« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

タッチパネル。

土曜日は天気が良かったが、午前中にちょっと用事があったので遊びに行けず。仕方ないのでカミさんと昼メシがてら茨木のイオンに買い物に行く。

Dsc02008

カミさんの希望でくるくる寿司に入ったのだが、最近の回転寿司はタッチパネルで注文するのか。注文押しても反応が悪かったり、押し方が悪いのか注文が通っていなかったりで、便利がいいのかどうなのかよくわからない。

Dsc02010

昼飯もすませて、ちょっと買い物もして家に帰ってから一人いつものサロンまで。

Dsc02015

やっぱアナログが一番だぜ!ちょっと飲み過ぎていますけど、、、。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年6月29日 (土)

ピーター・クリス。

週末は十三のサロンまで。金曜日なので混んでいるだろうと思っていたら以外と空いていた。

Dsc01994

大将とお話ししながら吞んでいたら、隣のおっちゃんが話しかけて来られたのでご一緒に。おっちゃん今年で67歳だそうで、元KISSのピーター・クリスと同じ歳やん。すっかり歳をとって動くのがしんどいと話されていたが、ピーター・クリスもそうなんだろうか。段々こちらのお店でも顔見知りの方が増えてきてうれしいな、またご一緒しましょうねと話をしてお別れをした。

Dsc02003

家に帰って新聞の番組欄を見ていたら、八ヶ岳の赤岳の山登りの番組があったので思わず食い入る。しょうむないお笑い芸人が登るのがイマイチだったが、この山もホントすばらしいな。結構なガレ場や鎖もあったが、大きなザックにザイルを担いだガイドのおじいちゃんが何ともカッコ良かった。たぶん、ピーター・クリスと同じ歳くらい←そればっか。

Layout_01

ああ、ピーター・クリス、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月28日 (金)

角打ちの日。

神戸角打ち学会から「角打ちの日」のポスターが完成したとメールが届いたので、早速プリントしていつものサロンへ持っていこうと思っていたら、後輩ちゃん(“さん”づけするのは他人行儀やし、“君”だと上から目線なので“ちゃん”に決定)から今晩サロンへ連れてってとメールが入ったので阪急正雀駅で待ち合わせをしてサロンまで。

Dsc01986

まずは赤星で乾杯。赤星2本並んでいるビジュアルは中々よろしいですね。少し早めにお店に入ったのだが、珍しくバイトのおっちゃんも忙しそうにしていらした。お店の大将も配達のために出たり入ったり。まぁ、後輩ちゃんとゆっくり話は出来て良かったけど。

Dsc01992

大将も配達が終わって少し落ち着いたみたいだったので、事情を説明してポスターを目立つところに張っていただく事に。

Dsc01988

その後、店が落ち着いたのでバイトのおっちゃんもカウンターに出て来て3人で乾杯。バイトのおっちゃんは元々神戸のお方なので、家が神戸方面の後輩ちゃんとも話が盛り上がっていた。

Dsc01990

すっかり話し込んで時間も遅くなったので後輩ちゃんは9時過ぎに帰られたのだが、こちらの2人は止まらなくなっておっちゃんと日本酒をお代わり。やっぱりいつもの様に飲み過ぎてしまったが楽しかったからまぁいいか。ポスターもちゃんと張ってもらえたし、後輩ちゃんにもサロンを気に入っていただけたみたいなので良かったな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月27日 (木)

KISS。

最近ラジオでガンガン流れている「KISS」の日本公演、UDOから先行予約のメールが来ていたけどそのまま放ったらかし、先行予約は明日までだけど多分もう行かないだろうな。昔の映像をYouTubeでお酒飲みながらゆっくり楽しめる時代になったし。

Monster_japan

メンバーはジーン・シモンズ(63・ベース)にポール・スタンレー(61・ギター)、トミー・セイヤー(52・ギター)、エリック・シンガー(55・ドラムス)の4人だと。皆さんいいお年になられましたよねホント。前回大阪城ホールに見に行った時は確かエース・フレーリー(62・ギター)はまだいて、オリジナルメンバーでは唯一ピーター・クリス(67・ドラムス)だけがいなかった。動いているジーン・シモンズやポール・スタンレーに感動したのを覚えている。

Kiss

同世代のいい歳をしたおっさん達が昔に戻って盛り上がるのだろうな、でもやっぱり全盛期のオリジナルメンバーの時のライブに行きたかった、、、。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年6月26日 (水)

千ベロ。

天気予報が言う通り本日は結構な雨。事務所に着くまでにスニーカーは雨でビシャビシャ、靴下はグッショリでホンマかなわんな、、、。

Dsc01976

昨日は結構仕事がバタバタしたのだが、いつもの時間になると集中力が切れてしまったので、さっさと片付けていつものサロンまで。ちゃんとメモしていたお陰でとろろ昆布も忘れないで持っていけたし。お店はちょっと騒がしくて少し落ち着かなかったが仕方が無いか。ビール大瓶にじゃこ天、芋焼酎2杯に冷奴で丁度1,000円。この呑み方が丁度いいんだよな、まーそんなところ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月25日 (火)

りんご村。

事務所の近所の福島にあるお店、当時流行っていたビルの中に作った屋台村。梅田の方にあった屋台村と違って規模は小さく、狭いカウンターだけの店が5〜6店舗だったかな。その中の一角に沖縄のおばちゃんがやっているお店があった。夜も遅くまで開いていたので12時過ぎてから飲み行く事が多かった。そこで初めて食べた“そうめんチャンプル”に感動したのを覚えている。随分通っておばちゃんとも顔見知りになったし、カミさんも連れて行ったな。結構このお店はファンが多かったので、屋台村が荒びれて1軒また1軒と店が無くなって結局おばちゃんの店だけになって、この屋台村全部がおばちゃんのお店となった。途中から息子さんと2人体制でやられていたが、他の沖縄料理のお店で美味しいチャンプルを食べてから、こちらのチャンプルがあまりに塩辛く感じていつしか全然行かなくなっていた。

Dsc01974

近くにはロイヤルホテルや阪神ホテルがあるので外国人のお客さんも多かったし、おばちゃんだけの店になってからはテーブル席も作られたのでグループ客も多かった。安いお店だったので一時は繁盛しているみたいだったけど、確かに最近は外から覗いてもあまりお客さんは入っていなかったな。今月になってシャッターが閉まっていたのは知っていたが、昨日立ち止まって店の前の張り紙を読んだら、今月10日に閉店されていたみたい。20年余この地で営業されていたんだね、閉められる前に最後に行っておきたかったと少し後悔が残る。別の場所に移転されるようだが、おばちゃんはまだ元気にされているのだろうか。自分も事務所を開いて20年になるけど、いつまで続けていけるのだろうかと、ちょっと心配になった、、、。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年6月24日 (月)

「GRAND FRONT OSAKA」

日曜日は朝からお山へ行くからねとカミさんに話していたが、朝目が覚めてからどうもお山へ行く気乗りがしない。窓の外の天気が曇り模様だったからかもしれないし、窓から入ってくる風が心地よくてこのまま家でボーっとするのも良いかなと思ったり。カミさんも起きて来て山へは行かないのかと聞くもんだから、どこかの街をブラブラのんびり歩かないかと誘ったら「GRAND FRONT OSAKA」へ行ってみたいと。何も日曜日の一番混雑している時にわざわざ行かなくてもいいじゃないかと思ったが、そろそろ1度どんなところか見てみたい気持ちもあったので行く事に。

Dsc01953

梅田に着いたのが丁度お昼過ぎでお昼をどうしようかと悩んだが、グランフロントに行く前に気合いを入れるために早速串カツにビールを頂く。

Dsc01956

ほーコレがそうですか、広いですな、、、。

Dsc01957

カミさんは雑誌で色々と調べていたみたいで、行ってみたいショップに一目散。お目当てのお店を早々にチェック出来たので、後はどんなところかウロウロするだけ。

Dsc01958_2

それにしても、ホンマに凄い人ですな、、、。

Dsc01960

自分は興味あるのはこちらだけ。ぶらっとショップを見てから上の階のボルダリングジムの盛況ぶりにびっくり。ホントに若い方がたくさんで窓の外から見ていると凄くファッショナブルに見える。見ていたらやってみたくなるだろうな、自分も久しぶりに江坂のジムに行きたくなった。

Dsc01961

人ごみと歩き回って疲れたので「ひょうたんや」で小休憩。その後ネットで調べたと言う、「家具作り」の作家さん達との交流会に参加する息子と十三で合流。

Dsc01967

18時から21時までの交流会だそうなので、17時前から早めの夕食を3人で。

Dsc01968

目的のお店は17時半からで、時間を間違えていたので別の初めてのお店に入ったのだが、タレがカミさんも息子も好みの味だったそうで喜んでガッツリ食べていた。

Dsc01973

息子は18時前にはお店を出て行ったが、残された2人は外も明るい事もあってもう一軒。

Dsc01970

もう立ち飲みはイヤだからねとクギをさされたので、一度行ってみたかったこちらでワインを頂く。

Dsc01972

グラスワインを3杯ずつ飲んだらボトルの値段になりそうなので、一番安い白いボトルを抜いてガブガブ飲んでご機嫌さんで家に帰ったら既に息子は帰っていた。思ったより早く20時過ぎに終わったらしいので、珍しい家族で十三飲みだったからイタリアンも一緒になったらよかったかな。楽しい休日になって満足満足。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月23日 (日)

メモメモ。

Dsc01941

久しぶりに明るいうちからいつものサロンへ。先客はお一人さんで少したらこの時間の常連さんのトクさんがやって来た。

Dsc01943

アテは最近お気に入りの貝シリーズ「貝わさび」100円。コレをチビチビ、アテにしながら吞むのがいいんだよな。

Dsc01947

追加で芋焼酎水割りに冷奴、もちろん持ち歩いているMyからしで頂く。お店に置いている自分専用の「とろろ昆布」が無くなった。買っておかないとな、忘れないようにメモメモ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月22日 (土)

ちょい乗り。

Dsc01927

今週は雨が続いたが、土日は晴れる様な事を天気予報が言っていた。土曜日は午前中は曇りみたいなので、自転車に乗るのは丁度いい。

Dsc01928

ありがたい事に今住んでいる場所は、ガッツリ走りたかったら北摂を上って行ったらいいし、のんびりポタリングしたかったら少し下ると「なにわ自転車道」があるし。

Dsc01933

あまりガッツリ走る気分じゃなかったので、この日はチーム君と神崎川をのんびりと。

Dsc01938

その後は豊中のショップにお久しぶりに立ち寄ってみる。相変わらずマニアックな自転車と、豊富な自転車の知識で色々とお話をお伺いした。ランドナーや古いパーツについては全然わからない事ばかりなのだけど、自転車の世界って奥が深いんですね、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月21日 (金)

JR桃谷。

結構前から気になっていた所で、行った事も無ければそこにどういう店があるのかもよくわからない場所に、何とな〜く雨の中環状線で行ってみた。

Dsc01901

駅のすぐ前にあるこちらは、アテも豊富で中々良さそうな感じのお店。ここに着いたのが18時前だったのだがすでに中は満席で、かろうじて入り口のカウンターに立たせて頂く。常連さん率のかなりお高いお店で、ほとんどのお客さんをみなさん名前で話しかけていらした。目の前で豪快に焼き物を焼かれているスタイルのお店は初めてで写真を撮りたかったのだが、大将も忙しそうだったので話しかける事が出来ない。隣は常連のおじいちゃんみたいでのんびり飲んでいらした。少しお店に馴れて来たのでこっそり写真を撮っていたら、隣のおじいちゃんが耳元で「常識ないな」とつぶやいたので凍り付く。

Dsc01899_2

それからは反省するばかりでゆっくり吞む事は出来なくて、お店に申し訳ない気持ちでアテや焼酎をバンバン追加していたら、後から来た反対隣りのお客が出て行った後におじいちゃんが「あんな常識の無い客はあかんわ」ともう一度話しかけて来られたので、常識ないと言われたのは自分の事じゃなくて隣のおっさんの事だったのが判明。このおっさん、狭い間に割り込んで来たわりには大きな態度で、すんませんなぁ〜の一言も無く幅を利かせたので自分もおじいちゃんも小さくなって吞んでいたから。それからはおじいちゃんとその隣のおっちゃんと3人で競馬の話で盛り上がった。と言っても自分も隣りのおじいちゃんも競馬はしないので隣のおっちゃんの話にへぇ〜とか、そうなんや〜とかと言う感じだったけど。とは言えやっぱりこっそり写真を撮るのも良く無いなぁと思ったり、、、。

Dsc01903

焼酎結構飲んだりアテも色々頼んだので千ベロとはいかなかったが、中々に良心的な料金で満足満足。駅の反対側はアーケードになっているみたいなのでちょっと調査に行ってみる。

