« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

腕がプルプル。

1年ぶり位だろうか、ホント久しぶりにボルダリングに行ってきた。江坂のジムも前払いでお金を払っているのに、どうしても帰り道の立ち飲みに誘われてしまってすっかり行かなくなっていたし。

Dsc03409

行った先は都島のジム。いつもと違うジムはどんなんだろうかなーと思ったりして。ガラス張りで外から丸見えのパターンは最近何処も同じだな。

Dsc03410

しかしホントに久しぶりなのでこの壁を見ても、何処から手をつけていいのか全然わからない。取りあえず一番簡単なルートからクリアして行くのだけど、少しやっただけですぐに腕がプルプルになって力が入らない。相変わらず足に馴染まない2サイズ位下のクライミングシューズも痛くてたまらない。3時間のコースだったが、結局1時間も出来なかったのじゃないかな、まったくもって情けない。もう少しちゃんと江坂のジムへ行かなければと思った次第。

Dsc03411

そして汗を流した後の赤星はサイコーに旨かったけど、危うく最終電車に乗り遅れるところだったがギリギリ間に合って助かった。あー楽しかったな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月30日 (水)

キケンだ。

Dsc03393

毎度毎度、懲りずにいつものサロンまで。奥の丸テーブルでバイトのおっちゃんが野球を見ながら飲んでいたのでお隣に立たせてもらう。サッポロ赤星とじゃこ天を頂きのんびりとしていたが、お向かいのグループのお一人がTVドラマの半沢直樹にそっくりでちょっと見とれてしまうおっさん。焼酎黒白波に湯豆腐を追加。

Dsc03401

そのグループが赤星をガブガブ飲むもんだから、1列しか無い赤星が残り後1本に。赤星ファンとしてはこの調子でドンドン売れて、もう少し列を増やして頂きたいところだな。

Dsc03404

で、やっぱりテーブルでは調子が出ないのでカウンターに移動。このところバイトのおっちゃんと飲んでいるとどうも飲み過ぎる傾向があって非常にキケン。さっきのグループは4人で4,000円ちょっとだったのだが、自分は大きく千ベロを上回ってしまった。ちょっとサイフの紐を締めると言うか、調子に乗って飲み過ぎるのを止めないとマズいな、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月29日 (火)

カレー焼きそば。

また1週間が始まった。というか、今月も今週で終わりと言う驚き。もう11月になるんだな。ここのところブログがすっかり立ち飲み巡りになってしまって、知らない人が見たらタダの酔っぱらいにしか見えないかも。知ってる人が見ても同じだけど。

Dsc03386

なので、久しぶりにランチのネタを。カレー焼きそば510円。

Dsc03385

素晴らしいです。マウンテンです。ほとんどの人がコレを頼んでいますが、後から来たおばちゃんグループのお一人はコレの大盛りを頼んでいらっしゃいました。男前です。何故か中華料理屋なのにランチはカレーとピラフと焼きそばとカレー焼きそばしかありません。そしてどれも510円です。メニューはありませんので初めての人はちょっと戸惑うでしょうね。

Dsc03388

でもって、帰りはやっぱり寄っております、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月28日 (月)

酒舛。

Dsc03369

初めて降り立った街、初めて訪れた杭瀬市場。

Dsc03370

日曜日だからなのか、ちょっと寂れた感じが昭和なイメージ。

Dsc03371

目的の立ち飲み「酒舛」発見。

Dsc03372

わざわざ自分のために仕入れて頂いた赤星(ウソです)を頂く。

Dsc03373

お薦めの手作りチャーシューも頂く。柔らかくてボリューム満点でムッチャ美味しくて、ビールがススムくん。

Dsc03374

しかし、酒類もアテもどれも安くてビックリ。

Dsc03375

焼酎にチェンジして、スパサラ150円を頼んだらてんこ盛り。

Dsc03376

おまけに枝豆のサービス付きで、すっかり満足いたしました。これからお山の帰りはこちらで反省会しますので、よろしくお願いします。

しかし他にも面白そうなお店がてんこ盛り、何だか杭瀬にハマりそうな予感、、、。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年10月27日 (日)

お久しぶりです。

Dsc03360

10月は色々ありまして、六甲さんに行く事が無かったのでお久しぶりに六甲まで。

73276_590735620993057_1245418113_n

いつもの黒岩でのんびりビールを飲むのと、、、

1384362_590735670993052_864803386_n

先日北アルプスで食べて美味しかったマルタイラーメンを食べたかったから。

Dsc03363

ビールを飲んでラーメン食べて、さーのんびりゴロゴロしようとしたところにグループがやって来たので場所を譲って、隅っこに居てたら全然落ち着かないので残念ながら早々に下山。

Dsc03366

奥高座の滝の水量もかなり増えている。

Dsc03368

下山後残りのビールを飲んでいたら、目の前をイノシシの親子が通り過ぎてちょっとビビった、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月26日 (土)

湯豆腐。

今月はお山に行く事も多かったし、実家の法事もあったので週末は色々と忙しかったりして、久しぶりに土曜日の夕方にいつものサロンまで。

Dsc03346

いつものサロン、本日から湯豆腐始まりました。

Dsc03348

いや〜、いいですよね、やめられませんよね、もちろんとろろ昆布ですよね!

