« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

関西最高峰へ。

ナメていた訳ではないのだが、登山口まで到達出来ないとは思わなかった。

Dsc03844

思っていた以上に雪が積もっているし凍っているので、スタッドレスを履いていないためドライビングに少々自信の無い自分はビビってしまって、相談して少し手前で車をデポして登山口まで歩く事に。ここで予定より1時間近く遅れる事になるとは、、、。

Dsc03846

登山口までかなり歩く事になったが、少し先の坂道ははもっと凄くてノーマルタイヤで上って行かなくて良かった。

Dsc03850

結構歩いて登山口に到着。行者還トンネル横の駐車場には既に十数台の車が止まっていたが、みなさんスタッドレスかな?登山届けを出して、関西最高峰1915.1mの八経ヶ岳に向けていよいよ入山。

Dsc03852

歩き出したら足下は雪がかなり積もっている。アイゼンを装着するのを様子を見ながら慎重に進む。

Dsc03853

結構ハードな登りを越えたら広がる樹氷の銀世界。

Dsc03859

Dsc03865_2

辺り一面真っ白な美しい自然の景色に声が出ない。

Dsc03871

聖宝宿跡の理源大師像。真言宗の開祖・空海の孫弟子にあたる理源大師は、真言密教と奈良の大峰山での修行に励み悟りを求めたらしい。

Dsc03872_3

ここから少し歩いて長い木の階段が続く。途中から階段は雪に埋もれているがいつまで続くのか結構キツかった。

Dsc03873

Dsc03875

Dsc03877

そしてやっと弥山小屋に到着。

Dsc03878

Dsc03880

Dsc03881

Dsc03889_2

Dsc03892_2

ここで昼食を済ませて山頂の天河神社奥宮へ。弥山山頂1,895m。

Dsc03888

向かいに見えるのは関西最高峰の八経ヶ岳、もう少しなのだがここでタイムオーバー。お山の日が暮れるのは早いので、時間を考えて無理はしないでここで下山する事に。

Dsc03901

最高峰には辿り着けなかったが、この青空と白い雪の最高の景色が楽しめたので十二分に満足出来る山だった。ありがとう弥山。

Dsc03908

しかし、思った以上に下りがキツかった。北アルプスにも負けないハードな山行でした、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月29日 (金)

迷惑メール。

毎日毎日送られて来る迷惑メール。最近は自分の個人名でメールが送られてきてビビる。何処かで個人情報が漏れているのだろうか?メールアドレスが変わったから登録し直してねとか、同窓会を開催するから出欠の返事をしてねとか。宛先が誰だかわからないのに返信するわけないやん。

Dsc03839

前にも1億円振り込みますと言うメールが来た事があったが、今度は新手のメールがやって来た。諸々の事情で5800万円をあなたに振り込みたいと言う内容でまずは800万円振り込んで、後の5000万は銀行の手続きがややこしいので何回かに分けて振り込みますと。

Dsc03842

そんな旨い話しに乗るわけないやんとメールを削除したのだが、夕方になってまたメールが入った。心配しなくても大丈夫ですよ、あなたには何の迷惑をかけませんからと。心が弱っている中微妙な金額設定に思わず連絡しようかなと思ったりして、危ない危ない、、、。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年11月28日 (木)

厳しいな。

この日は朝から枚方で打ち合わせ。丁度12時に打ち合わせが終わったので朝からやっている立ち飲みの八幡屋に行こうかと思ったが、さすがに平日にそれをやってしまうと終わりやなと思い直して真っ直ぐ事務所に帰った。

Dsc03835

少ない仕事を片付けて駅前ビルまで。いつもの奥の席は満席で、ガヤガヤとした表のカウンター隅に立たせてもらう。相変わらずビジネスマンでいっぱいのこちらのお店、ちょっとうるさ過ぎて苦手だったが最近は何だか慣れてきた。

Dsc03836

いつもは普段着なのだけど、この日は打ち合わせがあったのでジャケットを着ていたので、自分も周りのビジネスマンと同じ様に見えるかな?普段はあまり耳にしない、周りのビジネスマンのお話しが何だかやたらと耳に入る。

Dsc03838

隣のお2人は自分よりかなり歳上に見えたが、話しを聞いていると自分より少し年下で退職金のお話しをされていた。かなりの額を頂ける予定みたいだけど、随分不満そうに話していらした。自分にはそんなモノは無いので60歳になったらどうなるのだろうか。後ろのお客さんは仕事の不満をタラタラと話しているし。お勘定を済ませて店を出て電車に乗ったが、やはり周りはビジネスマンでいっぱい。隣のお2人も仕事のお話しをされていたが、色々と大変みたいだった。どこも同じで仕事は違っても中々厳しいな。冬のボーナスの話しがネットに出ていたけど、そんなに景気がいいとは思わないのだけど、、、。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年11月27日 (水)

あうん。

Dsc03820

1週間ぶりにいつものサロンまで。テーブル席は満席で大将も忙しそう。少し早めに伺ったのだが、バイトのおっちゃんがまだ来ていなくてバタバタされていた。

Dsc03822

焼酎水割りと湯豆腐をお願いした所にバイトのおっちゃん登場。しかし、次から次へとテーブルのグループ客が帰りだしてバイトのおっちゃん20分程でバイト終了。早く帰ろうと思っていたのだが、悪いパターンで遅くまで付き合わされた。

Dsc03826

いつもの帰り道、最近出来た住宅を改装した様なお店。少し気になっていたのだが、バイトのおっちゃんは1度入った事があるらしい。

Dsc03827

揚げ物のお店らしくて、店内でも飲む事が出来る。値段も安いのでちょっと寄って見る事に。

Dsc03830

ガラーンとした店内は、ガレージを改装した感じ。奥で飲んでたおばちゃんは若い彼女のお母さん。揚げ物を揚げていたのは彼女の旦那さん。

Dsc03831

日本酒の試飲までさせて頂いたが、まるっきり儲ける気持ちが無い様な値段ばかりで、座り呑みながら帰り道に寄るパターンが多くなりそうな予感、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月26日 (火)

黒七味。

またまた立ち飲み日記が始まった。最近何故か月曜日はこちらのお店に立ち寄る事が多いのは自分でもよくわからないのだけど。空いてた所の隣のお方はパタゴニアのジャッケットにスカルパの登山靴。間違いなくお山に行かれている方だなと思いながらジャンバーを脱いで位置に着くと、こちらが話しかける前に声をかけらてビックリ。以前六甲に山歩きに行った時に話しかけられた、ブログ繋がりのお方だった。

Dsc03816

確かその時は眼鏡をかけられた方のはずで、眼鏡をかけていらっしゃらないので最初お話ししていても何処でお会いしたかわからなかった。でもちゃんと頭の上に眼鏡乗っかっていたけど。

そこからは色々とお話しさせて頂いた。こんなダラダラとしたブログを読んで頂いて繋がる事が嬉しいと思う気持ちと、何だか恥ずかしくもあったりして。

Dsc03817

焼酎としょうが天を追加注文された時に、徐に懐から出されてぱらっとしょうが天に振りかけられた黒七味にこだわりを感じる。美味しいアテをより美味しくする魔法のスパイス、ちょっと違うかもしれないが自分のマイとろろ昆布とからしに共通する所があるかな。少し頂いてみて美味しかったので今度自分も黒七味を探してみようと思う。

Dsc03818

そしてすっかり話しが弾んで楽しい時間を過ごす事が出来て、ちょっと落ち込んでいた気持ちを忘れさせてもらえた。こういう思いがけない出会いがあるのが嬉しいな、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月25日 (月)

淡路島ショート。

Dsc03786

立ち飲み繋がりのサイクリングにお誘い頂いた。7時40分にJR明石駅に集合と言う事で、車で行くか電車で行くか迷ったのだが帰りにビールが飲めるなと輪行に決定。6時過ぎに千里丘駅に着いて、バイクを輪行袋に詰めて予定通り電車に乗る。

Dsc03788

明石駅前でメンバー4人と合流して、淡路ジェノバラインまで。

Dsc03789

実はジェノバラインに乗るのは初めて。いつも車で淡路島に渡っていたのでかなり新鮮。でも自転車が少なかったのは、時間が遅かったからかな。

Dsc03792

この日は淡イチでは無くてショートカットのルート。それでも久しぶりのサイクリングなので付いていけるかちょっと心配していたが、結構早いペースで進んで行く。

Dsc03794

八幡の交差点で折り返し。ここの横にあるスーパーで昼食。

Dsc03795

まだ時間が少し早いため、お弁当の種類が少なかったのが残念だったが398円でこのボリューム。もちろんノンアルコールビールも頂く。

Dsc03797

昼飯食べたら余計にペースが上がりだした模様。最初は少し前に出て引いたりもしていたが、70kmくらいからふくらはぎが攣り出した。最近いつも100km前後で脚が攣り出すのが常習化しているのが気になるな。

Dsc03798

なのでズルズル一人旅。ゆっくりと走る分には大丈夫だけど、そのうち太ももの辺りも攣り出してきて港までたどり着けるか心配になる。

Dsc03801

少し休憩して後続の2人を待って、ちょこっとメンバーの用事を済ませて次の目的地まで。

Dsc03804

“炭焼あなご”が有名なお店。いつも大行列が出来ていて素通りしていたが、この日は比較的空いていたので初めて並んでみた。

Dsc03803

あなごは次々と焼き上がっていくのだが、予約のお客さんの用意が忙しくて中々並んでいるお客さんに回って来ない。田舎なのでのんびりとしているのかな。後ろに並んでいた自転車乗りのカップルは諦めて帰ってしまった。取りあえずお土産に2匹ゲット。

Dsc03808

無事トラブルもパンクもなく港に到着。しかし焼あなごをゲットするのに時間がかかったためジェノバラインは出た後で、40分ターミナルでのんびりと待つ事に。淡イチだととにかく走って走ってだが、この日はショートで110kmほど、なので気分的のもゆったり走れたのはよかったな。

Dsc03809

初めてのジェノバラインだったけど、何だか小旅行の気分が味わえてこれまたよかった。

Dsc03812

この後電車に乗って帰るのだが、車内は結構混んでいてビールなんか飲めるムードでは無かった、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月24日 (日)

もうビックリ!