Dsc01905

一つ目の路地を入ったところにあった、桃谷エビス。名前は聞いた事があるけど、オシャレすぎて自分には似合わないな。

Dsc01907

まだそんなに遅い時間ではなかったが、商店街は閉まっているところが多かった。少し歩いてその先の角で、頭のアンテナがピーンと反応したので右に曲がってみる。

Dsc01910

酒屋の看板発見!おまけに暖簾も出ているので、躊躇しないで入っていくとお客さんは2人ほど。

Dsc01915

乾き物がメインの本格角打ち。焼酎の水割りを注文したが、氷は入っていないところがまた渋い。少しすると中学生くらいの女の子が、ただいまーと制服で帰って来たが、酔っぱらいのおっさんにも「こんにちは」と声をかけてくれるのがまたうれしい。少し女将さんとお話をして焼酎2杯でお勘定、こちらもほんとにいいお店でした。最近は同じお店を回ってばかりだったが、知らない町にフラッと出向いてみるのも新鮮で楽しい。少し環状線界隈の立ち飲み巡りを頑張ってみようかな。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2013年6月20日 (木)

雨、雨。

空梅雨になったらなったで困るけど、雨ばっかりもやっぱりイヤだな〜なんていい加減なものだ自分。

Dsc01870

こちらのお店、比較的雨の時は空いている事が多いので覗いてみたら、やっぱり少し人が少ない感じ。それでも入店後少ししたらお客さんが次から次へと入って来た。

Dsc01874

缶ビールを500mlと追加で350mlを貰ってから、いつもの熱燗はパスして四万十川の冷たいのんをお願いしたが、社長と専務の2人体制はどう見てもキャパ的には無理があって、何度も何度もお願いしてやっと入れて頂いた。

Dsc01877

周りでは冷奴の注文が盛んだったけど、やっぱりこちらでも湯豆腐の方が美味しいよな。いつものおばちゃんにタオル鉢巻きのおっちゃんはどうしたの?と聞いてみたら、何か言いにくそうに「最近来ないね、正社員だったんだけどね」と話てくれた。お昼の営業時間もなくなったし、あまり景気が良くないのだろうか。忙しそうな社長を何とか捕まえて四万十川のお代わりを頂いてからお勘定して店を出た。

Dsc01878

でもって真っ直ぐ帰れないんだよなコレが、いつもの悪い癖だ、、、。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年6月19日 (水)

いいね、北加賀屋。

Dsc01833

毎年この時期は仕事が動き出すので、撮影の立ち会いにいつもの北加賀屋のスタジオに終日隠る。午前中は順調に撮影も進んでいたつもりだった。

Dsc01824

お昼はいつもの定食屋さん。

Dsc01834

半年以上ぶりのお店には入院されていたおっちゃんも厨房にいらしたが、あまり元気は無い様子だったしメニューも随分少なくなってしまった。

Dsc01835

とんかつ定食580円。あの塩っからい和風ラーメンや独特のお味のオムレツカレーが懐かしい。

Dsc01840

午後からも撮影は順調に進んでいたのだが、思ったより時間がかかってしまい予定終了時間より2時間ほどオーバー。

Dsc01849

そして、北加賀屋と言えば外す事のできないお店。

Dsc01856

堂々とした暖簾にホレボレする。

Dsc01851

この日は大好きな生センマイは無かったので初めてのポテサラでビールを頂く。

Dsc01855

通年用意されているおでんの中から、いつもの湯豆腐と芋焼酎を水割りで。やっぱりこちらの湯豆腐は自分の中でベスト1のお味。

Dsc01857

焼酎も3杯ほど頂いて、もう少しゆっくりしようかと思ったが、せっかくなのでもう1軒ハシゴする事に。

Dsc01861

少し遅い時間となったが、こちらのお店も大繁盛。値段設定が「山長」より少しお安いせいもあるのだろうか、ビジネスマン風の方ばかり。

Dsc01864

いつものおばーちゃんも忙しそうに動き回られていた。やっぱりいいな、北加賀屋。次の撮影は7月後半の予定、また来ますからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月18日 (火)

暑かった〜。

この日は午後から枚方の工場で商品撮影。少し早めにカメラマン君と出発したのだが結構な渋滞で枚方でグルメなランチは食べれず、国道沿いのチェーン店のうどん屋さんで冷やしうどんにとろろに玉子乗せとたまご丼のセット600円。うまく予定通りの13時前に到着して、撮影の準備をしてすぐに撮影。天気もよかったお陰もあって30分程で片付いてしまった。ホントは16時頃から枚方のいつもの大仏のおばちゃんの角打ちに行きたかったのだが仕方ない。散々悩んだがあまりに時間が早いので、事務所に帰る事にしたのだが日差しは暑いし、一仕事終わった状態でやる気も出ないし。

Dsc01797

という事で、カメラマン君に駅前ビルまで送ってもらったのだが、そう言えば営業時間は変わってしまったんだね、、、。

Dsc01803

念のため覗いてみたらお客さんがお2人程いらしたので、罪悪感が和らいで安心してお店に入って赤星とマカロニサラダを頂く。

Dsc01806

いつものガヤガヤとした店内ではなくて、ガラガラで静かにゆっくり飲めるのが心地いい。

Dsc01810

暑かったのでビール大瓶を2本ほどシバイてから特製焼酎にチェンジ。アテは板わさで焼酎はサラっと飲んでお勘定、やっぱりこちらお安いなぁ。

Dsc01812

ご機嫌さんで地上に浮上して事務所に向かったが、暑さのためにヘロヘロに、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月17日 (月)

途中下車。

遠足の帰り道、やっぱり真っ直ぐには帰られないものだから大阪駅で下車。ホントはとっても「金盃」に行きたい気分だったのだが、日曜日はお休みなので仕方が無い。

Dsc01792 
まあ軽くビールと串カツ2〜3本食べて帰ろうと思ったのだけど、冷奴がつまみたくなったので芋焼酎の水割りと一緒に追加。多分こちらの店で焼酎飲むの初めてだったと思うけど、まー量の少ない事少ない事。奴が余ってしまったので仕方ないから日本酒冷やを追加したら、コレがまた常温よりもぬるくて全然旨くないので諦めて家に帰る事に。

Dsc01794

家に帰るとちゃんと既に夕ご飯が用意されていて、パソコンを開いて遠足の写真を読み込んでいたら、高校生の息子から父の日のプレゼントを貰った。

Dsc01795

ボトルの後ろには短い文章の手紙が貼付けてあった。コレは思ってもいなかったサプライズで無茶苦茶嬉しかったな、ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月16日 (日)

大人の遠足。

数年前にリタイヤされた昔から随分お世話になった大手広告代理店のクリエーティブディレクターさんから、当時一緒にクライアントを担当されていたもっと先輩の営業の方と2人、ご自身の手作りの別荘にご招待頂いた。

Dsc01720

若い頃はフェアレディZとかジャガーに乗られていたり、キャンプにハマられてからはランクルやキャンピングカーに乗られていた元ディレクターさんが、待ち合わせの駅にお迎えに来て頂いた車は息子さんから貰ったというスズキラパン。この車は我が家でもカミさんが免許を取った時に買った車なので愛着があるが、体の大きな元ディレクターさんが乗っていると何とも可愛らしい。そしてこの車で3人岡山の山の中まで。

Dsc01721

2時間程走って、お昼ご飯はお勧めで地元の田舎料理のバイキングのお店へ。町おこしでやられているそうで、丁度12時を過ぎた時間だったせいもあるのだが、何にも無い山の中にポツンとあるお店は既に満席で少しだけ順番待ちをした。

Dsc01723

食材はすべて地元で取れた物ばかりで、厨房で地元のお母さん達が作る料理はすべて優しいお味で美味しかった。唯一岡山産のごはんの炊き方が柔らかすぎるのが自分には合わなかったけど。

Dsc01728

その後、見学に行ったのが1670年創設の旧閑谷学校。

Dsc01733

1701年に完成した講堂は今や国宝となっている。屋根の瓦はすべて備前焼きでみるからに素晴らしい。

Dsc01736

この日の 講堂の中では小学生達の授業がなされていた。静かな中にピーンと張った緊張の糸が感じられる。

Dsc01737

校地を取り巻いている石堀の長さは765メートル、当時最高の石工技術を誇る河内屋治兵衛を棟梁とする石工集団によって築かれたもので「切り込み接ぎ式」の工法が用いられて、元禄十四年(1701)に完成したもの。内部には洗浄した割栗石をつめて排水を助けていて、三百年を経て今も端然たる姿をたたえているところが凄い。後で入り口のおじーちゃんに詳しく聞いたのだけど洗浄した割栗石を使うのは、コケや雑草が生えて石垣が崩れるのを防ぐ為に土や植物の胞子を落とす為にされたそうだ。

Dsc01739

一度焼けてしまって明治38年に建てられた校舎は今は資料館として使われている。

Dsc01743

帰りに先ほどの石堀の崩れている所を見つけたが、昔は繋がっていた部分を途中で切って中にある閑谷神社の鳥居を作った為に石堀が崩れてきたらしい。当時の石工集団達が見たら唖然とするだろうな、、、。

Dsc01745

その後、和気鵜飼谷温泉で汗を流し、夜ご飯の食材やら酒を買い出ししていよいよ元ディレクターさんの手作りの別荘まで。

Dsc01759

斜面に建てられた真ん中の赤い建物部分は最初から建てられていた物で、下左部分と真ん中から右にある石で積み立てられた部分とか家の周りの階段とかがご自分で作られたところ。

Dsc01748

このご自身で作られた石造りのリビングルームやゲストルームが、とにかく居心地がよくて素晴らしかった。

Dsc01762_2

取りあえず、諸先輩のおっちゃん達と晩飯の用意。

Dsc01763

結構年齢的には高いのだけど、メイン料理は焼き肉。

Dsc01764_2

もちろん野菜も用意していたのだが先輩方結構ガッツリ行かれるし、最後には焼そば2玉焼いて完食していらした。

Dsc01766

ビールもガンガン飲んで焼酎も900mlを2本空にしたところで、ひとまずお片付けをしてワインとウイスキーで飲み直す。

Dsc01769_2

で、先輩方はこのような状態になってからも一人でウイスキーを飲んでいたのだが、それも切りがないのでお二人を起こして寝る事に。

Dsc01775

それでもおっちゃん達の朝は早いんだよな、お二人とも昨晩に食べた焼そばの記憶は無かったみたいだけど、それでも朝からサラダやらパンやら結構頂きました。

Dsc01777

帰り道ではせっかくだからと備前焼きのお店を見に行く事に。

Dsc01785

元ディレクターの大先輩が以前も来て色々と見学させて頂いたという窯のお店に。

Dsc01784

普段滅多に見せて頂けない“のぼり窯”を見せて頂いたり、材料となる備前で取れた土から精製して陶芸の素材になるまでの行程を色々とお話しして頂いて大変勉強になった。その後は日生の市場を見学してお土産を買って帰路につく。次回は冬の牡蠣のシーズンに是非また集まりましょうという事になって須磨の駅でお別れをした。お誘い頂いた先輩達ありがとうございました。先輩達が現役で一緒にやっていた時代はホント良かったですよね、今ではそちらの大手代理店さんのクリエーティブや営業さんとこんなお付き合いは全然ありませんけど、、、。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年6月15日 (土)

金曜日。

数年前までは毎週金曜日が楽しみで仕方なかった。花金という言葉も流行っていたが、休みの日の前日なので存分に飲む事が出来るし、平日大人しくしていたので週末に飲むのが楽しみだった。その後休みの日を満喫する為に、金曜日は大人しくする様になって木曜日に飲む様になったりしたな。

Dsc01708

えーっと、すっかり毎日飲み歩く様になってしまって以前の様に金曜日に特別な思いは無いのだが、それでも明日はお休みだと思うと何処で飲んで帰ろうかと色々悩むのも楽しかったりする。で、この日は十三呉羽中島店まで。焼酎をキープしているという強みから、滅多に注文する事は無いお刺身のマグロとタコのセット、セット割引で320円!

Dsc01713

最近では仕事仲間と飲みに行くのもすっかり減ってしまった。実はこの日の帰り道に仕事仲間のおねーさんにバッタリと出会って、久しぶりに飲みに行こかと誘われたのだけど、酒屋の立ち飲みに馴れてしまった体では彼女達の飲みのパターンには付いて行けないのがホントの気持ちで、私用があるからとお断りした。一緒に飲みに行くと一晩で立ち飲み一週間以上の飲み代になるんだもんな。何だか少し寂しいかもしれないけれど、この毎日の酒屋での吞み方が今の自分には一番心地いいのだから仕方が無い。景気が良かったのか一昔前には北新地で飲み歩いていたのが信じられないのだけど、コレでいいのだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年6月14日 (金)

困ったもんだ。

暑い暑い、こうなると少しくらいは雨が降ってもいいよと思ってしまう。湿気があってジメジメと蒸し暑いのは勘弁してほしいけど、今年はこのまま行くと空梅雨で水不足に悩まされそうで、天気がいいのは良いのだけどこれはこれで困ったもんだ。

Dsc01702

仕事も落ち着いているし4時頃から冷えたビールをキューっと行きたい気分だったが我慢して、終業後イソイソといつものサロンに出向いて赤星をグビっと頂くこの幸せ。いや〜〜ホントにビールの旨い季節になりましたな。この日のサロンはクループ客は居なくて奥はガラガラ。カウンターでいつもの常連さんのおっちゃんが、奥さんと息子さん2人を連れていらしていた。もう大きな息子さんがとーちゃん、かーちゃんと言いながら話しているのが見ていてほのぼのとして癒された。

Dsc01704

後から入って来た、今年4月から転勤で大阪にやって来たN君。すっかりサロンでは常連さん達にイジられるキャラになってしまっているが、自分としては息子と同じ歳のN君が違う意味で少し気にはなっている。なんせ自分が22歳の頃に酒屋の立ち飲みに一人で行く事は無かったし、周りは常連さんだらけでどういう飲み方していいのかわからないはず。以前も友達連れでやって来て地酒をグビグビ呑んで4〜5千円払っていたし、こういう酒屋さんの立ち飲みでの呑み方ってなもんもちょっとはあるのだよ。それをじっくりと教えてあげたいところなんだけど、周りの大人の常連さんが冷やかしてばかりなんだよね。自分の息子だと思ったらもう少し考えて、そんな話し方は出来ないと思うんだけどな、これもまた困ったもんだ、、。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年6月13日 (木)

お勉強。

Dsc01690

ここのところ家に帰ってからTVを見る事もすっかり無くなってきたのだが、最近水曜日の夜はNHK教育番組を楽しんでいる。

Dsc01689

写経も見ていると面白そうなので、チャレンジしようかなと考えたり。

Dsc01697

フランス語は発音が難しいんだよな。あの独特な鼻から抜ける様な音を出す舌の使い方がよくわからないし。木曜日はスペイン語でこれもまた勉強になるのだが、呑みながら見ているから全然頭の中に残っていないというのが残念だ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年6月12日 (水)

アンペイ。

Dsc01670

先日尼崎のセンタープール前の中島南店に行ったのだが、ちょっと気になった事があったので確認も含めて十三「くれは」まで。大将にその事を聞いてみて確認が出来てよかった。

Dsc01673

千ベロの掟破りの焼酎キープを水割りで。アテはもちろん紅ショウガ天をソースじゃなくてお出汁で頂く。いつもはソースをドボドボかけて頂くのだけど、最近お出汁でフニャフニャになった紅ショウガも良いかと思って。

Dsc01677

焼酎飲み放題(という訳でもないのだが)で酒代がかからないもんだからアテを追加。関西の夏の名物「アンペイ」を頼んだのだけど、実はどんなものかあんまりよく知らなかったので、ちょっと調べてみた。

関東にくらべ、一般的に関西人はあまりハンペンを食べないと言われている。低カロリーということで若い人はよく手に取るが、年配になればなるほどハンペンへの態度が硬化する。需要ゼロとまではいかないのだが、関西におけるハンペンの立場は弱いのだ。しかしハンペンに良く似た食べ物は存在する。それが「アンペイ」だ。アンペイとはハモなどの白身魚を丁寧に丁寧に練り、それを蒸して仕上げるカマボコに似た練り物の事。つなぎはほとんど使わない。姿は四角く白い固まりで、一見ハンペンにも見える。同じものだと勘違いする人も多いそうだ。しかしハンペンは、柔らかい食感を出すために山芋などのつなぎが必須。さらに湯がいて仕上げるなど、アンペイとハンペンは作り方からして異なる存在である。

そんなアンペイの食感は、フンニャリツルン。ハンペンより噛み応えはあるが、かといってカマボコほど主張が強いわけでもない。一番スタンダードなやり方としては、やっぱりワサビ醤油。マヨネーズや七味で食べる人も多いが、これはどちらかというとビール向き。ご飯や日本酒と合わせるのならワサビ醤油が一番ですねと、お店の方。ちなみにそのまま食べても美味しい。かすかに甘く優しい風味なのだ。板ワサで冷酒を一杯というのも粋だが、暑い日にアンワサで一杯というのもなかなかオツな味である。

、、、という事らしい。酒のアテにはホントピッタリだったので、食べたことのない方はぜひ一度どうぞ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年6月11日 (火)

世代交代。

あーあ、週の始まりだというのに、いったいいつからこんなんになっちゃったんだろう。数年前はこんなんではなかったと思うんだけど。話に聞くとこう思っているのは自分だけじゃないみたいだから、やっぱりそう言う事なんだろうな、、、。

Dsc01664

残念ながらそのほとんどが同世代、すっかりまいってしまった、、、。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年6月10日 (月)

黒森部。

Dsc01600

自転車仲間のHossyくんの呼びかけで鉄の自転車だけでのんびり走りに行きましょうという事で、黒森(クロモリ)部初の部会にTonicaさんで行って来た。

Dsc01601

集合場所はJR木津駅に9:00。前に信楽を走った時も待ち合わせ場所はこちらだったが、自分の家から木津駅に行くのは非常に中途半端で輪行で行くのも面倒だからいつも自走で行く事にしている。なのでいつも途中の京阪萱島駅高架下のうどん屋さんで朝食を食べてから向かうのだが、しかし163号線の清滝峠をヒーヒー言いながら無駄に越えて行くのは何とかならないものなのか、、、。

Dsc01602

少し遅れて9時10分に木津駅に到着。残りは一番早いはずのクルクルにーさんだったが、どうやら待ち合わせ場所を間違えていたらしい。無事連絡が取れてメンバー7人が集まった。同じメーカーの自転車は1台も無いのにコンポは何故だか皆さんカンパ。

Photo
写真提供:勝手にHossyくんから。

Dsc01609

Hossyくん先頭で走り出したまではいいのだけど、少しして和尚さんが前に出てからスピードがどんどん上がっていく。なので写真を撮っている暇がない。ヘロヘロになりながら最初の休憩ポイントのコンビニで早々にコーラを投入。鉄のバイクばかりなので昔の「鉄」談義に花が咲く。自分はよくわからないけど。

Dsc01610

そしてまたまた走り出す。

Dsc01611

まったりサイクリングの予定だったが、このメンバーでまったりって事は無いわな。しかし後ろから見てると和尚さんのペダリングが美しい。Frank*さんもさすがに走り込んでいらっしゃるのでペダリングが力強いし、hiroさんは重いバイクでもグイグイ進んで行かれるし、クルクルにーさんは軽やかにクルクル回しているし、紅一点のmijiねーさんは平気な顔して付いて行くし、Hossyくんも前を引いたりしているしで、ホンマにアカンの自分だけやん、、、。

Dsc01613

水場で2度目の休憩。冷たい湧き水を頭の上から浴びたい気分。

Dsc01615

ここからメインの昼ご飯の場所まではもうすぐなので、早る気持ちを抑えながら走って行く。

Dsc01619

いつものレストラン少し混んでいた様子だったが、人数が7人だったのでラッキーな事に座敷を使わせていただいた。

Dsc01617

パッと見少なそうに見えたが結構なボリュームで非常に美味しく頂く。冷房効いているし広々とした個室やし、根が生えそうになったが渋々出発する事に。

Dsc01628

ここから先はずーっと下り基調なのでグングンスピードがアップして行く。やはりのんびりライドでは無いな、、、。しかし、梅雨の合間のホントに最高のサイクリング日和。ずっと曇り空のおかげで快適に走る事が出来た。

Dsc01631

瀬田川沿いに石山を走っていると後ろのhiroさんが何か叫んでいる?どうやら有名な和菓子屋さんの前を通りすぎた様で呼び止められた。

Dsc01634

もちろん、こちらでスィーツ休憩。かき氷のキメが細かくて大変美味しい。

Dsc01636

メンバーみんなでまったりとしていたら、女将さんからサービスのお品。こちらのお店の看板ムスコらしい「たばしる」やわらかいお餅の中に丹波大納言がゴロゴロ入っていて食感が新鮮だ。すっかりこの日のサイクリングがグルメサイクリングになって満足だ。

Dsc01638

とても落ち着いた雰囲気の良いお店。

Dsc01629

Dsc01640

和の雰囲気にも鉄のバイクはよく似合う。

Dsc01642

お店の前で女将さんに記念写真を撮っていただき出発。これからこのルートの時はこちらのお店に立ち寄る事が定番になりそうだ。

Dsc01644

川沿いをのんびり(気分的にだけど)走って行って、ずーっと下って突き当たって京都組とはお別れ。

Dsc01651_2

hiroさん、Frank*さんありがとうございました。また行きましょうね〜。

Dsc01652_2

お二人と別れてから、楽しかったサイクリングも後少し。

Dsc01654

事故もトラブルもなく無事ゴールの山城大橋のコンビニに到着。ホントに楽しかったな、後は家まで注意しながら帰るだけ。

Dsc01657

一人になってからはのんびりペースで淀川から茨木のルートで。

Dsc01659

家に着いたら丁度150km、速攻でシャワーを浴びてボトルの水から麦の水にチェンジ。この1杯がサイコーに旨かった。黒森部のみなさんありがとうございました。ぜひ、また行きましょうね!

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2013年6月 9日 (日)

尼崎調査。

Dsc01569

天気が良かったのでお山に行こうか悩んだが、たまにはブラブラするのもいいかと立ち呑み初心者のカミさんを連れて昼酒に行く事に。この日の調査のメインはセンタープール前なのだが、特急に乗ったので尼崎で下りて酒屋の角打ちをハシゴしながらセンタープールまで歩いて行く事に予定変更。

Dsc01571

丁度昼過ぎに着いたのだが、喉が渇いたので前に一度伺った事のある「下山酒店」でまずはビールを頂く。カミさん飲むの早いやん〜。

Dsc01572

尼崎の立ち飲みのガイドブックがあって、ホームページからダウンロードして印刷して用意していたが、こちらのお店にホンマモンが置いてあったので頂く。結構しっかりとした紙質でお金がかかっているな。

Dsc01573

アーケード内にある神戸東店は、前回も行ったのでパスして昼ご飯代わりに出屋敷の天ぷら屋に行ってみたけどまたまたシャッターは閉まっていた。こちらも無くなる前にぜひ行っておきたいお店なのだけど。

Dsc01574_2

「中田商店」ガイドブックを見ながら少し道を間違えたけど、何とか辿り着けました。

Dsc01575

この日2回目の乾杯。とにかく暑いのでビールが旨い。

Dsc01578_2

自分はこちらのお店のお勧めの「すじこん」、カミさんは「春雨サラダ」でどちらもボリューム満点。すじこんは大概コンニャクの方が多いのだけど、コチラのすじこんは大きなすじがコンニャク以上にゴロゴロ入っていてコレだけでビール大瓶2〜3本飲めそうだ。

Dsc01577

まだ開店したてなのでお母さんは引っ切りなしにアテの用意をされていたが、こちらもホントにいいお店だ。近所にあれば間違いなく毎日通いたくなる様なお店だった。こちらでは2人でビールを2本程。

Dsc01582

昭和20年生まれのダンディーなマスターがいらっしゃると言うお店で興味はあったが、酒屋の立ち飲みではないのでスルー。

Dsc01584

「中島南店」。こちらを見つけるのにガイドブックの小さな地図に惑わされて行ったり来たり。見つからなくて諦めて「中島商店」に移動しようとしていた所でお店を発見。分かり易いお店なのに、ガイドブックの小さな地図をあまりに深く考え過ぎていたからだな。

Dsc01585

こちらはもう酒屋の角打と言うより完全な立ち飲み居酒屋なお店だったので、ちょっと全体的に値段が高めなので生ビール小を頂く。

Dsc01586

アテはとにかく豊富なのでカミさんはうれしそうだったが、自分的には少し違和感を感じたが。ガイドブックを開いていたらコチラのマスターから声をかけて頂いた。話を聞いたらこのガイドブックを進んで作られた方らしい。でもガイドブックを見てお店に来た方は少ないらしくて、吹田から来ましたと言うと喜んでいらした。

Dsc01590

センタープールでのこの日予定のもう一軒は、ちょっと思っていたのと違っていたのでスルーしてこの日の調査を終了。

Dsc01592

阪神電車で梅田まで帰ってから、阪急に乗り換えて十三で下車。十三の立ち飲みにはまだカミさん連れて行っていなかったので、くれは中島店まで。

Dsc01593

いつもは千ベロを目指している為に、食べる事の出来ないお刺身2点盛り。

Dsc01594

そうなるとやっぱり日本酒だよな、でも飲み過ぎるとかなり危ないし。

Dsc01595

実はコチラのお店に芋焼酎をキープしているので、たまらずに出して頂いた。カミさんにバレてしまったが、もう1本キープしておく?と優しい言葉も頂いたが飲み過ぎるのもいけないのでご遠慮しておいた。

Dsc01597

もー勢いついてどうしようもない。基本女人禁制の「イバタ」へ堂々とカミさん連れて入った。お母さんは何も言わずに笑顔で隅のタルカウンターを勧めてくれたのだけど、2人で立って何を飲んだのかな、、、、。

Dsc01599

自分の記憶はそこまでだったが、何だか駅前でカミさんソフトクリーム食べてるし。朝写真を見て驚いたが、帰り道に何があったか聞く事は出来ないし。ひょっとしたら自分よりもカミさんの方が酒強いのかも(汗

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年6月 8日 (土)

天六調査。

先日コメント頂いたshuusakaさんの情報をもとに、天六の酒屋角打ちの調査に出向く。出る前に曖昧に分かったつもりで出たのが間違いで、藤信酒店が見つけられなかった。後でもう一度調べてみたら筋を1本間違えていたみたいで残念だ。

Dsc01567

なので、調査出来たのは先日見つけたこちらのお店のみ。

Dsc01563

長いカウンターが真ん中に1本。お客さんはビジネスマンのグループが4人程。会社のセクハラの話を大きな声で話していらしたのがうるさくて、ビール1本とゴボ天2本程で失礼させてもらったが、こちらの笑顔のお母さんもご高齢な感じがした。酒屋の角打ちの店主の高齢化はどんどん進んでいる、やっぱり行ける時に行っておかないとな、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月 7日 (金)

ポイント。

何か知らないけどリクルートポイントとか言うところから、5月末でお宅の1,000ポイントが失効するよとメールが来た。よく読んでみると旧じゃらん+ホットペッパーのポイントらしい。ホットペッパーのポイントは知らないけど、じゃらんでポイントは確かに貯まっていたはずで調べてみたら4,000ポイント程あって、6月末で残りもすべて失効するらしい。この手のポイントの話はすっかりうとくて以前もクレジットカードのポイントが、楽天のポイントに5倍にもなって移行する事が出来ると聞いてビックリした事があった。喜んでやってみたら自分が使っているカードはビジネスカードでポイントの移行は出来ないと知りガッカリしたのだが。

で、この1,000ポイントを使おうとリクルートが運営している「ポンパレモール」というサイトを見てみたけど、たかが1,000ポイントではロクなモノは見つからない。基本はアウトドア商品か、自転車関係しか興味も無いし。よくよく考えたら6月末で残りのポイントも失効するのだから4,000ポイントまで幅を広げると、そこそこ商品の幅は広がるがこのポンパレモールというサイトが扱っている商品がまー少ないこと。楽天でポイントを使えたら言う事無いのだが、、、。

Dsc01557

結局選んだのはコレ。以前からシクロ車にもサイクルコンピュータを付けたいと思っていたから。多分シクロ車でそんなにレースに出る事はないだろうから、普段は輪行車として使おうかと思っていたので。でも、わざわざお金を出して買うのもな〜と考えていたからちょうど良かった。しかし以前TVでも特集していたけど、クレジットカードを使う事で貯まるポイントって結構凄いみたい。ウチの事務所のカードでも結構ポイントが貯まっていたみたいだが、普段そう言う事にはうといカミさんが、貯まったらすぐにギフト券に交換していた事が後でわかった、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月 6日 (木)

お久しぶりに。

Dsc01544

めんじいさんのお店からトコトコ帰っていたら近所に酒屋の角打ち発見。この界隈は結構調査に出向いたが「北浦酒店」くらいしか見つからなかったのに、完全に見落としていた模様。ビジネスマンの方が3人程飲んでいらしたが、次回必ずお邪魔しますね。

Dsc01549

でもって、やっぱりまっすぐ帰れなくてこちら「田中萬酒店」にお久しぶりに。

Dsc01547

相変わらず常連さんでいっぱいだったけど、入口でお母さんと目が合ってこちら側に入れて頂いた。芋焼酎に大皿にあったタコ酢を注文、このタコ酢が結構なボリュームで焼酎を2杯頂いても余りそうだったが、ちょっと飲み過ぎなので何とか完食してお勘定。いやぁ〜こちらもホントにいいお店だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月 5日 (水)

かくれ処。

以前から楽しませて頂いているブログのめんじいさんが、とうとうお店を開かれたという事で早速行ってみる事に。今週は天満に行く用事があったので、ちょっと落ち着いていたこの日に直帰するからねと早めに事務所を出た。

Dsc01543

天六の商店街を抜けてそのまま北へ。3本目の筋を左に曲がるとすぐに、白いタイルに鮮やかなブルーのテントの「かくれ処 めんじい」。

Dsc01536

まずはご挨拶をして瓶ビール中瓶。

Dsc01538

さすがに飲ん兵衛の心をわかっていらっしゃる。大阪の立ち飲みの定番紅ショウガ天!

Dsc01539

Dsc01540

しかし座り飲みのお店なのに、ほとんどのメニューが立ち飲み価格でとにかく安くて100円から。

Dsc01541

時間が開店して間もない5時過ぎだったので、ゆっくりお話をする事ができてよかったな。そのうちお客さんも入ってこられて、お一人で切り盛りされているめんじいさんも忙しくなってきた。

Dsc01542

お薦めのマルシンハンバーグに芋焼酎。ハンバーグは懐かしいお味で、ソースをかけなくてもそのままで十分に美味しいアテ。その後奥様がお友達を連れてご来店、楽しそうにお話しされていてとても雰囲気がいい。のんびりお話ししながら芋焼酎をお代わりしてお勘定、ホント立ち飲み価格でセンベロちょっとで楽しませて頂いた。方角的に頻繁にはいけないけど、またお邪魔しますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月 4日 (火)

ガラガラ。

今日は朝からかなり暑いな。天気がいいのは良いのだけど、平日はどうでもいいけどお願いだから土日だけは雨降らないでね。

Dsc01532

福島に行こうか十三に立ち寄るか、色々と悩んだ結果4日ぶりにいつものサロンまで。奥のテーブル席はガラガラでカウンターはいつもの常連さん達。月の始まり週の始まりにしてはちょっと寂しい感じかな。バイトをほされたバイトのおっちゃんと、前日に引き続きお話ししながらのんびりと。この日はこんな感じ、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 3日 (月)

何処も同じ。

Dsc01483

4時半が開店のこちらのお店に4時35分頃に着いて中に入ってみると既にほぼ満席。おまけに立ち飲みじゃなくて、皆さんビールケースに座って呑んでいらした。仕方ないので一番奥の席に同じ様に座って呑む事に。メンバーはほぼいつもと同じ常連さんばかりだが、あまり見かけた事の無い声の大きなおっさんが居た。こちらのお店には何回か来ているそうだが、年金生活になってからはあまりくる事が無いけどと一人ご機嫌さんでしゃべりっぱなし。隣の常連さんもあのおっさん誰や?と隣の常連さんに聞いているくらいだから、滅多にこないお客さんだと思う。しかし、何処も同じでこう言うデカイ声でしゃべりっぱなしのお客さんは迷惑だ。ほぼ店内のみんながボリュームさげてくれやら、ヒートアップし過ぎとか、げんなりして首を振ってる常連さんだとか、もー頭が痛くなって来た頃に、おっさんと一緒に来たという常連さんが帰るからと一緒に出て行かれた。

Dsc01492

一気に静かになって皆さんホっとした模様。そのうち一人の常連さんがトイレに出て行かれたと思ったら若い女性を連れて戻って来た。川沿いを歩いていたところをナンパして連れて来たらしい。25歳で神奈川から旅行に来ているという彼女は大関のワンカップを貰って呑んでいた。ちょっと可愛らしい彼女におっちゃん達はメロメロだったが、少しして大関不味いから地酒は無いですか?と聞くくらいだからかなりの飲み助の模様。こういうお店で女性がいるとロクな事が無いのでお勘定して店を出た。

Dsc01519

次の日は朝7時から町内会の溝掃除を1時間ほどして、実家に泊まりに来ていたおばちゃんを家に送ってから大阪に戻り、いつもの吹田地下組織で呑んだ後岸辺の本格角打ちに行ってみる。こちらも常連さんでいっぱい。

Dsc01503

カウンターはいっぱいなので店の商品棚をテーブルに一人のんびりと。そのうち宮谷酒店のバイトのおっちゃんがやって来たのでお話ししながら呑んでいたが、偽名の井上さんまでやって来たので飲み過ぎるからお先に失礼させてもらった。地元の角打ちは何処も同じで常連さんでいつも溢れ返っている。あー幸せだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月 2日 (日)

カラオケ。

朝起きたら親友のおばちゃんとオカンから電気屋へ連れて行けと指令が出る。話を聞くと今週末に学生時代の同級生が、ウチの実家に7〜8人集まって宴会をするらしい。遠い人では埼玉からやって来るという。そんなんしたら帰りはどうするのと聞くと、皆で雑魚寝するらしい。もちろん私とお母さんはこっちの部屋で寝るけどね、ウフフっと意味ありげな親友のおばちゃん。という事はオカンとおばちゃん以外はおっちゃんという事なのね。肉屋のおっちゃんが肉持って来てすき焼きを、酒屋のおっちゃんは酒を持って来てと、各々得意な物を持ち寄っての宴会らしい。で、ウチは場所を提供するという事になったそうだ。何とか君がどーやこーやとか、何々君はどーやこーやとオカンもおばちゃんもまー可愛らしい事。その何とか君が近所にカラオケ屋はないのかと聞いてきたらしい。

Dsc01479

そこで冒頭の話になるのだが、親友のおばちゃんが家で簡単に出来るカラオケを知ってるから電気屋へ見に行こうとなった。シャキシャキした元気なおばちゃんがあーやこーやと店員さんに質問攻め。横で話を聞いていたら大体理解出来たので、おばちゃんとオカンにわかり易く説明をすると、2人共目をキラキラさせて「欲しいわ〜〜」。また微妙な価格設定で無理しなくても買えそうな値段。仕方ないからオカンに買って上げると言ったのだが、自分で買いたいがお金が足らないと言うので1万円貸してあげた。

Dsc01481

家に帰って箱を開けて、ささっと説明書を読んで、TVとの接続の仕方とカラオケのやり方を2人にレクチャーすると、何とか使い方は理解出来たみたい。

Dsc01482

それからは親友のおばちゃんの独占場でマイク持ったら離さない。オカンはタイミングを逃がしてしまって歌えない。別の部屋に行ってテレビを見て戻ってみたら3時間程歌い続けたおばちゃんの横でオカン寝ていた。おばちゃん歌い過ぎて喉が痛いとカラオケ止めたが、家に帰ったら直ぐに同じカラオケを買いに行くそうだ。それにしても週末の宴会は楽しくなりそうだね、たぶん普段家では「おじいちゃんお酒飲み過ぎ!そこまで!」とか言われているおっちゃん達が集まるのだからエライ盛り上がると思うけど、次の日の朝ポックリ逝かれてましたとか無い様に気をつけてね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年6月 1日 (土)

親友のおばちゃん。

今週の日曜日に町内の溝掃除があるから手伝ってくれとオカンから言われていた。土曜日の朝から帰ると電話したら何だか寂しそうな声だったので、仕事も少し落ち着いていたので金曜日の夕方に早退して帰る事にした。何も用意しなくていいからねと電話で話したが、う、うんと言う返事にきっと何か用意していたんだなと思い、帰り道にSAには寄らずにそのまま帰ったので実家に着いたのは午後8時過ぎ。

実家に着くと風呂の電気がついていたので、オカンが風呂に入っているのだなと思いながら家に入るとオカンは台所にいて、オカンの親友のおばちゃんが法事があるからと泊まりに来ていると。何だそう言う事なら予定通り土曜日朝に帰ったらよかったと思ったのだが。風呂から上がって来たオカンの親友はよく話に聞くお方だったが、お会いした事があるのかどうかよく覚えていない。いつもお世話になっておりますとお互い膝をついてご挨拶したら、50年ぶりですねと言われてそんなん覚えているわけないやん。と言う事はオカンの親友のおばちゃんもちっこい頃の自分しか知らないのね。

しかしこのお方、もの凄い元気なお方。話し出した止まらない機関銃の様なトークが続き出す。風呂から上がり立てなのにちゃんとお化粧したままのオカンの親友も、オカンと同じ様に昨年旦那さんを亡くしたそうだ。

Dsc01475

話が盛り上がったからと、昔のアルバムも出していた。初めて見たアルバムには自分の知らない高校時代のオカンの姿が。演劇部やダンス部に入っていたらしくてビックリ。親友のおばちゃんと2人の話を聞いていると、そのまま学生時分に戻っている様子で楽しそう。卒業アルバムもあって男子の写真もあったので、意中だったのどの方やねんと聞いてみたら、そんなん忘れたわと言っていたがそんなわけないだろうな。元気な親友のおばちゃん、来てくれてありがとうね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »