« 京都食べ歩き、その1。 | トップページ | まだ、続きます。 »

2014年2月25日 (火)

京都食べ歩き、その2。

寿司屋を出てから錦市場を北上して、京極に出てそのまま「スタンド」に寄ろうか「たつみ」に寄ろうか少し悩んだが、いつも同じところも何なので京極を東に向かって進む。何か昔ながらの食堂みたいなのがないかなと、キョロキョロしながら歩いていたら寺町通りで渋い店発見。

Dsc05114

そう言えば以前ここを見つけて入ろうかと悩んだ事があった。食堂で安い昼酒を飲みたい気分だったので、少しお店の前でメニューを見ながら考える。

Dsc05115

先ほどの寿司屋では鯖寿司を2人で1人前しか食べていなかったので、カミさんもお腹が空いているから入っても良いよと言う。そっと中を覗いたら満席で、横に来た若いカップルも入りそうだったので慌てて中に入った。少し待つとお客さんが出て行ったので4人掛けテーブルにゆったりと座る。狭い店内に2人掛けのテーブルはあまりに窮屈そうだったので助かったな。改めてメニューを見ると酒のアテになる様なモノは奴くらいで、飲む様な雰囲気ではない。仕方ないので前日に続き中華そばを頂く、アルコールは無し。

Dsc05113

特製中華そば580円、カミさんは鍋焼きうどん800円。メンマやらハムの下の麺をすくうと、湯切りした麺をそのまま入れている感じで中で絡まっている。おまけに麺は柔らか過ぎて伸びている模様、スープはまぁまぁ飲めたので少々残念な中華そばだった。

最初から何処へ行くか決めて出ていなかったので、行き当たりばったりでここから先の予定が立たない。寺町のアーケードを越えて京都市役所の前に出て、木屋町通りを河原町まで引き返す。

Dsc05116

いつものイタ飯屋さんの前を通ると開店まで後30分程。仕方ないので鴨川の畔に出ておばあちゃん達と並んで川を眺めていたら、お日様がポカポカしていて気持ちいい。やっぱり自転車に乗れば良かったかなと少々後悔してしまった。

Dsc05118

時間になったのでお店に向かいビールで乾杯。

Dsc05119

カミさんはアテを2品程頼んでいたが、自分は17時まで限定の盛り合わせを注文。本当はあまりお腹が空いていないのだが。

Dsc05123

お腹がいっぱいであまり食べる気も飲む気もしないので、ワインのデキャンタが無くなってから〆のデザート3種盛り合わせ。

Dsc05124

あまり見た事の無い珍しいデザートワインなるモノがあったので一緒に頂いてみた。甘いワインでホントにデザートに良く合う。こう言う飲み方もあるのだなと欧州の酒の文化に感心したのでした。

|

« 京都食べ歩き、その1。 | トップページ | まだ、続きます。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1814730/55119836

この記事へのトラックバック一覧です: 京都食べ歩き、その2。:

« 京都食べ歩き、その1。 | トップページ | まだ、続きます。 »