« 立山縦走。 | トップページ | 富山ブラック。 »

2013年10月15日 (火)

のんびり撤収。

夕飯はワインでパスタの予定だったが、日が落ちてから急激に寒くなったので早めに切り上げてテントの中に。早々に寝たのだが夜中に寒くて何度も目が覚めた。日曜日夕方は風呂に入ってから後は帰るだけだからと長袖のTシャツを着たのだが、その前まで着ていたメリノウールと違って全然暖かくない。その上にフリースを着て寝袋に入っていたけど、足下も寒いので途中からシェラフカバーに入ったら何とか足下はマシになったので、上はフリースの下にミドルジャケットを着たら暖かくなった。

月曜日:
暗いうちからテントの外の結構な足音で目が覚める。トイレに行くのに外に出ると明かりのついたテントがチラホラ。サブザックで出かけて行くお方もいるし。

Dsc03226

シェラフの中でゴロゴロしていたが、隣のアニキも起きて来られたのでコーヒーを入れる。のんびりとコーヒーを飲んでいると周りの方達はイソイソと撤収されていた。

Dsc03228

こちらは後は帰るだけなので、のんびりとグランドシートを乾かせてからテントを畳んで撤収の準備。

Dsc03230

朝ご飯は前日食べれなかったパスタを湯がく。昨日下山後にバッタリお会いしたShallowおじきも来て3人でのんびりと。

Dsc03231

パスタは結構な量だったが美味しく頂いて、余っていたベーコンと卵をおじきが炒めてくれたので、持ってきた食料も大体なくなったかな。

Dsc03234

後は片付けをしてザックにすべてを押し込んで、下って来た石段を上り返す。この石段が結構長くてキツイのだけど、食材とかが無くなって少しザックが軽くなったからら意外とテンポよく上る事が出来た。

Dsc03237

振り返ると暖かい日差しの中に立山連峰がどっしりと見える。また来たいなと思えるいい山だったな、、、。

Dsc03238

来た時は白くモヤっていたので周りの風景は全然見えなかったのに、こんなに美しい池もあったんだね。

Dsc03240

ターミナルに近づくに連れて観光客の数の方が多くなっていく。大きなザックを背負っているのを異様な目で見られたりもする。自分自身もこんなザックを背負うなんて思ってもみなかった。数年前までなら自分も普通の観光客で、「何処まで行かれていたのですか?えー!あのお山のてっぺんを歩いていたのですかーっ」と腰を抜かしていたに違いない。

Dsc03241

最初65Lのザックに荷物を詰めて背負った時に、こんなの担いで歩けるのかと思ったのだが、今ではコレを担いでいる自分が好きだったりする。家に帰るとカミさんから「いつ見ても凄いカッコやな」と言われるのが、実はうれしかったりするのだ。ガハハのハ〜〜。

|

« 立山縦走。 | トップページ | 富山ブラック。 »

お山」カテゴリの記事

コメント

いや~、ほんとに偶然でしたね(笑)
冗談はおいといて、今回は勝手な行動させてもらってすんませんでした。
また一緒に行きましょう。

投稿: Shallow | 2013年10月15日 (火) 17時14分

アニキもとうとう岳人ですね。山にお誘いしたことがこの先もずっとよかったと思える山行にしてねー。自分にも言えますが、やばい領域を越えないためにも、、、。

投稿: ロラお | 2013年10月15日 (火) 19時45分

● Shallowおじき、こんにちは。
いえいえ、別に何ともありませんでしたが、
やっぱり料理長が居てくれた方がいいかな〜と(笑

投稿: uechicchi | 2013年10月16日 (水) 09時35分

● ロラおアニキ、こんにちは。
観光客の人達を見ていて自分は別の世界の人なのかと
客観的に見ている自分がそこにいました。
誘ってもらってありがとうございます、
いつまでも楽しく行きましょうね!

投稿: uechicchi | 2013年10月16日 (水) 09時39分

お疲れ様でしたね。
しかしアニキ歩くのが早くてまいりました。もうついていけませんわ(笑)

投稿: さかじい | 2013年10月16日 (水) 10時06分

● さかじいアニキ、こんにちは。
ずーっと運転して頂きありがとうございました。楽しかったですよね!
縦走の時はアニキの速さに付いていけなかった自分ですよ(笑

投稿: uechicchi | 2013年10月16日 (水) 12時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1814730/53610713

この記事へのトラックバック一覧です: のんびり撤収。:

« 立山縦走。 | トップページ | 富山ブラック。 »