« 世代交代。 | トップページ | お勉強。 »

2013年6月12日 (水)

アンペイ。

Dsc01670

先日尼崎のセンタープール前の中島南店に行ったのだが、ちょっと気になった事があったので確認も含めて十三「くれは」まで。大将にその事を聞いてみて確認が出来てよかった。

Dsc01673

千ベロの掟破りの焼酎キープを水割りで。アテはもちろん紅ショウガ天をソースじゃなくてお出汁で頂く。いつもはソースをドボドボかけて頂くのだけど、最近お出汁でフニャフニャになった紅ショウガも良いかと思って。

Dsc01677

焼酎飲み放題(という訳でもないのだが)で酒代がかからないもんだからアテを追加。関西の夏の名物「アンペイ」を頼んだのだけど、実はどんなものかあんまりよく知らなかったので、ちょっと調べてみた。

関東にくらべ、一般的に関西人はあまりハンペンを食べないと言われている。低カロリーということで若い人はよく手に取るが、年配になればなるほどハンペンへの態度が硬化する。需要ゼロとまではいかないのだが、関西におけるハンペンの立場は弱いのだ。しかしハンペンに良く似た食べ物は存在する。それが「アンペイ」だ。アンペイとはハモなどの白身魚を丁寧に丁寧に練り、それを蒸して仕上げるカマボコに似た練り物の事。つなぎはほとんど使わない。姿は四角く白い固まりで、一見ハンペンにも見える。同じものだと勘違いする人も多いそうだ。しかしハンペンは、柔らかい食感を出すために山芋などのつなぎが必須。さらに湯がいて仕上げるなど、アンペイとハンペンは作り方からして異なる存在である。

そんなアンペイの食感は、フンニャリツルン。ハンペンより噛み応えはあるが、かといってカマボコほど主張が強いわけでもない。一番スタンダードなやり方としては、やっぱりワサビ醤油。マヨネーズや七味で食べる人も多いが、これはどちらかというとビール向き。ご飯や日本酒と合わせるのならワサビ醤油が一番ですねと、お店の方。ちなみにそのまま食べても美味しい。かすかに甘く優しい風味なのだ。板ワサで冷酒を一杯というのも粋だが、暑い日にアンワサで一杯というのもなかなかオツな味である。

、、、という事らしい。酒のアテにはホントピッタリだったので、食べたことのない方はぜひ一度どうぞ。

|

« 世代交代。 | トップページ | お勉強。 »

立ち吞み」カテゴリの記事

コメント

ちくわぶも、関西は不毛地帯ですしね。出汁でコロッケよばれたいですわー。

投稿: ロラお | 2013年6月12日 (水) 11時08分

アンペイいいですねー
水ナスも旬ですね
あー、呑みたくなってきました(笑

投稿: タケ | 2013年6月12日 (水) 11時50分

● ロラおアニキ、こんにちは。
そうですね、ちくわぶも見ないですね。
出汁コロッケ!いいですね今度挑戦します(笑

投稿: uechicchi | 2013年6月12日 (水) 13時01分

● タケさん、こんにちは。
やっぱりタケさん、酒呑みですね(笑

投稿: uechicchi | 2013年6月12日 (水) 13時02分

こんばんは。速報です。藤信さんは,ずいぶん前に立ち飲みをやめたそうです。あんぺいといえば,長田区の揚げあんぺいが好きです。

投稿: shuusaka | 2013年6月12日 (水) 21時51分

● shuusakaさん、こんにちは。
情報ありがとうございます。昨晩行こうかどうか悩んでいました(笑
となるとあの辺りでは後は久保酒店だけですね。
久保酒店さんは夜8時までのようですから、早めに行かないといけませんし。

投稿: uechicchi | 2013年6月13日 (木) 09時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1814730/52008191

この記事へのトラックバック一覧です: アンペイ。:

« 世代交代。 | トップページ | お勉強。 »