« よそモン。 | トップページ | ビックリ。 »

2014年2月 9日 (日)

実家の1日。

土曜日は朝から雪&雨、降ったり止んだりといった天気で何ともスッキリしない。昨夜の雪が少し積もっていたので、足下が悪いし父親のお墓参りは止めておいた。午前中に必要な買い物を済ませて、昼食を何処かで美味しいモノでも食べようと言う事になったが、田舎なので気の効いた食べ物屋さんが思い浮かばない。いつものモールの食堂街も飽きてきたしな。出雲と言えば出雲そばなのだが、オカンは蕎麦を食べないのでややこしい。自分だけならそば屋でいいのだが、、、。

Dsc04936

と言いながら、結局そば屋に向かう。ちょっと上品なこちらのお店なら、蕎麦以外も何かあるだろうと入ったら蕎麦しかなかった。その上自分は店に入る前から鴨南蛮を食べようと思っていたのに、この日は用意されていない模様。オカンと2人ため息つきながら決めたメニューは、オカンが釜揚げ月見蕎麦で自分は釜揚げ山菜蕎麦。釜揚げうどんは良く聞くが釜揚げ蕎麦は出雲地方の名物らしい、全然知らなかった。様はそば湯で蕎麦を食べている様な感じ、初めて食べたが蕎麦の風味が強くなって非常に美味しかった。食後はオカンを父親のねーさん93歳の所に連れて行って、自分は少し物足らないのでもう1軒蕎麦のハシゴに出向く事に。

Dsc04938

今の所、自分の中で出雲大社のそば屋ではここが一番の「平和そば本店」。午後1時半というのにお店は満席で次から次へとお客さんが入って来る。やはり人気店なんだな、いつもの割子そばは相変わらず美味しかった。そしておばさんの所にオカンをピックアップしに向かって、家に帰って本日のミッション終了。

Dsc04939

4時半の開店まで家でテレビを見て時間を潰して、時間になったらイソイソとお店に向かう。

Dsc04941

お店に入ると先客はお二人で良く知った顔。それから少しして入口に前日のややこしい客二人の片方と、もう一人大人しく飲んでいた相棒の二人がやって来た。引き戸を開けた途端に厳しい顔になった大将が、「あんたはダメだ、出て行ってくれ」と入店を拒否。大人しい方の客が「出入り禁止という事ですか?」と聞くと「あんたはいいが、もう一人はダメだ、悪いけどで帰ってくれ」と厳しく追い返してくれた。それからはいつもの常連さんが集まって来て、その話題で盛り上がる。昨日あんなに厳しく注意されたのに、またノコノコとやって来た事に常連さん達も飽きれた様子だった。そしてそれから1時間半ほど色々と話をしながら、楽しい時間を堪能する事が出来た。

Dsc04943

いつもの出雲のサロン、いいお店だ、、、。

|

« よそモン。 | トップページ | ビックリ。 »

立ち吞み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1814730/54925193

この記事へのトラックバック一覧です: 実家の1日。:

« よそモン。 | トップページ | ビックリ。 »