Dsc03755

少しスタートが遅れたこの日、駅前はかなり空いている模様。天気がいいのに珍しいなと思っていたら、、、。

Dsc03758

この日はサラーっと黒岩へ行って帰ろうと思っていたので、岩梯子ルートを選んだのが大間違いだった。

Dsc03761

もう牛歩ですよ、牛歩、ホント。でも皆さんロックガーデンへ向かわれる訳で分岐を過ぎればガランガラン。ちょっと岩梯子で混んだけど、岩梯子は上らずに右のルートで進んだのでスムーズに黒岩まで。

Dsc03769

黒岩では老夫婦がいらしたが、直ぐに下りられたので黒岩独り占め。

Dsc03775

そして、のんびり熱燗を2合ほど。熱燗の季節になりましたな〜。

Dsc03778_3

暖かいカップ麺も美味しいし。

Dsc03781

色々と悩み事もあるけど、ここへ来るとそんな事を忘れさせてくれる。いい気分転換になってよかったな。

しかし、どーなってんねん六甲山。帰りにピラピラの服を着た手ぶらのおねーちゃん2人が上がって来るし、芦屋川駅に近づくとそれっぽい服装のカップルに、山へ行くのにはどう行くのですかと聞かれたり。この日、後で立山の雪崩の事を知って驚いた、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月23日 (土)

新たなサロン。

前々から何度か訪問して気に入っていたのだが、平日はディープな常連さんが多いので中々入りにくかったこちら。ハードルは高いのだが自分的には新たなサロンになるかなと思って久しぶりに入ってみた。

Dsc03742

お願いしたポテサラは250円でてんこ盛り。ビール大瓶400円は中津のお店と同じで、ちょっと酒屋にしては金額的には少し高めかな。

Dsc03748

湯豆腐は普通に美味しかったが、出来ればカバンの中のとろろ昆布を投入したかったところ。

Dsc03751

まだまだこれからやねとお母さんに言われてしまったが、こちらも自分的には新たなサロンへと頑張って行こうと思う、金額的には微妙だけど、、、。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月22日 (金)

週末。

Dsc03738

もう金曜日、やっと金曜日?早かった様な、長かった様な今週も何も無い1週間だった。

Dsc03740

最近お邪魔する回数が増えてきたこちらのサロン、のんびり呑んでいたらお久しぶりに自転車のお知り合いとバッタリ。こちらでお会いするのは初めてかな。色々と自転車のお話しを楽しませて頂いた。

さぁ、週末だ、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月21日 (木)

立ち飲みの呑み方。

寒い寒い!日に日に寒くなっている感じがする。天気は良くていいのだが風が冷たい。こうなると何処かで暖をとって帰りたいところ。真っ直ぐ帰ったらいいのに、これがまた帰れないのだな。

Dsc03733

中津のサロン、引き戸を開けたら大賑わいで驚いた。グループ客が多いみたいで手前のカウンターは空いていたけど。しかし、若いビジネスマンのグループがうるさいうるさい。やたらと盛り上がって大きな声で話している。居酒屋ではないのだから、もう少し静かに呑んで欲しいところだ。

Dsc03734

お隣の2人は良く見かける一人客の常連さんだが、端のおっちゃんが隣のおっちゃんにやたらと話しかけている。その内容に納得出来ない隣のおっちゃん。それは違うのではないのですか?と丁寧に話しを返すのだが、頑として譲らない。隣で聞いていて隣のおっちゃんの言う通りだと思うのだが。端のおっちゃんちょっと飲み過ぎている模様で、隣のおっちゃんに店を追い出された。

Dsc03735

どう思われます?と話しかけられたので、まったくもっておっしゃる通りですね。ちょっと常識的に理解出来ませんわ。とお話ししていたらお酒を1杯おごってくれた。そう言うのは困りますからと言うと、いいからいいからと引かない。知らない人同士が集まる立ち飲み。顔見知りになったからと言って、静かに飲んでいるところにやたらと話しかけられるのも困るし、気分がいいからとご馳走になるのもちょっと困るな、、、。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年11月20日 (水)

何だかねぇ。

Dsc03730

久しぶりにいつものサロン、カウンター奥でやけに盛り上がっている。中心になっているおばはんは、ご機嫌さんで大きな声で楽しそうにしていらした。

Dsc03731

少ししてお隣のおっさんが帰ったと思ったら、急にそのおっさんの悪口が始まる。あまりに手のひらを返した話し方に周りはちょっと苦笑い。前からちょっと癖のある感じがしてはいたが、やっぱりねと言う感じ。何だかなぁ、そのまま楽しくしていたら気持ちいいのになぁ、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月19日 (火)

頂。

ちょっとした記録まで。先日店頭に並んでいて気になっていた品物。生麺タイプには興味は無いのだが“サッポロ一番”と名を打っているのには気にかかる。少々ロゴは小さめなのだが、これを入れる事で商品価値がグンと上がると思うのは、後発メーカーとしては消費者の期待感の的を得ていると思う。

Dsc03686

少々インパクトに欠けているパッケージデザイン。マルちゃん正麺程のインパクトは無い。

05_o

CMの方は今はシュンの方なのだけど、ちょっと見飽きた感じと新鮮さが無いかな。ネーミング的にはイモトの方が今いいかも。

Dsc03687

ほ〜、何だかラーメンを作っている感じがする。ラーメンを作っているのだが。

Dsc03688

はい、普通に美味しいです。サッポロ一番とは全然違います。別物なのにサッポロ一番とはあり得ないです。堂々と商品名の“頂”で勝負して欲しいですね、個人的にはマルちゃん正麺より美味しいです。ただ、なぜインスタントラーメンに生麺タイプが必要なのでしょうか?インスタントラーメンは乾麺でいいのではないのでしょうか?生麺が食べたければ生麺を食べたらいいのであって、生麺タイプのインスタントラーメンを食べる必要は無いのでないのでしょうか?はいはい、わかっていますよ、生麺は作るのが面倒くさいですもんね、値段も高いし長持ちしないし。でも、やっぱりインスタントラーメンは普通の“サッポロ一番”が好きです。自分はそれも味噌味が。それにしても“頂”には味噌味が無いと言うのは何とも中途半端な感じですね、、、。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年11月18日 (月)

一人、蕎麦練。

昨日飲み過ぎたので遅くに目が覚める。確か日曜日は暖かくなる様な事を言っていた気がしたので、お昼は蕎麦を食べにいく事に。

Dsc03710

やっぱり車で行こうかな等と、気弱な事を言ってはいけない。Tonicaさんで出動。

Dsc03713

いつもの彩都から110号線、全然パワーがありません。日影に入ると寒い寒い。

Dsc03717

久しぶりに犬甘野のお蕎麦屋さん、外のテーブルが新しくなっていた。中で食べると暖かいのだが、外に出るのが嫌になるので外で頂く。

Dsc03721

やっぱり、日影は寒い寒い。日が当たるとまだマシなのだけど。

Dsc03722

と言う事で、見山の郷にて柿と葡萄のソフトクリームでまったりと。

Dsc03724

北摂もすっかり紅葉が進んできたな、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月17日 (日)

色々と。

午前中は家の買い物に。午後から長男が大阪に来るので、一緒に夕御飯を食べに行く予定。次男は友達の家に遊びに行くらしい。しかし、待ち合わせの時間が3時頃とあまりにも中途半端。食事に行く前に服を買いたいそうだ。天気もいいのに家でゴロゴロして時間を潰すのも何なんで、先に出て天六辺りをウロウロする事に。

Dsc03691

ウロウロしていても、そんなに時間が過ぎる訳ではないのでチョット時間調整。ビール1本でお勘定をお願いすると、もう帰るのですかと言われてしまった。全然飲みたら無いのですが、飲み過ぎる訳にはいかないので、、、。

Dsc03698

Dsc03694

それから中崎町を探索。民家をおしゃれに改装したショップがあちらこちらに点在していて面白い。

Dsc03693

と思うとまるで昭和がそのままが残っている。

Dsc03697

Dsc03696

ラーメン300円と激安。

Dsc03700

面白くてグルグル回っていたら、カミさんから6時にいつものお店に集合の連絡が入る。

Dsc03701

息子のお気に入りのこちらのお店、息子は1年ぶり位らしい。自分は最近頻繁にお邪魔しているのだが、この海老がいたく気に入った模様。その後も色々と注文して、ワインもボトルでガンガン飲んだ。

Dsc03702

息子は天満に行った事が無いらしいので、時間も早いのでイタメシのハシゴ。天満市場の周りを歩いたらビックリしていた。

Dsc03704

前のお店でボトル1本飲んだけど、こちらでもワインをデキャンタで。

Dsc03709

こちらもいつもいっぱいだ。色々とあるメニューからパスタやら何やら頂いてデキャンタお代わり。息子はこの日彼女と11時に待ち合わせをしているらしいが、そんな時間から会うという事は、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月16日 (土)

南下。

事務所を出て、さぁ今日はどうしようかなぁと考える。最近は普通の立ち飲みより酒屋の立ち飲みの方が気に入っていて、駅前の銀座屋とかたよし等に足が向かない。上田酒店にでも行こうかなと思ったが、せっかくの金曜日やし久しぶりにちょっと足を伸ばしてみるか。

Dsc03654

反対方向の電車に乗って向かった先は北加賀屋。悲しい事にここの所撮影がすっかり減っているため、来る機会がめっきり減っているのだ。

Dsc03657

残念ながらカウンターは満席。奥もグループ客で溢れかえっていたが、何とか隅に立たせてもらう。横のグループの話が下品で落ち着かないけど、金曜日の晩だから仕方が無いか。

Dsc03656

恨めしそうにカウンターが写る鏡をアテに。カウンターにもグループ客が居座っているので、一人客が入ってもカウンターには入れなくて、自分の様に奥に追いやられている一人客と入れ替わって行く。

Dsc03660

湯豆腐と少し悩んで熱燗を追加。ここのところ日本酒を飲むのが多くなって来た。寒くなったので仕方が無いけど、少し抑えないとな、、、。

Dsc03677

カウンターのグループ客が移動したので、カウンターにこちらも移動。やっぱりこちらではカウンターで飲まないと落ち着かない。お酒と贅沢にキズシを追加して、金曜日の夜を一人北加賀屋で過ごした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月15日 (金)

あらあら。

久しぶりの打ち合わせで京阪枚方市に出かけた。3時からの打ち合わせが結構長くなって、終わったのは4時半と自分的には都合のいい時間。

Dsc03639

枚方市駅まで戻ってきて京街道を西に進む。

Dsc03641

枚方で飲むのなら、こちらと決めているのだ。

Dsc03642

引き戸を開けると若女将さんから「あ〜ら、久しぶり!」と声をかけて頂いた。もう半年くらい来ていないと思う。

Dsc03645

アテは何にしますか?と聞かれてケースの中を覗いて、揚げ豆腐を頼んだのだがこのボリューム。まるまる一袋分だと言うのを忘れていた。

Dsc03646

大仏のお母さんは隣のお店のレジに座られているみたい、

Dsc03649

揚げさんが無くならないので、少し悩んで熱燗を1杯。この日はもう一軒行きたいところがあったのでコレでお勘定。ホントにこちらもいいお店だ。

次に向かったのは帰り道の門真。とあるブログによく出てきて一度行きたかったお店。

Dsc03650

お店はすぐにわかって、ビールは飲んできたので焼酎の水割りを頂く。

Dsc03651

大瓶400円は少し高めだけど、アテはベラボーに安い。どれにしようかなと悩んでいるとお隣のお客さんに声を掛けられた。振り向くとニコニコとしたお顔、少し年下の親戚の従兄弟でした。あらあら、なんて偶然なのと思うと最近立ち飲みにハマりだしてブログでこの店を知ったらしい。そのブログで自分もこのお店を知ったのですから。

Dsc03652_2

それからは立ち飲み話に花が咲く。あそこ知ってる?知ってる知ってる。こんな店知ってる?知ってる知ってる。これからもう少しディープな世界を教えてあげるからね。飲み友達がまた増えた。

Dsc03653

くぼっちゃん、ありがとね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年11月14日 (木)

生ビール?

熱燗の美味しい季節になってきた。しかし日本酒を飲むのを控えている身なので少し悩むのだけど、久しぶりに中津のお店に行ってみた。とは言え最初っから熱燗とはいけなくてまずはやはりビールから。ちっこいビールにしたら良かったのだけど、割高になるのでやはり男は黙って黒ラベル大瓶。アテはいつものポテサラ。

Dsc03638

女将さんから「日本酒に合うよ」とお漬け物のサービスを頂いたので、熱燗を頂く至福の時間。のんびりゆっくりと熱燗が冷えた体に染みていく。2週間に一度くらいしかお邪魔しないのに、いつもいつも常連さんと同じ様にサービスして頂いて申し訳ないです。

お代わりください。

やっぱりこの季節は日本酒が旨い。黙っていると何杯も飲みそうなので熱燗2杯でお勘定。すると女将さんがコップにビールを入れて持ってきてくれた?「はい、生ビールよ」っと。コレはどういう意味なのだろうか?新手のサービスに困惑するが、飲まない訳にはいかないし、飲むのは全然問題はないのだけど、、、。熱燗で火照った体を冷やしなさいという事かな?お店の外は寒空なのだけど。とても不思議な気分で店を出た。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年11月13日 (水)

さっむ〜。

寒い寒い、さっむ〜〜〜い。いきなり冬になった。寒くてたまらないのでいつものサロンに避難する。

Dsc03631

それでもまずはビールなんだな。しかし店内はガラガラで、こちらもちょっと寒いかも。

Dsc03633

湯豆腐に芋焼酎、少し迷って水割りで。辛子たっぷりのサービス。

Dsc03636

しかし水割り飲んでたら体がどんどん冷えてきたので、思わずお湯割りとおでんを追加で頂いてお勘定。

Dsc03629

家に帰ったらガスファンヒーターが出動していた。これから段々と冷えていくのだろうな、熱燗が美味しい季節になってきた、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月12日 (火)

プロフェッショナル。

NHKのプロフェッショナル仕事の流儀を見た。

188241_2

広島市内から車で1時間半ほど入ったところに、そば職人の「神様」がいる。高橋邦弘(68)は40年かけてそば打ちを極め、素朴ながら絶品のそばを出す。教え子は1000人を超え、ミシュランで星をとる弟子もいる。

指先だけでそば粉と水を練り、正確に1.2ミリの厚さに伸ばす。そばと台との隙間が生む「影」と、麺棒の音で状態を判断するという。高橋は「そばにはうつ人の『人』がでる」と語る。「客を喜ばせたい気持ち」だけでなく、人生の苦労も如実に出るという。

いつかは行きたいと思っていた「達磨 雪花山房」も後1年くらいで締めてしまうと言う。出来れば閉まる前に一度は行ってみたいものだ。それにしても長い事、蕎麦を打っていないなぁ。

Dsc03630

心の中の師匠、、、。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年11月11日 (月)

ワイン居酒屋。

午前中に色彩検定の試験がある息子が服を買って欲しいと言うので、どうせ雨だから午後から息子と梅田で待ち合わせをして買い物に。三番街でカレーを食ってからカミさんと息子とはグランフロントへ、どうせ付いていっても暇なだけなので自分は別行動。しかし、飲みに行くのは少し早いのでやっぱり自分もグランフロントへ。

Dsc03599

向かった先は好日山荘、この店くらいしかグランフロントには興味が無いから。新しい登山靴が欲しいのだが、予算が無いので諦めて小物を色々と物色。ピッケルを買おうかとも思ったけど、それなら本格的なアイゼンが先やろうし、それなら靴に合わせた方がいいしで、結局何も買わないで店を出た。

Dsc03601

そして赤垣屋か七津屋か迷ったが、結局こちらまで。ビール大瓶とポテサラで1時間保たせてお勘定は500円。少しして買い物を済ませたカミさん達と合流してお初天神まで。別に何もプランはかったのだけど、あまり行った事が無かったから。

Dsc03608

下調べも何もしていなかったから、結局こちらに。

Dsc03603

こちらはキライでは無いのだけど、結構高くつくんだよね。

Dsc03607

まぁ、唐揚げは頼まないとなぁ。結局サラっと飲んで出ようと思ったけど、生ビールを2杯飲んで店を出た。

Dsc03618

何だか中途半端で物足りないなと思っていたら、手頃なお店を発見。

Dsc03611

ワインの種類が多いのと、アテの値段が手頃なので結構いいかも。

Dsc03612

生牡蠣がクルーミーで美味しい。

Dsc03614

赤ワインを追加。こちらのお店にはデキャンタが無いみたい。

Dsc03615

ちまちまと飲むよりボトルで飲んだ方が安いかも、ボトル1,400円。

Dsc03616

アテもどれも美味しくて色々と頂いて満足々。偶然見つけたお店だったけどカミさんも中々気に入った様子。

Dsc03620

でもそのまま真っ直ぐ帰れないんだよな、これが。千中のホルモンバルまで。

Dsc03623_2

〆の肉そば1杯を3人で仲良く頂いて帰りました、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月10日 (日)

新規探索。

Dsc03579

またまた、やって来ました杭瀬の街。前回初めて訪問してすっごく興味を持った街。杭瀬市場をキョロキョロしながら奥まで進み、左に折れてみる。

Dsc03580

カラオケ喫茶から歌が流れている。何か今池に来ているみたいだ。

Dsc03582

おっと、酒屋さん発見。渋いカウンターに乾き物が並んでいるので角打ちやな。まだ営業時間には早そうだ。

Dsc03583

しかし、渋い。渋いぞ杭瀬、昭和そのもの。

Dsc03584

昭和のヒーローもたくさん居てるし。

Dsc03587

反対側に移動、こちらもアーケードが広がる。こちらは新しくて中々に長い。

Dsc03586

激渋の酒屋角打ち発見!中々の店構え。ついお邪魔しようかと思ったが我慢我慢。

Dsc03588

先日立ち寄ったかまぼこ屋の立ち飲み。ホントに立ち飲みがあるとは思えない。

Dsc03590

で、まあ、酒舛に向かうのだが、こちらでお久しぶりのお方と出会うと、お山のアニキともバッタリ遭遇。

Dsc03594

すっかり盛り上がって先ほどの激渋の角打へ。こちらも最高によかった。この円形のカウンターがたまらない。近所にあれば間違いなく毎日行くだろうな。

Dsc03597

で、またまたかまぼこ屋の立ち飲みに移動。さっき酒枡で飲んでおられたお方が、ハシゴをしていらしたので合流。素晴らしい街、杭瀬。次回もよろしく〜〜。

Dsc03598

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年11月 9日 (土)

飽きませんね〜。

Dsc03557_2

毎度おなじみの六甲芦屋川の図、この日は結構の人混みでちょっとビビっていたのだけど、、、。

Dsc03561

しかし、北尾根ルートはこの日はガラガラ、でも荒地山山頂が近づくとガヤガヤと人の声。山頂にはグループが3~40人位かすごい人だったが、脇目も振らずに黒岩を目指して脇道へ。するとおしりを出してしゃがんでるおばさんもいらした。

Dsc03562

ドキドキしながら向かった黒岩には、先客が一人だけ。のんびりと寝転んでいらした。

Dsc03565

先客は直ぐに帰られたので黒岩を独占。めずらしくこの日はそれから誰も来なかった。

Dsc03568

のんびりと風景を見ながらボーっとするのが気持ちいい。

Dsc03574

腹が減ったらカップ麺をすする。

Dsc03577

腹が膨れればまた横になってゴロゴロと。

Dsc03578

ありがとね、大好きな黒岩、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 8日 (金)

赤星。

Dsc03537

こちらのお店にもあったのね「赤星」。いつもこちらでは「金麦」を頼んでいたのだが、先日赤星を飲んでおられるお客さんを見かけたので。大体のお客さんがこちらでは第3のビールを飲まれているので、自分もこちらでは金麦だったのだが、これからは赤星にしよう。

Dsc03541

しかしながら相変わらずの混雑ぶりで、湯豆腐を専務に頼んだが一向に出て来ない。奥のおばちゃんは早くから出しているのに、にーちゃん色々と呼び止められるもんだからほったらかし。おばちゃんが奥に引っ込めたところでやっと気がついた。

Dsc03543

冷たくなった湯豆腐で、熱燗を頂く。確か家の焼酎は一昨日でなくなっていたから熱燗をお代わりしてお勘定。焼酎を買って帰ってもいいのだが、久しぶりに焼酎の無い日もいいかなと思って買わずに帰った。

Dsc03549

が、しかししっかりと補充してあった3本。

Dsc03552

あれ?別の場所に後2本。アル中にする気ですか?すでに危ないところまで来ているのだが、、、。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年11月 7日 (木)

やってしまいました。

昨日はクライアントさんが打ち合わせに来ると言う事で、それも午後3時から。それはそれは酒好きで、女好きの彼とはもう10年来の付き合いになるが、新入社員だった彼がもう35歳になっていたとは驚いた。隣には中途採用の新人さんを引き連れて、アレコレと指示をしているのが何だか少し頼もしい。昔は怒られてばかりでオドオドしてたのにな。

5時には打ち合わせは終了して、真っ直ぐ帰るのですか?とお聞きすると飲む気満々で行きますかと言う事で、久しぶりに福島の街へ。昔よく一緒に行った高架下の「大黒」まで。彼がドイツに海外赴任する時に送別会で行って以来かな?昔話に花が咲く。久しぶりのお店だったが、料理は最高に美味しかったし大将も覚えていてくれてうれしかったな。新人さんが福島に興味津々だったので細かい路地をぐるぐる回って色々と教えてあげてから、いつもの「ポルチーニ」に立ち寄る。

Dsc03532

相変わらずの人気店で満席のお店、少し待って下さいと2階の厨房まで。こちらのビップ席は誰でも入れないので2人は大層喜んでいらした。少しして空きが出たので1階に移動。しかし、まー若いと言う事で食べる食べる、こっちは負けずに飲むのだけど。すぐ隣のカウンターに座っていた女性客2人が退屈そうにしていた。その内の1人が気になってる新人君。その2人もこっちをチラチラ見ているのだけど、横の一人客が店のオーナーとすぐ横で話し込んでいるので声を掛けられない。こちらのお店ではナンパは禁止なのだ。

Dsc03534

仕方なくお店を出たのだが、出てすぐに女性3人組に声を掛けられる。まーその内の1人がメチャクチャ綺麗な子でおっちゃん達メロメロ、出たばかりのお店に一緒に後戻り。またこの子が気さくな女性で、偶然にもクライアントのお二人と地元が同じで話しが盛り上がった。その後クライアントさんは電車がなくなるからとお開きに、自分は既に電車がなくなっていたのでお別れして、福島に住んでいると言う2人と「長屋バー」まで。この辺りから何を話したのか覚えていない。

Dsc03536

気がついたら事務所の寝袋の中。いやー久々にやってしまった、でもしっかりと次に飲みに行く約束をしていたりして、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月 6日 (水)

ランタン。

Dsc03528

先月単独で涸沢にキャンプに行くのに、少しでもザックを軽量化しようと購入したランタンのOrbitだったが、横尾のキャンプ場でテントの中でいきなり消えた。もう一度スイッチを入れてもすぐまた消えてしまう。仕方ないのでヘッテンで凌いだのだが、その翌週の立山でも同じ症状が出た。こちらでは狂った様に点滅までしてくれたし。しかし、家に戻ってつけてみても何とも起こらない。症状が出ないとなると修理のしようもないだろうからどうしようかと思ったが、やっぱり現場でこの症状が起こるのは困るのでショップに持って行った。持って行って説明すると何件か同じ様な症状があったらしい。高度の高いところで起こるみたいな事を店員さんが話していらした。

Dsc03529

そして2週間が経って連絡が入ったが、やはりメーカーでは症状は出なかったみたい。電池が悪いのではと言われたのだが、買ってすぐに涸沢で症状が出たのだから電池のせいでは無いでしょうね。結局また現場で症状が出るとマズいと言う事で新品に代えて頂けたが、前回の感じからするとヘッテンでも十分な様な気がしているのだよね、でもヘッテンも消えたりしたらマズいしな、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月 5日 (火)

振替休日。

文化の日の振替休日、前日の飲み過ぎと午前中は雨模様の天気予報なので10時過ぎまで布団の中。外を見ると雨は降っていないので、渋々起きて本日の予定を家族会議。カミさんは別に予定無し、息子は神戸にスケボーしに行くらしいので取りあえず3人で近所のお気に入りのラーメン屋まで。二日酔いに濃いラーメンがちょっとキツかったな。それからも家でゴロゴロしてサロンの開店時間を待つ。

Dsc03525

時間が来たのでイソイソといつものサロンまで。

Dsc03526

先客はいつものトクさんのみ、ビール赤星を頂くと少し元気が出てきた。

Dsc03527

すっかり寒くなってきたので、いよいよ本日からサロンもおでんが始まるらしい。おでんに熱燗が美味しい季節になってきたな、そんな連休最終日のんびりできました、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 4日 (月)

新規開拓。

京都のお店の新規開拓に向かう。昼から飲めるスペインバルがあると言うので、コリャたまらんわいと行ってみたら開店は3時から。まだ20分あるので、仕方ないから隣にあったお洒落なビルのコムデギャルソンのショップへ入ってみる。こんな店に入るのは何年ぶりかな?相変わらずのギャルソンの中でユニクロな自分が浮いている。店員さんからもこのおっさんユニクロで来て、ウチの服なんか買う事無いのだろうなと言う視線をイタく感じたり。カミさんは久しぶりに何か買おうかななんて言ってるけど、長袖のTシャツが43,000円でっせ!場の雰囲気に流されそうになっているカミさんの手を引いて店を出た。

Dsc03481

3時になると暖簾が出ている。中々いい雰囲気ですやん。

Dsc03482

しかし生ビール、ちっちゃいな、、、。

Dsc03485

アテはタパスの5種盛り。うん、美味しい。

Dsc03490

こうなるとやっぱりワインかな。

Dsc03491

ピクルス盛り合わせとスペイン風ポテサラを追加。でも、思ったほど安くはないのでコレでお勘定。雰囲気はいいのだけれど、立ち飲みに慣れているおっさんとしては金額的に少し高めかな、生ビールちっこいし、、、。

Dsc03496

という事でいつものバルに移動する。

Dsc03501

やっぱりこちらのお店が落ち着くのは、立ち飲みだからかな?

Dsc03502

アテも安いし、見ているだけで美味しそうだし。ワインをデキャンタで、色々とアテを頂いてもお勘定はさっきのお店の半分ほどで安いなぁ。

Dsc03509

バルを2軒ハシゴしてブラブラしながら四条に向かって帰って行くと、何だか良さげな焼き鳥屋があったので入ってみる。きちんと整理されて清潔感のある昭和な店内と渋い大将。

Dsc03511

自分は芋焼酎。

Dsc03512

カミさんは梅酒。

Dsc03514

3度目の乾杯。焼き鳥を数種類注文して大満足となったのだが、お店の名前も場所もすっかり忘れたけど、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2013年11月 3日 (日)

文化祭。

Dsc03473

日曜日は天気が悪いと言っていたので、最初から遊びに行くのは止めて息子の文化祭に行く事に。学校に着いて直ぐに雨の中、焼そばとホッドドックを食べてから校舎に入る。

Dsc03476

見た事のある顔やなと思っていたら息子の自画像。

Dsc03477

先日入選した作品も普通に展示されていた。

Dsc03478

昨年の3年生の作品はやっぱり違うなぁと感心したのだが、今年の3年生はそうでもないかな?見慣れてきたからかもしれないけれど、今年は1年生が中々よかった。息子も彼女と一緒にうれしそうに歩いていた、青春やな、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 2日 (土)

久しぶりのシクロ車。

Dsc03423

当初は六甲へ山歩きに行こうと思っていたのだけど、お山道具を背負って自転車もいいかな〜と思ったので久しぶりにシクロ車で出かけてみた。

Dsc03429

相変わらずの前日の飲み過ぎでスタートがかなり遅れて8時半頃。自転車マンションへ持ち込み禁止なので皆さんが行動する前に出て行きたかったのだけど、ゴミ出し日の土曜日なのでちょっと住民のお方と一緒になってしまったけど。

Dsc03434

いつもの彩都から110号線を上って、423号線で亀岡まで。

Dsc03440

向かった先は愛宕山林道。結構ココ好きなんだよね、何故だか、、、。

Dsc03444

いつもはロードバイクで走るのでパンクに気をつけるのだけど、シクロ車なので荒れた道でも構わなく走れるのがいい。

Dsc03450

何とか足をつけずに上れたけど、もうフラフラでした、、、。

Dsc03456

そのまま下って保津峡まで。

Dsc03454

担いで来たヌルくなったノンアルコールビールを飲んで、バーナーを出してラーメン作る。

Dsc03458

本当は河原の方まで下りて食べたかったのだけど、自転車を置いて行かないといけないので断念して駅の横のベンチで。

Dsc03461

またまた、フラフラになりながら六丁峠。登りは好きではないのですが、、、。

Dsc03464

あっという間に下って渡月橋。思ったより連休初日なのに比較的空いていた。

Dsc03466

後は坦々と走るだけ。淀川河川敷も先日の豪雨の後が醜くて一部閉鎖されていた。自転車と紅葉を楽しもうと京都に向かったのだけど、紅葉はまだ少し早かったみたいだった、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 1日 (金)

立ち飲み何とか。

Dsc03413

いつものサロン、店頭に看板が出ている。これは分かり易くて初めての方でも入り易くていいですね。お店に入るとバイトのおっちゃんがカウンターで飲んでいて、隣が空いていたので立たせてもらう。人のいいバイトのおっちゃんだけど、知らない人にベラベラ自分の事を話されるのはあまり好きではない。いきなり隣のお客さんに先ほど話していた立ち飲み好きの方がこの人ですと紹介された。お客さんはおっちゃんの話しで想像を膨らませて興味津々で自分を見られる。こーゆーの何回かあったけどキライなんだよね。なのでちょこっと挨拶をして知らん顔。それでもおっちゃんがお客さんに話しかけるものだから、「かもん」ってお店を知っていますか?と話しかけられた。かもんならそこの角を曲がったところにありますよと言いそうになったのだが、どの地域の話しですか?とお聞きすると中崎町だと。

Dsc03412

中崎町の「かもん」は知りませんけど、中崎町なら堀内さんや稲田さんには行きますけれどと話したら、お二人のお客さんが嬉しそうに話しに乗って来られた。ただ、間のおっちゃんが色々とチャチャを入れて話しを途切らせるので、あまり詳しくお話しは出来なかったけど何だか何処かで見た事のある風貌のお二人。

Dsc03414

結局ろくに話しは出来なかったが、帰り際にお店の大将や自分にも冊子を渡して帰られた。あー、あの有名な立ち飲み何とかのお方達だったのですね。それはそれは自分なんか手の届かない程に立ち飲みを知り尽くしているお方達。立ち飲み本も出版されていますもんね。でも、吉田何とかもそうなんだけど、ちょっと自分の立ち飲みスタイルと微妙に違うんだよな。まぁ、ちゃんとお話し出来ていたら楽しかったかもしれないけど。お二人でお勘定は2,170円は流石ですね、、、、。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »