« 瀬戸内の島へ。 | トップページ | 直島。 »

2013年5月 5日 (日)

犬島。

朝5時過ぎに起きて準備をして、予定通り6時に出発。中国道は既に渋滞が始まっていたが前日程ヒドくはなさそうで、宝塚トンネルを越えるとスムーズに走る事が出来た。途中SAのコンビニで朝ご飯を買って食べながら、目的地の岡山県「宝伝港」に予定より少し早く9時過ぎに到着。それでも港の駐車場の空きは3台程でちょっとビビったけど。

Dsc01125

時間があるのでのんびり港に行くと、すでにフェリーは着いていたが次の出航は11時。前に2組の方が待っていらしたが、その中の方が船長に何人揃えば運行してもらえるか交渉していらして、10人揃えば1人400円で割り勘で行けると。それ以上人数が増えても1人400円で、ようは4,000円で運行してくれるらしい。後から来た人にも声をかけて、結局定員80人のところを15人で9時半前に運行して頂いた。

Dsc01128

随分前から行きたかった瀬戸内の島だが、中々時間をとる事が出来なくて行けなかった場所。昨年下の息子が高校生になってクラブ活動がなくなったので、2人で自転車輪行で行こうと話していたが結局は行かず終いだったのだ。

Dsc01129_2

あっという間に犬島に着いてチケットセンターに向かうと、スタッフの方が出て来られて通常10時オープンを早めて頂いて、直ぐに中に入る事が出来た。ホントに何から何まで順調でスムーズ。

Dsc01131

時間が早い事もあってお客さんはまだ少なくて、写真も人を避けて撮る必要も無い程。

Dsc01134

何処を見ても雰囲気のある所だらけなのだが、まずは犬島製錬所美術館の建築を楽しむ、受付から作品までの長い回廊の演出がとても面白かった。アートワークを楽しんだ後は、いよいよ近代化産業遺産の犬島製錬所の探索。

Dsc01136_2

とても素晴らしいのだが、、、

Dsc01141_2

このカメラでは表現出来ないというか、、、

Dsc01143_2

レンズの問題というか、、、

Dsc01145

結局の所、自分の腕が悪いだけの話で残念ながら写真では全然スケール感が出ていない。

Dsc01152_2

その後、のんびりと犬島「家プロジェクト」を楽しみながらブラブラと。

Dsc01151_2

4月27日から5月5日までGW中に開催されている、過去10年続いているという「犬島時間」も見学。

Dsc01156

右は昔の犬島の村民の数6000人を洗濯バサミ6000本で表現。左奥にあるのは現在の人口54人を表した54本の洗濯バサミ。コレだけ昔は栄えていたという事。その他色々なアーチスト達の作品を見る事が出来た。

Dsc01157

お昼ご飯はチケットセンター近くの「在本商店」さんの庭先の石のテーブルで。自分とカミさんは犬島丼なるもの。ゲタというシタビラメのそぼろと、ゴボウとニンジンと、甘めの出汁をかけた汁ご飯。

Dsc01158

コレにわさびをつけて食べるともう旨い事旨い事。ちょっと見た目で期待していなかったので大満足。長男は焼きうどん大盛り、次男は冷やしうどん大盛りで共にうどんは2玉だったがペロリと平らげていた。少しばかりチケットセンターの芝生で海を見ながらのんびりしていたら、丁度フェリーが着いたので島を出る。その後、朝早くから行動して時間に余裕が出来たので倉敷まで行ってみる事に。

Dsc01163_2

多分初めて行ったと思う倉敷、川沿いの街並は観光客で凄い人、車も渋滞していたがたまたま止まっていた時に、横のコインパーキングから車が1台出て来て川のすぐ横に駐車する事が出来てラッキー。

Dsc01165_2

ちょこっと覗いた大原美術館の庭に、長田の鉄人の様なこんなモニュメントも立っていた。一つ路地に入ると昔ながらの街並に個性溢れるショップがずらり。観光客の数も半端じゃなかったが、偶然一つのショップの中で、昔働いていたデザイン事務所の後輩とばったり。現在の事務所は比較的近所だというのに10数年ぶりの出会いで本当にビックリした。

Dsc01171

後は旅館に入って温泉を堪能してからお楽しみの夕御飯。生ビールをしこたま飲んで、倉敷の地酒も頂いて結構いい感じに。

Dsc01174

隣の大宴会場でやっていた演劇もちょこっと見せてもらって、昭和の雰囲気も楽しませて頂いた。結構充実した1日で満足満足!

|

« 瀬戸内の島へ。 | トップページ | 直島。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

先輩、refreshしてきましたね。
そんな事より、犬島時間の写真の中の少年、こわい・・・

投稿: 後輩 | 2013年5月 7日 (火) 17時01分

● 後輩さん、こんにちは。
あの少年は人形です。
玄関から入ると柱から覗いているようで、目が合ってビビリました。
奥にたっている少女は窓の外を見ていますが、
こちらの方が凄くリアルでこわかったです(笑

投稿: uechicchi | 2013年5月 7日 (火) 17時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1814730/51506460

この記事へのトラックバック一覧です: 犬島。:

« 瀬戸内の島へ。 | トップページ | 直島。 »