Dsc03349

マイとろろ昆布のキープする場所がキレイになって中々見つからないのですが、、、。

Dsc03357

なるほどトクさんの新しい立ち位置はこちらですか中々いい位置ですよね、また土曜日の夕方はご一緒によろしくお願いしますね、、。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月25日 (金)

吹田駅前。

先日駅前を通った時に、新しい立ち飲みが出来ていたので行ってみる。

Dsc03336

まぐろが売りのお店のようだが、ちょっと覗いてみたらスツールを出して客が座って飲んでいたのでヤメといた。スツールを用意するのなら最初からイスを置いたらいいのじゃないかな。

Dsc03339

で、地下に潜る。雨のせいか給料日前でなのか結構空いていた。瓶ビールにハムカツ・麦水に塩鯖を頂いたが、久しぶりのこちらの混ぜ物の麦水180円がちょっとキツかったな。やっぱり焼酎はいつものサロンの黒白波200円に限る。

Dsc03340

家に帰って飲み直ししていたら、焼酎がもう少しでなくなりそう。チェックしてみたらしっかりと補充してあった。

Dsc03341_2

なーんか、見た事の無い焼酎だけどありがとね、、、。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年10月24日 (木)

駅前にて。

Dsc03322

雨の日はホントに空いているんだよねコチラ。なので久しぶりに立ち寄ってみた。

Dsc03323

こちらでもいつも通りの湯豆腐と、そして今季初の熱燗を頂く。

Dsc03332_2

かなり落ち込んでいるので、熱燗が心に染みて来る。

Dsc03329

なのでやっぱり飲み過ぎた、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月23日 (水)

新しくなって。

Dsc03321

最近ちょっと色々あって、毎日お邪魔する事が少なくなったいつものサロン。少し早めに事務所を出たので久しぶりにのんびり行ってみた。

Dsc03315

よくよく考えたら新しくなってから価格表がなかったのだがちゃんと張り出してある。初めてのお客さんはお酒の料金がいくらかと気になるところだからコレはいい事ですね。

Dsc03316

隣に初めて入らしたと見られる若いカップルが2客。以前のお店ならまず入らなかったと思われるが、新しいお店は明るくてキレイなので入り易いのだろうな。アテが少ししかなかったので残念そうだったが、バイトのおっちゃんがめざしを取り出したら、同じものをと隣の若いカップルも注文されていた。お店が新しくなって、新しいお客さんが増えて行くのはうれしい事ですね、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月22日 (火)

酒屋のハシゴ。

Dsc03301

思っていた通り仕事は落ち着いていたので、早々と退社して十三のサロンまで。

Dsc03303

アテはいつもの野菜炒め。安くてボリュームもあって一番のお気に入り。

Dsc03312

メニューの短冊をぼーっと見ながら飲んでいると、不安な事や色々な事を忘れて気持ちが落ち着いていくのが不思議だ。

Dsc03304

焼酎にチェンジしてアテもお刺身を追加。家ではすっかり刺身を食べなくなったのだけど、こちらではいつもお願いするんだよな。

Dsc03313

そして〆はショウガ天にお汁をかけて頂いて、お勘定。

Dsc03314

丁度お店に入った時にいつものサロンのバイトのおっちゃんから、待っているからと連絡があったので酒屋のハシゴ。ちょっと飲み過ぎてしまったけど、いい気分転換になって良かったな、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月21日 (月)

帰阪。

今朝は5時に起きて5時半から帰阪。家を出ると一面が霧で前が見えない。高速に入っても霧は深くて5m先が見えない薄暗い中を、ヘッドライトを点灯して走るのに神経を使った。いつもなら休憩は取らずに一気に帰るのだが、目が疲れていたのと少し眠たかったので、無理はしないで2回程休憩を取って無事9時半には家に到着。荷物やスーツを降ろしてからすぐに事務所に出勤した。

Dsc03299

土曜日の夕ご飯は法事の残り物のお寿司、昨日の夕ご飯もお昼の残り物とお寿司。さすがに当分お寿司はいいかなと思っていたが、ちらし寿司を2人分貰っていたので本日のお弁当代わりにまたまたお寿司。ちょっとウンザリ気味だったがちらし寿司が思いのほか美味しかったので満足満足。仕事はそんなに忙しくなくて、かなり暇なので無理して来なくてもよかったのだが、仕事に出て来たと言うよりも帰りの立ち飲みに行きたいからなだけ。実家で散々飲んできたのだが、やっぱりね〜〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月20日 (日)

1周忌。

あっという間の1年だった。長らく離れて住んでいるので父親が亡くなった実感は少ない。いつもの様に実家に帰ると、おお帰って来たかとひょっこり顔を出しそうな気がしてならないのだが。前日の土曜日は母親方の伯母さんの1周忌、日曜日はウチの親父の1周忌。2日続いての法事に出席者が数人。

Dsc03298

前日は法事の後立派な所での食事だったが、ウチでは人数が少なかった事もあり実家で済ました。田舎なので車で来られた方がほとんどで、ノンアルコールビールを用意したが、ホンモノのビールをガバガバ飲んでいたのは自分とカミさんと弟の3人だけ。バタバタとしたが無事1周忌が終わって、オカンもホっとしていたみたいだったな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月19日 (土)

帰省。

Dsc03287

実家に帰省、ついでだからテント用の泥だらけだったグランドシートを持って帰って洗って干す。こういう所が一戸建ては便利だな、、、。

Dsc03295_2

午前中からお昼過ぎまで、親戚の法事に出かけてビールをたらふく頂いた。実家に帰ってから昼寝をして夕方になるといつもの実家のサロンまで。

Dsc03290

いつもの常連さん達のお話を聞きながらのんびりと。麦焼酎のパックを2個とらっきょう頂いてお勘定は380円とやっぱり安いな、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月18日 (金)

飲み過ぎ、、。

Dsc03266

天満で飲みのお約束があったのだが、ちょっと訳あって事務所を早く出たため1時間前に天満に到着。どうやって時間を潰そうかと考えたが、フライングして飲む事しか思いつかなかったので取りあえずビールを行っとく。それでも30分余ったので焼酎も1杯程。その後駅前周辺を調査しながら、待ち合わせの駅まで。

Dsc03267

居酒屋は結構空いていたのだが、みなさん立ちたいみたいなので中崎町まで。久しぶりに夜の稲田酒店に行ったら凄い込み様でちょっと驚いたけど。その後遅い時間ながら堀内酒店が開いていたのでハシゴさせてもらう。

Dsc03269

待ち合わせの時間待ちにこちらに行けばよかったと、少々後悔していたのが頭の中に残っていたみたいで一人になってから行ってしまった。

Dsc03270

ずーっと前から行きたかったお店だったが、すっかり飲み過ぎていたのであまりよく覚えていない。どーやって帰ったのかな?サイフの中にタクシーの領収書が入っていたが、何だか中途半端な金額。電車には乗れたみたいだが妙な駅に途中下車した模様。その駅にも行きたかったお店があったのでひょっとしたら行ってみたのかもしれないな。いつもの事ながらすっかり飲み過ぎた、、、。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年10月17日 (木)

酒屋で寄席。

Dsc03247_2

先月お店に行った時にお誘い頂いた、お店の3階での「第1回中津キッタ寄席」に行ってきた。

Dsc03256

何処から3階へ行くのだろうと思っていたら、お店の入口横に暖簾が出てるし。

Dsc03248

6時30分開演の10分前に到着したが、お客さんは半分くらい。それでも次から次へとお客さんがいらして、あっという間に満席になった。あまり寄席とかに行く事が無いのでとても新鮮だったのと、身近で噺が聞けるのも良かったな。

Dsc03250

お噺の後には素晴らしい舞踊も見せて頂いたり。

Dsc03258

1時間の寄席が終わってからは1階のいつもの立ち飲みに移動。立ち飲みは普通に飲んでいらしたところに、3階からたくさんの人が流れ込んだものだからお店の中は大混雑。なのでアテもあっという間に無くなっていた。

Dsc03259

しかし気になった事に、いつものO西さんがいらっしゃらない。女将さんと見た事のないおばちゃんの2人で、O西さんの様なテキパキとした動きの無いおばちゃんに、余計にごった返しているみたいだ。そしていつもなら9時には暖簾を下ろして静かになるのだが、さすがにこの日はお客さんが全然帰らないものだから女将さんはウンザリされている様子で、終いには電気を消そうとされたりして、、、。

Dsc03263

さすがにその空気を感じられて、大阪締めで締める事に。

Dsc03260

左が林家藍染さん、右の女性が月亭天使さん。楽しい時間をありがとう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月16日 (水)

富山ブラック。

わざわざ富山まで来たと言うのに、ご当地グルメを食べないで帰るのは少々寂しい。ならば最初から調べておけばいいのに実は何にも考えていなかった。富山と言って思いつくのはラーメンの「富山ブラック」一度現地で食べてみたいと思っていたのに、何で調べて来なかったのかとかなり後悔した。でも今ではスマホという便利なモノがあるので簡単に調べられると思ったのだが、実は自分はスマホの操り方がよくわからないのだ。単純にパソコンと同じ様にスマホで「富山ブラック」を検索してみたのだが、その中で人気の店を検索するとすぐに違うページに行ったりしてイライラするのだ。

Dsc03242

何だかわからないうちに出てきたお店に行ってみると「手打ワンタンメン」あれ?店の前のメニューを見てみると富山ブラックのメニューは見当たらない。何でこの店が出てきたのかよくわからないが、何かのベスト3位となっていたので来てみたのだが、、、。

Dsc03243

何か歴史のあるお店の様だけど、、、。

「富山のラーメンの原点  創業昭和6年、守りつづける毎日手作りの味」

昭和6年初代夫婦(現在は三代目)が、屋台から創業、古くからのお客様からは「柳の下」の愛称で親しまれています。開業当時から現在まで時流に流されず、こね・伸し・切り、全工程が手作業の正真正銘の手打麺と、鶏がらと煮干でとるあっさりスープというスタイルをかたくなに守っています。これが長年多くのお客様から支持を受けている理由だろうと思います。麺は毎朝その日の状況に応じて、小麦粉・塩・かん水・水温を調整して、ツルツルしこしこもちもちの手打麺ならではの食感を求めて打っています。スープは、極上の煮干と新鮮な鶏がらで「スープは、フレッシュさが一番」をモットーに毎日丁寧に、だしをとっています。店内は広く、小上がりも充実して、大勢の家族連れにも安心してお食事いただけます。幅広い年代のお客様で、毎日賑わっております。(ホームページより)

「富山のラーメンの原点」となると入ってみたくなると言うもの。わざわざ富山まで来たのだから、こう言う歴史のあるお店に入るのも悪くないなと入ってみる。店内は割と広くてお客さんもたくさんいらした。ただしメニューを見るとラーメン以外にそばやうどん、カレーに丼となんでもアリの定食屋さんのようだ。

Dsc03245

注文したのはワンタンメン大盛り820円。並の中華そばにワンタンが5個入っているらしい。麺はちょっと平打ちの見るからに手打っぽいし、出汁は優しい味と言うのはよくわかるがあまり特徴がないかな。昔ながらの定食屋の醤油ラーメンは好きなのだけど、こちらは別の言い方をすると全然パンチの無いあまりにも期待していたモノとかけ離れていた中華そばだった。ワンタンは皮が柔らかくてスープの中で溶けてしまっていてレンゲですくい集めて食べる感じで印象が薄い。非常に残念な結果となってしまったが、昔ながらの=素朴な味と言う事か。すべて自分が検索した結果だから仕方ないけど、、、。

History_im3

事務所のパソコンで検索したら、すぐにこんなのが出てくるのに、、。自分としてはこんな「富山ブラック」が食べてみたかったな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月15日 (火)

のんびり撤収。

夕飯はワインでパスタの予定だったが、日が落ちてから急激に寒くなったので早めに切り上げてテントの中に。早々に寝たのだが夜中に寒くて何度も目が覚めた。日曜日夕方は風呂に入ってから後は帰るだけだからと長袖のTシャツを着たのだが、その前まで着ていたメリノウールと違って全然暖かくない。その上にフリースを着て寝袋に入っていたけど、足下も寒いので途中からシェラフカバーに入ったら何とか足下はマシになったので、上はフリースの下にミドルジャケットを着たら暖かくなった。

月曜日:
暗いうちからテントの外の結構な足音で目が覚める。トイレに行くのに外に出ると明かりのついたテントがチラホラ。サブザックで出かけて行くお方もいるし。

Dsc03226

シェラフの中でゴロゴロしていたが、隣のアニキも起きて来られたのでコーヒーを入れる。のんびりとコーヒーを飲んでいると周りの方達はイソイソと撤収されていた。

Dsc03228

こちらは後は帰るだけなので、のんびりとグランドシートを乾かせてからテントを畳んで撤収の準備。

Dsc03230

朝ご飯は前日食べれなかったパスタを湯がく。昨日下山後にバッタリお会いしたShallowおじきも来て3人でのんびりと。

Dsc03231

パスタは結構な量だったが美味しく頂いて、余っていたベーコンと卵をおじきが炒めてくれたので、持ってきた食料も大体なくなったかな。

Dsc03234

後は片付けをしてザックにすべてを押し込んで、下って来た石段を上り返す。この石段が結構長くてキツイのだけど、食材とかが無くなって少しザックが軽くなったからら意外とテンポよく上る事が出来た。

Dsc03237

振り返ると暖かい日差しの中に立山連峰がどっしりと見える。また来たいなと思えるいい山だったな、、、。

Dsc03238

来た時は白くモヤっていたので周りの風景は全然見えなかったのに、こんなに美しい池もあったんだね。

Dsc03240

ターミナルに近づくに連れて観光客の数の方が多くなっていく。大きなザックを背負っているのを異様な目で見られたりもする。自分自身もこんなザックを背負うなんて思ってもみなかった。数年前までなら自分も普通の観光客で、「何処まで行かれていたのですか?えー!あのお山のてっぺんを歩いていたのですかーっ」と腰を抜かしていたに違いない。

Dsc03241

最初65Lのザックに荷物を詰めて背負った時に、こんなの担いで歩けるのかと思ったのだが、今ではコレを担いでいる自分が好きだったりする。家に帰るとカミさんから「いつ見ても凄いカッコやな」と言われるのが、実はうれしかったりするのだ。ガハハのハ〜〜。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

立山縦走。

Dsc03131

日曜日:
外に出てみると一面は銀世界とはいかないものの、結構白く覆われている。話しによると北アルプスの初冠雪だったらしい。当初の予定では紅葉の立山のはずが紅葉の時季はもう終わっていて、秋からすっかり冬へと季節が変わってしまっていた。

Dsc03132

軽く朝食をすませてからテン場へ出発。ヒュッテにはすっかりお世話になったな。

Dsc03135

しかし足下は積もった雪が氷りついている感じで、バリバリ言わしながら歩いて行く。

Dsc03137

この日は向かいに見える立山連邦を縦走する予定。

Dsc03139

テン場の水たまりはすっかり凍っていた。

Dsc03141

ガラガラのテン場に手早くテントを設営して、必要最低限の荷物をサブザックに詰め込んで出発。

Dsc03142

左回りか右回りかどちらにするか少し悩んだが、まずは一ノ越を目指して立山から最後に別山を回るコースに決定。

Dsc03145

話しには聞いていたが、こちらからのコースはターミナルからの観光客と一緒になるルートで途中から大混雑に。足下の雪が踏み固められてツルツル滑って危ない危ない。

Dsc03146

渋滞の中、一ノ越に到着。

Dsc03149

ここからてっぺんを目指して登り始めるが、人が多いのと滑るので結構ビビリながら登る。秋の立山を想定してきたのでアイゼンを持って来なかったのが失敗だった。アイゼンさえあれば渋滞を横目にドンドン登れるのだが、、、。

Dsc03151

そして山頂に到着。結構な渋滞だったが山頂は大賑わい。

Dsc03152

Dsc03153

写真ではこのパノラマが表現出来ないのが残念だ、、、。

Dsc03156

雄山から大汝山、富士ノ折立を望む。これから縦走が始まるのだ。

Dsc03168

大汝山まではターミナルから来た観光登山客も多かったが、その後はしっかり縦走される方のみとなる。それでも時々連なりながら進んで行くのだが、、、。

Dsc03172

Dsc03175

Dsc03182

やっぱり写真ではこの風景の凄さが伝わらないな、、、。

Dsc03188

一度下って別山に上り返す。これからの上りが結構ハードだったけど。

Dsc03192

何とか山頂まで、振り返るとよく歩いたものだな。

Dsc03199

そして目の前に現れた剣岳をバックに記念撮影。来年はてっぺんに行かせてもらうからよろしくね。しかし恐ろしい程の大迫力なのに、写真で見ると何ともないのがホント残念だ。

Dsc03204

後はとにかく下るだけ、ひたすら歩いて無事下山。

Dsc03207

朝出る前に石のテーブルの下に氷を乗せておいていた缶ビールが、キンキンに冷えたままで感激。下山してすぐに冷たいビールが飲める幸せ〜。

Dsc03208

ヒュッテの風呂に入った後に、ジョッキで生ビールが飲める幸せ〜〜。

Dsc03214

夕焼けに染まる立山連峰。あのてっぺんをホントに縦走してきたのかと思うと、何とも言えない気持ちになった、、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の初日。

Dsc03102

土曜日:
またまた65Lのザックを背負って北アルプスの秋の立山まで。空はハッキリしない曇り空だったが、この日の現地の天気予報は80%雨。3連休3日間とも雨なら最初から断念していたが、日曜と月曜は晴れる様子なので迷わずに決行。5時に集合して出発したが高速での渋滞はなく、高速を出て買い出しをしてからゆっくりと立山駅に到着。

Dsc03104

ロープウェイ駅で待っていると目的地の室堂の現在の映像が出ているのだが、白くモヤっていて全然見えないし、すでに雨も降っている様子。

Dsc03109

美女平からバスに乗り換えるが、窓の外は白くガスっていて5m先はまったく全然見えない状態で段々雨も降ってきた。

Dsc03110

室堂ターミナルに到着するが、やはりかなりの雨、、、。

Dsc03111

なので観光客は外に出る事が出来なくて、ターミナル内は観光客と登山客でごった返していた。

Dsc03112

取りあえず立ち食いの「立山室堂そば」の列に並んで、お昼ご飯の山菜そばと立山名物鱒の寿し。

Dsc03113

一度外に出て様子を見てみたが雨はどんどん酷くなる一方なので、諦めてカッパを取り出し覚悟を決める。

Dsc03114

テン場に向けて出発するが、雨は激しいし横風が強くて寒い寒い。こんな状態でテントを張る事が出来るのか?かなり不安になりながら歩き出したのだが、、、。

Dsc03115

かなりモヤっていて下のテン場の様子もよくわからない。

Dsc03116

果たしてこの状態でテントを設営されているお方がいるのかと思いながら、あまりの寒さに山小屋へ逃げ込むおっちゃん達。

Dsc03120

ここ雷鳥沢ヒュッテの大部屋はまだ空いている様なので、軟弱なおっちゃんは早々にテン泊は断念して泊めて頂く事に。しかしこの判断はどう考えても正解で、早い段階に決めて良かったと思う。

Dsc03117

大部屋を見渡すと丁度2段の布団置き場の下に、2つ布団が用意されていたので場所をキープ。その後次から次へと雨のためテント泊を断念されたお方達が増えてきて混雑してきたが、この場所は個室の様で快適快適。

Dsc03118

雨に濡れたカッパや靴は下の乾燥室に置いてきて、まずはビールを1本行っとく。

Dsc03123

その後まだ空いていた小屋の風呂にゆっくりと浸かってから、玄関横のテーブルで夕ご飯の支度をして、またまたビールを飲んで焼酎飲んでの宴会が始まるのであった。あー幸せだ。

つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月12日 (土)

行ってきます。

Dsc03100

アレレ、、またまた行ってきます(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月11日 (金)

お久しぶり。

最近ちょっと遠ざかっていたのでお久しぶりに行ってみた。

Dsc03087

相変わらず鮮やかな暖簾が際立っている。

Dsc03088

どこへ行ってもこの時期アテは冷奴。割と早い時間に訪れたのだが、ゼンマイ仕掛けのおじーちゃんが見当たらないのが気になった。

Dsc03090

こちらの焼酎は前割りで、ちょっと珍しいかも。グラスに2杯分、お店の大将とお山のお話をしながらのんびりと。

Dsc03098

で、帰りに少々飲み足らなくていつものサロンまで。常連さん達もすっかりお店に馴染んできたみたいだったな、さて明日から3連休だ、ムフフフ、、、。

| | コメント (2)

2013年10月10日 (木)

仙介〜。

暇や暇やでどーしょーうかと悩んでいたら、以前から話のあった難しい仕事の連絡が入った。それもややこしさがバージョンアップしているし、、、。アレコレ考えていたら段々気が滅入ってきたので山小屋へ避難。いつもの場所より少し奥に入れそうだったので入れてもらうと、お隣りのお客さん何か見覚えがあるぞ?二人して見つめ合ってお隣さんも考えていらしたが、よーく見たら泉酒造の営業部長さんやった。

Dsc03084

それからは色々と話が盛り上がって、ついでだから共通の友人の後輩ちゃんも呼び出そうと連絡を取ってみたが、既に家の近くまで帰っていらして残念。泉酒造の営業部長さんと一緒なのでビールの後は“仙介”を頼もうかとも思ったが、まぁええかといつものキープしている焼酎を飲んでいたけど、さすがに営業部長さんは仙介を頼んでいらした。そして仙介を2杯飲まれた後は、やはり泉酒造さんの“泉姫”と言うゆず酒をロックで。最近では駅前ビルの山長さんにも“仙介”を置かれる様になったらしくて、大阪の色々な酒屋さんにも営業に行きたいそうだが、肝心の商品が品薄で営業に出れないと話していらした。と言う事で営業部長さんに代わりまして、まだ飲まれた事のない方はぜひ泉酒造の旨い“仙介”をお試しください。、、、と宣伝しておきますね!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月 9日 (水)

祝!新サロン。

Dsc03082

いよいよ今週から新しいサロンがスタートした。何としても初日に行きたかったので北アルプスを早めに出て、家に帰ってからテントを干したりシートを洗ったりしてザックの中を空っぽにして陰干しして、イソイソとサロンまで。
おお!堂々とした看板がカッコいい、大きなガラスで明るい店内もよく見える。そして店内は常連さん達で溢れかえっていた。

Dsc03080

お店は初日とあって大繁盛。L型になっている店内の奥がでテーブル席でテーブル5席。岸辺の本格角打ちの常連さん達も入らして楽しそうに飲んでいらした。

Dsc03081

10気筒も健在。出来上がったばかりなので少々殺風景な感じだが、時が経つに連れて段々味が出て来るのだろうな。まだ何が何処にあるのかよくわからなくて、バイトのおっちゃんテンパって戸惑っていた。大将も嬉しそうにされていたので、いつもこれくらい繁盛するといいですね。さて、自分の立ち位置を何処にするかこれからじっくり吟味しようかな、、、。

Dsc03054

先週の金曜日、やっぱり最終日も行ってきた。ホントいいお店だったな、これからは新しいサロンでよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月 8日 (火)

パノラマルート。

当初の予定では1日目は横尾でテン泊して、2日目に涸沢に移動してテント設営後、奥穂高に登頂してから涸沢でテン泊。3日目はただただ下山の予定だったのだが、下山コースのパノラマコースが気になって仕方がない。ただし65Lのザックを担いでのこのコースで下山の自信が無い。それなら横尾をベースキャンプにすれば、軽いザックで涸沢からこのコースで帰れるし。今回は紅葉が目的なのでパノラマを楽しんでみようかと。

P1030371_2

どうしようかと悩んでおられたご夫婦の横を躊躇しないで紅葉の中に一人進んで行く。

P1030373_2

前に数人歩いておられたので付いて行く感じ。

P1030375_2

段々ヒュッテが小さくなっていくのを、何度も何度も振り返りながら、、、。

P1030381_2

少しすると情報に出ていたロープ場が出てきた。どうも涸沢で飲んだ生ビールと缶ビールが利いているのか、体が谷側に引き寄せられている感じがしてちょっとビビる。

P1030383_2

すっかりヒュッテも見えなくなってきた。

P1030390_2

ちょっと渋滞、またまたロープ場。初めてだと少々ビビるかもしれないが、いつもの六甲でこういうのも慣れているので大丈夫。

P1030392_2

横を見るとひょっこり槍が覗いている。

P1030402_2

アップダウンを繰り返してやっとこさ尾根道に到着。

P1030413_2

大きなザックを担いでいる人は、ここにザックを置いて屏風の耳に行かれる。

P1030424_2

最初間違えて、こちらが耳かと思ったらサイのセナカだった。

P1030418_2

右を見てみたらもう一つ先に人が数人立っているのが見える。とりあえず移動食を食べてからもう一度上り直す事に。

P1030441_2

屏風の耳に到着。確かに穂高の素晴らしい大パノラマが広がっている。

P1030442

P1030444

ズームアップで槍もしっかり見えていた。必ず行くから待ってってね。

P1030447

反対側の眼下には横尾が見える。ここで15分くらいぼーっと景色を眺めてから新村橋を目指して下山。ここからの下り道が長い長い。雰囲気が六甲によく似ている場所が数カ所あったな。

P1030459

思った以上に長かった下りでゲッソリしているとやっと出てきた新村橋。

P1030461

このルートで涸沢まで行くのも有りなのだけど、、、な。ここからまた横尾までの道が辛い辛い。やっぱりこのルートなら徳沢をベースキャンプにすれば良かった。

P1030464

やっとこさ横尾に帰ってきてすぐにビールロング缶を1本。

P1030467

そして後は晩飯で飲むだけ。昨晩にバーボンをほとんど飲み干していたので赤ワインを買ってきた。もちろんビールも追加で日清焼きそばをアテに。ワインにはペペロンチーノで。その後明神岳をアテにワインを空けて、空き瓶を返しに行くついでに日本酒買って、熱燗を煮ぬきでいただき気がついたらテントで寝ていた。夜中にトイレに行ったら星空が素晴らしかったな。

P1030492

朝ご飯はパンにクリームシチューと目玉焼き。ゆっくりコーヒーを飲んでからのんびりとテントを片付けて出発。

P1030508

そしてダラダラと上高地まで一気に。平日なのに涸沢へ向かう人もかなり多かったが、観光客はさすがにそんなに多くはなかったかな。ソロも悪くないなと思う気持ちと、ガヤガヤ話しながらのグループでのキャンプも素晴らしいお山があればこそ。今度はもう一歩先にチャレンジして行こうと思う。

今回の酒代:
1日目、缶ビール500円+第三のビール400円+ロング缶700円
バーボン1本は持ち込み。
2日目、生ビール800円+缶ビール500円+ロング缶2本1400円+ワイン1本2000円+清酒500円
トータル5000円 6800円!山行には酒代がかかりますな、、、。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

涸沢カール。

日曜日:
朝3時頃から目が覚めていたが寝たり起きたりで、周りもガヤガヤとして来たので5時前に起きてテントの中でクリームシチューとパンを食べて、ゆっくりとコーヒーを飲んでから涸沢に向けて5時半に出発。

P1030310_2

朝陽を浴びたお山が金色に輝いている。

P1030311

威風堂堂とした屏風岩、見とれてしまうな。

P1030312_2

そして段々と、美しいお山達が見えて来る。

P1030315

昨年5月に来た時には無かった夏ルートの橋がコレなのね。ここから上りが始まるが、下山の人が多くて驚いた。やはり土曜日は混雑していたみたいだな。

P1030320

P1030323

P1030325

P1030328

P1030329

後少し、、、。

P1030332

涸沢ヒュッテに到着。そしてそして、、、、。

P1030335

ジャジャーン!とうとう涸沢カールに到着〜〜!

P1030345

もう、言葉になりません、、、。

P1030334

そして生ビールにおでんを頂く、、、。

P1030347

P1030350

涸沢小屋にも行ってみる。

P1030352

テントの数も段々少なくなってきた。やはりテントを担いで来るべきだったかなと少し考えてしまったが、今回はのんびりユルユルのソロなので気にしない。

P1030354_2

時間がまだ早かったので奥穂高にチャレンジも出来たのだけれど、それは来年に取っておくね。

P1030341

ああ、念願の紅葉の涸沢カール。この美しい風景を一生忘れない、、、。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年10月 7日 (月)

恐る恐るソロ。

初めてのソロで北アルプスまで。と言っても一人なのでお気楽に行程を自由にその時の判断で。

P1030278

土曜日:
5時に出発予定が色々とあって5時半に出発。その上あまりに眠たかったので多賀SAで仮眠をとったので大きく予定変更。しかし思った以上にあかんだな駐車場は空いていて拍子はずれ。

P1030279

ガランガランの9時20分発のバスで上高地まで。

P1030281

雨は降っていなかったが、曇り空であまりお山がよく見えない上高地。

P1030283

明神までの道程には猿がたくさんお出迎え。

P1030285

小猿が怯えながらキューキュー鳴くのが可愛らしい。

P1030286

曇り天気ながらお山を見ながら歩くと、気持ちが段々高まって来るな。
P1030288_2

明神では短パンの外人のおねーさんも見かけたりしたが、ちょっと後ろから写真を撮るのは躊躇したりして。

P1030290

徳沢のテン場もまだ空いている感じ。ここにベースキャンプを張ろうかと少し悩んだのだけど、時間もまだ早いのでそのまま進む。

P1030291_3

横尾のテン場に1時前に着いて、そのまま涸沢まで行ってもよかったのだが混雑はイヤなのと、ユルユルのソロなのでここでテントを貼る事に。受付で何泊ですかと聞かれて日曜日の天候で判断しようと思っていたのに、思わず2日と言ってしまった。

P1030292

もーとにかく喉が渇いているので、テント設営後にすかさずビール500円。

P1030293

腹も減っていたのでラーメンをいっとく。

P1030295

500円のビール価格にビビって、続いて400円の第三のビールを頂く情けないおっさん。

P1030296_2

今回初めてのフライパンの出番で野菜炒め等を作ってみたり。

P1030297

もちろん夕飯にはビールロング缶700円をいっとく、やる時にはやらんとな。

P1030298_2

少し残った野菜とウインナーを焼いて続いて酒のアテに。

P1030299

明神岳を酒のアテにのんびりと。

P1030301

何故だか知らないがサラダも買っていたので、ボトルに詰めたバーボンのアテにしてすっかり飲み過ぎてしまった。
明日に続く、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月 4日 (金)

最後のサロン。

多分本日は行く事が出来ないと思うので、自分としては昨日が最後になるであろういつものサロンに行ってきた。

Dsc03021

お店に入ってすぐにコメントを頂いていた後輩ちゃんがやって来たので2人で乾杯。少しすると隣にあまり見かけないお客さんがいらして、入店して注文は迷わず赤星と。こちらのお店に赤星が置いてあるのがご存知と言う事は、、、と少し考えていたら今度はタケさんがやって来られた。バイトのおっちゃんも交えて4人で呑んでいたが、どうにもお隣のお方が気になったので話かけさせてもらったら、やっぱりブログにコメントを頂いていたおはるさんだった。思った以上にお若い方だったので、違うかなと思ってしまってご挨拶が遅れててすみません。

Dsc03023

すっかり話も盛り上がって、バイトのおっちゃん得意のにごり酒を3つに分けてるし。いつもと同じ様に呑んでいるとあと2日でこのお店が無くなるなんて想像出来ないのだが、店に入る前に新しい店舗を少し覗かせてもらったら内装の準備もすっかり進んでいた。

Dsc03026

寂しいけど仕方ないですよね、新店舗に変わってパワーアップして下さいね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

であーる。

10月に入ってすっかり暇であーる。電話も鳴らないのであーる。メールも来ないのであーる。これは困った事であーーーる。なので少し早めに事務所を出て、最近入った情報を元に調査に行ってみたのであーる。

Dsc03003

ホントにあったのであーる。

Dsc03006

値段も一緒なのであーーーる。

この日はいつものサロンに行く予定だったので、場所の確認だけのつもりだったのだが時間が少し早かったのでビールを一杯だけ頂く事に。店内は長いカウンターのみ、おっちゃんが一人で準備をされていた。もう呑めますか?とお聞きするともう一人がまだ来ていないので料理はまだだと言われたが、こっちも長居をするつもりも無かったので丁度いい。ビール大瓶赤星とスパサラを頂いた。店内は誰もいなかったのでいつもの様にこっそり写真を撮ろうと思ったら、携帯電話の使用禁止の張り紙の下に撮影も禁止と書いてあったので写真を撮るのは止めておいた。おっちゃんに聞くと4月にオープンしたらしい。つい先日この店の2件隣に昼食を食べに来たのに全然気がつかなかった。

しかしこちらのお店は本店は天満の駅前だし、もう1軒も梅田の駅前ビルやし、西区に出来たと言う情報から肥後橋や本町ではないかと推測していたが、意外な場所で少しビックリした。ウチの事務所からは自転車で5分程だが、わざわざ呑みに行くにはバスじゃないと行けないちょっと交通の便は良くないところ。まぁ、おかげで駅前の様な混雑は無いかと思うけど、、、。

店を出たらもう一人のお方が自転車でやって来られた。よく見ると駅前店で厨房にいたにーちゃんで、先日駅前に行った時に居なくなっていたのが気になっていたのだが、こちらに移動されたみたい。これでお気軽にまたこちらへ行けるのであーる。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年10月 3日 (木)

お祝い。

いつも仕事でお世話になっている先輩カメラマンさんの、50代最後のお誕生日のお祝いを仕事仲間達で。

Dsc02999_2

福島の路地裏、こちらは自分は初めて行ったのだが結構な有名店の系列らしい。

Dsc02987_2

普段立ち飲みで千ベロを目指している身分としては、少々敷居が高そうに見えるが値段はそんなに高くなくてリーズナブルだそうだ。まあ立ち飲み価格と一緒にしたらいけないのだけれど。

Dsc02989_2

初めてのお店なので注文は皆さんにお任せして、自分は飲んで食べて話して。

Dsc02990_2

しかしながら、皆さんいいお歳になってきたので話題の内容がすっかり変わってしまった。以前なら車の話やバイクの話が中心で後は何処そこのお店が美味しいとかの情報交換だったのに、今や血圧がどうとかコレステロールがどうとか。趣味もすっかり変わってしまってランニングの話やお山歩きの話等々。

Dsc02993_2

それでも飲ん兵衛ばかりなので生ビールの後は白ワイン4本に赤ワイン3本を空にして、お店からのお誕生日のお祝いのケーキを頂く。

Dsc03000

皆さんにお会いするのは久しぶりだったけど最近はFacebookでお互いの行動を知っているので、そんなに会ってなかった感じはしなかったがやっぱり集まって飲むのは楽しい。

Dsc03002

満席だったお店もお客さんはすっかり帰られて自分たちが最後のグループ。お店を出てから皆さんもう1件ハシゴに行かれたが、自分は終電ギリギリだったのでここで帰らせいてもらった。多分残っていたら事務所に泊まる事になっただろうな。楽しい時間をありがとう、これからもよろしくね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年10月 2日 (水)

あと3日。

Dsc02982

毎日の様に通っていたサロン、訳あってここのところ毎日と言う事ではなくなって週2〜3回くらいかな。

Dsc02964

すっかりこちらのお店でも定番化してきた赤星を頂く。しかし、お店の移転のお話は前々から聞いていたのだけど4日ぶりにお邪魔したらあちこちにお知らせの張り紙が。

Dsc02965

Dsc02966

あまりに急で驚いたが、今週土曜日はお休みして土日で新店舗に移転されるらしい。

Dsc02975

この素晴らしいお店で飲めるのは、あと3日だけとなってしまった。

Dsc02976

奥のテーブル席を貸り切って角打ち学会のみなさんと飲んだのが懐かしい。最後にもう一度皆さんに声をかけて“岸辺の夕べ”をしようと思っていたのだが、もっと早くに行動しておくべきだったと悔いが残る。

Dsc02977

あと3日間しか無いので毎晩でも通いたいのだが、今晩は友人の誕生記念パーティの約束が入っているし、金曜日は夕方から枚方で打ち合わせで、その後担当者と飲みに行く約束もあるしでサロンに行けるのはもう明日だけとなってしまった。

Dsc02980

もう最後だからとご近所の会社の方達もいらしたが、お店が移転するだけでお店が無くなる訳ではないのだけど。

Dsc02983

それにしても、寂しくて仕方ない、、、、。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年10月 1日 (火)

色々と。

なんやかんやと考える事が色々あって、いつものお店で一息つく事にする。

Dsc02958

いつもの芋焼酎が切れていたので、代わりに麦焼酎を頂く。お店のバックミュージックは大将の素晴らしいご趣味のJAZZ。野球の無い日はJAZZがかかっている事が多い。初めてこられた方ならお店とのギャップに驚かれるかもしれないが、昭和なお店に実にマッチしているのが不思議。いい音楽を聴きながら、おかげさまでのんびりする事が出来た。

お山の情報ではそろそろ紅葉は見頃になってきたらしい。

Image_2_3 Image_2

左が27日の金曜日の写真、右が本日10月1日の写真でお山行きを延期したかいがあったと言う事か。今週末の天気が心配だが楽しみで仕方ない、、、。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »