致。

Dsc00243_2

ここで、感動したお通しをもう一度お願いする。

Dsc00244

最後に気になった芋焼酎なのににごり酒の“縁えにし”を頂く。焼酎のにごりと言うのは初めてだったが、日本酒のにごりに共通する美味しさでお店の大将のお酒選びのセンスの良さを堪能する事ができた。

Dsc00245

そして、ついでなのでお勘定を済ませてからすぐ隣にある2号店までハシゴ。

Dsc00248

こちらはワイン中心のお店なので、グラスワインの赤をフルボディで注文。

Dsc00251

カミさんはシャンパンをちびちびと。

Dsc00249_2

こちらの付け出しも凄いボリュームでアテは追加しなくてもいいくらい。美味しかったパルメジャンチーズも付いてるし。

Dsc00252

おっちゃんは、もういい気分でもっと重い赤ワインを追加。

Dsc00254

その後アテを追加した模様、、。この2軒ホント予想以上に素晴らしく美味しくて、これからも京都に来る機会があれば是非とも予約をして行きたいと思う、おかげ様で大満足の京都の夜となった。でも帰りはやっぱり飲み過ぎてちょっと危なかったらしいけど、、、。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年3月 1日 (金)

飛田、百番。

Dsc00170

お店の存在は随分昔から知っていたし、行ってみたいと思っていたけど中々行く機会がなかった。ここの所グループで居酒屋に行くのは忘年会か新年会くらいやし、しかし海外からのお客さんをご案内するには、周りの情緒溢れる雰囲気もあるのである意味いいのかも。この日は会社のスタッフ君達との飲み会で思い切って予約をしたのだ。

Dsc00173

中居さんの話によると1970年頃に百番として営業する様になったらしい。それまでは普通に遊郭として入口のこちらに遊女さん達が座っていたのだろうな。

Dsc00174

中庭もそれはそれは雰囲気のある物。案内されたお部屋は結構広かったけど、何だか民宿の部屋みたいな感じでちょっとしょぼかったが。

Dsc00176

百番という事でお安い鍋料理もあったのだが、鍋は家でも出来るのでお店のお任せ料理のコースをお願いしていた。

Dsc00177

前菜も結構なボリュームで最初に瓶ビールを注文していたが、次にどうするか悩んでしまう。

Dsc00180

窓を開けてみたら中庭が見えて中々いい感じ。宮崎アニメの千と千尋の世界やな。

Dsc00184

おまかせコースのメインの肉料理、お肉はやわらくてホントに美味しかった。この時点で我慢出来ずに熱燗2本いってます。

Dsc00186

Dsc00187

事前調査で見ていたままの使用出来ないトイレ。

Dsc00188

Dsc00190

Dsc00194_2

トイレに行って店内をウロウロしてたら、自分の座敷がわからなくなる情けないおっさん。

Dsc00195_2

無事部屋に帰ったら、〆の茶蕎麦が用意してあった。茶蕎麦って普通の蕎麦屋ではあまり見ないよねと言いながら美味しく頂く。

Dsc00196_2

Dsc00200

Dsc00202_2

お腹もいっぱいになったし、いい時間になったのでお勘定。昔は敷居の高い遊郭だったのだろうけど、今では百番やし言うても居酒屋さん価格でお安く頂く事が出来た。

Dsc00204_2

この辺りでは写真を撮っていい所と、いけない所があるからねとスタッフ君達に行く前に言っていたのだが、帰りに誰もいないなと写真を撮ったら横から出てきたおばはんにしっかりと怒られたし。

Dsc00205_3

せっかくなので難波屋や足立酒店前を通ってみたが、もう終わっていたのでズドーンと千中まで。でも真っ直ぐ帰るのはやっぱりちょっと寂しかったのでこちらを覗く。

Dsc00206

店内では右も左も肉そばを食べられていたが、強い意志で肉そば食べるのは止めておいた。でも角ハイボールは3杯飲んだけどね、、、。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »