« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月28日 (金)

唐揚げ屋さん。

サロンの帰り道に出来た小さな唐揚げ屋さん。隣に座って飲めるコーナーもあるのだが、全然お客さんが入らないらしい。先日サロンのバイトのおっちゃんと立ち寄った時にそんな話しをしていて、お店の若い店主のお母さんが立ち呑みに行った事が無いので、岸辺のいつものお店に連れて行って欲しいとお願いされた。

Dsc05135

一人ではよー入れへんと言っていたので、約束の時間より少し早めに行ってお母さんを待つ。お母さんと言っても唐揚げ屋さんの店主のおねーちゃんは自分の長男と同い年で、お母さんもどう見ても自分よりは少し若い感じなのだが。

少し待ってお母さんがやって来たのだが、お友達のおばちゃんとご一緒。一人じゃないなら普通に入れるじゃないの。奥のテーブルに移動して3人で飲んでいたが、この日のサロンは半分くらいのお客さんの入りだったが、お母さんはお客さんが多いのに驚いていらした。忙しい時はこんなもんじゃないですよと、色々と話しながらビールと焼酎を飲んで、その後娘さんの唐揚げ屋さんに移動して唐揚げ屋さんの経営会議。お店の場所が住宅地の中で駅前の様にはいかないが、人の通りのある場所なのでお店に入り易くすればもっとお客さんが入ると思う。自分の立ち呑みの経験を生かして色々と考えてみるのだが、自分がこの店の経営者の立場で考えるとそう簡単な事ではなくて中々難しいな。でも、まだまだお若い店主が頑張っているのだから、何とか行列のできる様なお店になって欲しいと思う。以前のサロンも常連さんしか入れない独特の雰囲気があったけど、新しくなって若い人でも入り易いお店に変わったのだから。これからも色々と考えて良い方向へ変わっていけると良いのだが、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月27日 (木)

ジャージ。

去年ネットを検索していて偶然見つけたZULLOのジャージ、最後の1枚だったが少し悩んでいるうちに完売になってしまった。無くなってしまうとどうしても欲しくなって、ショップに入荷の予定はないかとメールを入れたのだけど、今のところ再入荷の予定は無いと言う返事をもらってガッカリしていた。そんな事をすっかり忘れていた数日前に、ショップから再入荷の予定が入ったとメールを頂いた。もう随分前の事だったのだがよく連絡して頂いたモノだ、ありがたい。

Dsc05134

デザインは2種類で黒い方を買おうと思っていたけど、白い方の色味がTonicaさんにピッタリなので、今度は後で後悔しない様に2枚ともポチっとしておいた。久しぶりに自転車関係の衣装を買ったのだが、送られてきたジャージはネットで見ていた以上にデザインが上品で、濃い方はネットでは濃紺だったが実物はブラック。白い方もフィアットのイラストがどうかなと思っていたけど、実際に着てみたらクラシカルなイメージで中々によろしい。久しぶりにRapha以外のジャージだけど、Tonicaさんの時はこのジャージが専用になるだろうな。暖かくなってこのジャージを着て自転車に乗るのが今から楽しみだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月26日 (水)

まだ、続きます。

まだまだ続きます。イアリアンを出てから木屋町通りをブラブラと。歩いていたら何だか焼酎が飲みたくなったので、飲めそうな店を探すが時間が早いので何処も開いていない。路地をあっちこっちウロウロとしていたら、前から行ってみたかったお店を発見。明かりがついていたので覗いてみると開店は18時からだと言う。仕方ないので昼からやっている「たつみ」に行って帰ろうかと思ったら、1軒居酒屋が開いていた。

Dsc05126

ちょっと高そうなので少し悩んでいたら、中からお姉さんが出てきて手招きするので思い切って入ってみた。ビール中瓶を貰って、アテは散々悩んで子芋のポテサラ1品だけ。綺麗な店内はどうも落ち着かない、やはりたつみにしておけば良かったかなと話していたが、どうせなら行きたかったお店に行ってみようと言う事になり、焼酎を追加で貰ってチビチビ飲んで時間稼ぎをして18時5分前には店を出た。

Dsc05127

行きたかったお店「わたなべ横丁」立ち呑みです。18時ちょっと過ぎに入ったのに既にお客さんが4人程立っていらした。

Dsc05130

カウンターに入れてもらい焼酎を水割で。周りはどうも皆さん常連さんの模様で「ネットか何かを見られて来られたのですか?」と愛想のいいマスター。

Dsc05132

壁一面に張られたメニューの短冊は十三の中島酒店さんみたいで楽しい。アテのネーミングも中々凝っているし、カウンターの寿司ネタケースには新鮮そうな魚が入っている。アテは蛍イカを頂いて焼酎がススムススム。話し上手で愉快な大将と、感じのいい常連さん達で居心地が良くてココ大変気に入った。開店が18時からで飲んだ後大阪に帰るのが少し遅くなるのがちょっと困るけど、また河原町に来たら寄りたい店が一つ増えたな。

と言う事で結局5軒回ってしまって、3日間の日記になってしまった。最初1日で書こうと思っていたのだけど、あまりにもダラダラと長くなりそうなので3回に分けたが1日で3日分飲んだと言う事かな。いつもの事ながら楽しかったのでまぁいいか。実は今週末も京都に行くのだが、もう少し予定を組んで行動する事にしようと思う、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月25日 (火)

京都食べ歩き、その2。

寿司屋を出てから錦市場を北上して、京極に出てそのまま「スタンド」に寄ろうか「たつみ」に寄ろうか少し悩んだが、いつも同じところも何なので京極を東に向かって進む。何か昔ながらの食堂みたいなのがないかなと、キョロキョロしながら歩いていたら寺町通りで渋い店発見。

Dsc05114

そう言えば以前ここを見つけて入ろうかと悩んだ事があった。食堂で安い昼酒を飲みたい気分だったので、少しお店の前でメニューを見ながら考える。

Dsc05115

先ほどの寿司屋では鯖寿司を2人で1人前しか食べていなかったので、カミさんもお腹が空いているから入っても良いよと言う。そっと中を覗いたら満席で、横に来た若いカップルも入りそうだったので慌てて中に入った。少し待つとお客さんが出て行ったので4人掛けテーブルにゆったりと座る。狭い店内に2人掛けのテーブルはあまりに窮屈そうだったので助かったな。改めてメニューを見ると酒のアテになる様なモノは奴くらいで、飲む様な雰囲気ではない。仕方ないので前日に続き中華そばを頂く、アルコールは無し。

Dsc05113

特製中華そば580円、カミさんは鍋焼きうどん800円。メンマやらハムの下の麺をすくうと、湯切りした麺をそのまま入れている感じで中で絡まっている。おまけに麺は柔らか過ぎて伸びている模様、スープはまぁまぁ飲めたので少々残念な中華そばだった。

最初から何処へ行くか決めて出ていなかったので、行き当たりばったりでここから先の予定が立たない。寺町のアーケードを越えて京都市役所の前に出て、木屋町通りを河原町まで引き返す。

Dsc05116

いつものイタ飯屋さんの前を通ると開店まで後30分程。仕方ないので鴨川の畔に出ておばあちゃん達と並んで川を眺めていたら、お日様がポカポカしていて気持ちいい。やっぱり自転車に乗れば良かったかなと少々後悔してしまった。

Dsc05118

時間になったのでお店に向かいビールで乾杯。

Dsc05119

カミさんはアテを2品程頼んでいたが、自分は17時まで限定の盛り合わせを注文。本当はあまりお腹が空いていないのだが。

Dsc05123

お腹がいっぱいであまり食べる気も飲む気もしないので、ワインのデキャンタが無くなってから〆のデザート3種盛り合わせ。

Dsc05124

あまり見た事の無い珍しいデザートワインなるモノがあったので一緒に頂いてみた。甘いワインでホントにデザートに良く合う。こう言う飲み方もあるのだなと欧州の酒の文化に感心したのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月24日 (月)

京都食べ歩き、その1。

天気が良くなると言っていた日曜日、朝早く起きて自転車に乗ろうと思っていたけど痛恨の寝坊。オマケに結構外は寒そうなのでロードバイクはあっさり断念。リビングに行くと息子達が出かける準備をしていた。長男がまたまた土曜日に泊まりに帰って来た。母校の大学の卒業展を彼女と見に行くらしい。次男の目的も同じで彼女と約束しているらしくて、2人揃って京都に向かって出て行った。そして朝からそんな話しをしていたのでカミさんも京都に行きたいと言い出した。

P1030545

実は午後から仕事に使う素材集めにカメラを担いでブラブラしようと思っていたのだが、京都に行くなら午前中に済ませてしまって午後から京都に行く事にした。目をつけていた工事現場をうろうろとして何点か使えそうな写真を撮ってミッション終了。すぐに帰ってカミさんと京都まで。

Dsc05108

自分達は卒業展には行かないので烏丸で降りて河原町までブラブラと。いつもの寿司屋を覗いたら空いていたので思わず入ってしまった。

Dsc05110

しめ鯖の半分をお酒のアテに。

Dsc05111

残りの半分は鯖寿司に。昨日食べた吹田のばってらは薄い身だったが、こちらは厚みもしっかりとあり結構なお値段。カミさんはせっかくだからと穴子も頼んでいたけど。後から来た若い2人の男性、海鮮丼ぶりのデラックスを頼んでいたが値段が書いてない事に気がついて女将さんに聞いていた。女将さんは「京都の人はお金の事言うのは好きではない」とおっしゃられて、大将も仕事をしながら「京都では値段じゃなくて、モノの価値に意味があるねん」と言われていたがもっともかな。でも、大阪ならやっぱり美味しくても高いのなら当たり前で、美味しくて安いのが価値があると思うけど。そう思いながらも自分達もやっぱりこの店に価値を感じているので、少々値は張るのだが京都に来たら立ち寄るのだな、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月23日 (日)

吹田の名店。

車で買い物に出かけたのでお昼ご飯を何処か外で食べようと言う事になり、一度行ってみたかったお店に向かう。

Dsc05099

吹田駅から少し南に下った所にある細い路地の商店街。ここには古いお店と新しいお店が共存している。

Dsc05100

「天婦羅食堂 魚徳」名物のばってらが有名なお店。

Dsc05101

清潔感のある、昭和なお店だ。

Dsc05102

メニューも色々揃っていて迷ってしまう、本音を言うと歩きで来て昼酒を楽しみたかったところ。

Dsc05103

あれこれ悩んで注文して、まずはビールを頂く。車なのでノンアルコールだけど。

Dsc05104

カミさんが注文したのはオムライス。ちょっと小さめだけどキレイな仕上がり。

Dsc05105

自分はばってらセット。絶品のばってらと天婦羅が楽しめるお得なセット。ばってらは絶妙な〆加減で旨味が口の中に広がる。カミさんにばってらと天婦羅をお裾分けしたので少し足らないかな。

Dsc05106_2

なので、やっぱり最初から食べたかったラーメンを追加。まんま昔ながらの食堂のシンプルなラーメンがうれしい、優しい味の鶏ガラスープも美味しいし。後からお客さんが次々と入っていらしたが、皆さんばってらと汁物を頼まれている。ここは是非また寄りたい昭和な食堂だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月22日 (土)

サービス。

Dsc05087

最初からこの日は中津に決めていた。寒いのでビール中瓶にしようと思っていたが、冷蔵庫を見ると赤星があったので思わず頼んでしまった。アテは黙っていても出て来るポテサラ。お客さんは7〜8人のグループといつもの常連さん3人組で、金曜日なのに少し空いている感じ。アテはお刺身やら何やら結構並んでいる。

Dsc05089

ポテサラをチビチビつつきながら飲んでいたら、女将さんがポテサラのボールを持って来てドバっと追加のサービス。有り難い事でコレで燗酒のアテも十分だ。

Dsc05091

熱燗を注文。やはりこの店では焼酎ではなくて日本酒になってしまう。

Dsc05094

すると女将さんからここで2度目のサービスの鯛の身と大根の煮物。普通に頼めばこちらの店では400円位はしそうなボリュームで恐縮してしまう。完全にアテの方の量が多いので必然的に熱燗お代わりを追加。

Dsc05098

そして3度目の漬け物のサービス。もうお酒もなくなって来た頃なのだが、コレだけ食べるのも何なので熱燗追加。中瓶1本と熱燗2杯で終わろうと思っていたが、思いがけないサービスのオンパレードですっかり飲み過ぎてしまった。その後いらした常連さんと話しが盛り上がって、思わずもう1杯といきそうになったところをグっと堪えて帰るのでした。女将さんごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月21日 (金)

フィギア。

昨日は何処へも寄らずに真っ直ぐ帰って、フィギアスケートをライブで見る為に準備をする。と言っても始まるまでダラダラと飲むだけなのだけど。

Dsc05075

色々なアニキ達にはもう届いている様子だったが、自分にもやっと届いた国内屈指のお山メーカーのカタログ。コレでフィギアが始まるまで酒のアテになるなとページをめくると、何だか安物の通販カタログみたいで全然購買意欲も湧かないしワクワクもしないのにガックリ。

Dsc05081

前日に買った900mlの焼酎、既に半分無くなっている。1日に2〜3合飲むから仕方がないかと思っていたら、、、。

Dsc05076

ちゃんと補充してあった。無くなっていたの知っていたのね、ありがとうカミさん。それでもすぐにガブガブ飲むのは止めて、パウチパックの残りをチビチビと。その後焼酎はやめて、箱パックの赤ワインの残りを飲んだがグラスに軽く1杯半程。しかしフィギアの時間にはまだ1時間近くある。

Dsc05080

仕方ないのでアイラにチェンジ。危なくここで寝落ちしてしまったが、気がついたらフィギアスケートが始まっていて無事浅田選手の演技をライブで見る事が出来た。表情は少し固かったが、やはりトリプルアクセルに拘るのがうれしい。無事に最高の演技が出来て、思わず泣きそうになった。メダルには手が届かなかったけど素晴らしい演技で、きっと世界中の人が感動したと思いますよ、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月20日 (木)

パラレル大回転。

Dsc05067

真っ直ぐ帰るつもりだったけど、久しぶりなので立ち寄ってみた。この日は空いていたのですんなりといつもの立ち位置に。

Dsc05070

軽く飲んで帰るつもりだったが、オリンピックのスノボがえらい事になっていたので思わず最後までみさせてもらった。初めて見た気がするパラレル大回転、2人で滑るのでプレッシャーは凄い事だろうな。見ていたら向かって左のコースでやたら転倒が多かったので心配していたら、やはり同じ様な所で転倒してしまった。でも銀メダルは凄いな、大回転を最後まで見てお勘定。

Dsc05072

帰ってみたら、昨日飲み干してしまった焼酎の補充はまだの様子。

Dsc05074

多分まだ補充はされていないだろうと帰り道に買っておいてよかった。何だかシャンプーの詰め替えみたいで雰囲気は出ないけど。寄り道して銀メダルを取る所をライブで見れたので、明け方に起きてフィギアも見ようと思っていたが目が覚めたのは5時半。すでに浅田の演技は終わっていたのだが、テロップに出ていた16位の順位をみて呆然としてしまった。でもまだフリーが残っているので頑張って欲しいな、、、。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年2月19日 (水)

期末。

Dsc05066

昨日は所用で早めに事務所を出てから、いつものサロンまで。来週で2月も終わりと思うと、今月に入ってから時間が経つのを早く感じてしまう。そして期末納品の仕事が段々重なってきた。毎年の事なのだが何とかならないのかな、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月18日 (火)

道具屋筋。

難波のクライアントさんの所で15時から打ち合わせ。新しい案件を説明をして頂いたが、次から次へと数件の説明が続くので結構疲れてしまった。ある程度遅くなるようなら直帰すると言って出てきたが、打ち合わせが終わったのは16時半と微妙な時間帯。ちょうど頼まれモノがあったので道具屋筋まで行ってみる。

Dsc05057

ここへ行くのは結構好きで、あちこちお店を覗きながら目当ての商品を探す。以前も買いに来たお店を覗いてみると、丁度売り切れで入荷待ちらしい。仕方がないのでその数件先に寄って聞いてみると、在庫があったので無事目的のブツをゲット。自分も欲しいモノがあったので聞いてみたら、こちらのお店には無いらしくて向かいのお店を紹介して頂いた。そして自分のほしかったモノも購入出来てミッション終了。ついでに好日山荘に寄って予備のガスを買っておいた。

さて、ここからナンバの調査に出ても良かったのだが、ちょっと仕事も気になったので珍しく事務所に帰る。しかし、思った以上に打ち合わせで疲れてしまっていたので早々に退社。駅前ビルでゆっくり仕事の事を整理しながら飲もうかと思ったが、上田酒店は1人も入る余地がない。

Dsc05058

地下に降りたら何とか1人入れそうなのでカウンターの奥に立たせてもらう。何か久しぶりだなコチラのお店。

Dsc05062

飲んでいたら仕事の事などすっかり忘れてしまう、当たり前だ。

Dsc05063

せっかくなのでもう一度地上に戻って熱燗をじゃこ天で頂く。お勘定は380円、やっとこう言う飲み方が出来る様になってきたな、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月17日 (月)

フォーマットが、、?。

15日から以前の日記のフォーマットが狂っている?15日にアップした“バール”の記事がおかしかったのかと思い消してみたけど変わらない。どーなってるのかな?わかりません、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒地山。

Dsc05027

朝起きたら曇り空だったが、絶対この日はいい天気になると思ったので芦屋川まで。少し遅い出発だったが結構な人。こりゃ中央はまた渋滞になるかもと思い、六甲越えも考えていたのだが、あっさり荒地山に変更。

Dsc05028

何故か右岸道の看板があちこちに出ていた。あまり人が入って来て混むのは嫌なのだが。

Dsc05029

この日は完全防備で来たのだが、歩き出すと少し暑いくらい。

Dsc05039

山頂に近づくと荒地山でも雪が残っててうれしくなる。やっぱり六甲の方がもっと楽しかったかなと思いながら黒岩を目指す。

Dsc05041

途中で若い集団と一緒になったので、黒岩も混んでいるのではと心配になったが誰もいなかった。

Dsc05042

そして、いつもの一人宴会のスタート。

Dsc05043

写真では松に木に隠れて見えにくいけど、六甲山頂は雪で白くなっている。

Dsc05048

しかし日差しがポカポカで気持ちいい。これなら自転車でサイクリングに出ても良かったかな。

Dsc05049

後はカップ麺を食べて少しのんびりして下山するだけで、さらっとした山歩きとなった。下山してもまだ時間が早かった事もあって十三に寄ろうか、杭瀬に寄ろうか悩んであまり行く機会がない杭瀬まで。

しかしコレが結構どえりゃ〜事になるのでした。キケンな街、、、杭瀬。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月16日 (日)

カーリング。

土曜日の夕方、いつものサロン。大体決まったいつものおじいちゃんのメンバー達。

Dsc05018

オリンピックで盛り上がっているが、基本的によくわからないルールのカーリング。相手のストーンを弾き出すのが納得いかないらしいおじいちゃんなのだが、それがゲームですから。

Dsc05025

久しぶりに帰って来た長男の夕飯のリクエストはミンチカツ。自分の時は小さい時は嫌いだったのに、一人暮らしをしてからは煮物が食べたくなったのにな、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月14日 (金)

益々、、。

この日も何処も寄らずに直帰、立ち呑みに寄らなくても全然大丈夫みたいだ。やはり以前の様に、どうしても毎日でも立ち寄りたいお店が無くなってしまったからなのだろう。この調子なら週1〜2くらいで済みそうなのだが、それはそれで問題が出てきた。この日の酒のアテは筑前煮で焼酎のアテにピッタリ、写真はあまりに地味なので止めておいたけど。なので酒が進むのだが、前日もそうだけどついつい飲み過ぎてしまって段々焼酎のストックが寂しくなってきた。

Dsc04994

なので安い箱ワインにチェンジ。これもボトルと違って中が見えないので、つい飲み過ぎてしまうのだが。

Dsc04995

アテはお気に入りのチーズで。これがまた美味しいものだからワインが進む。家呑みが増えると無駄使いが無くなっていいのだが、どうしても飲み過ぎてしまってオマケにアテを色々と食べてしまうので、益々体重が増す増す、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月13日 (木)

家呑み。

毎日々飽きもしないで立ち呑みに通っているが、ここの所ちょっと調子に乗り過ぎて小遣いが寂しくなってきた。いくら立ち呑みが安いからと言っても塵も積もれば山になるのだ。ハシゴ酒も響いているしな、休日の学会の会合の後にも数件回ってしまったし。なので帰り道に何処かへ寄りたい気持ちをグっと抑えて真っ直ぐ帰宅。早く帰ったのでカミさん驚いていたけど。

Dsc04985

本日のアテは蛸と薄揚げの和え物と豚の生姜焼きを少々。晩飯はご飯を食べる事が無いのでいつもは野菜中心のアテを用意してもらっている。立ち呑みでは帰ってから晩飯が用意されているので、あまりアテを取る事は無い。まぁ、高くつくからと湯豆腐をちょびちょびつつくのだけど。

Dsc04988

それと立ち呑みだとせいぜい30〜40分の勝負なのでアテはそんなに要らないのだが、家で飲むと2〜3時間の長丁場になってしまう。なのでアテが足らなくなって、冷蔵庫を色々と荒らしてしまうのだ。

Dsc04990

今はまたオリンピックをやっているので余計に始末が悪い。昨日のクロスカントリーは惜しかったな、最後の展開は予想出来たけど。せめてオリンピックの間だけでも、外で飲まないで家呑みしようかなと思ったりして、、、。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年2月12日 (水)

3周年。

神戸角打ち学会の3周年記念の会合兼、新年会が行われるので行って来た。

Dsc04977

場所はJR住吉の“さかなでいっぱいプラス”と言う所でJR住吉は初めて。

Dsc04971

集合時間より15分早くお店に入ると、店内には既にかなりのメンバーが揃っていた。

Dsc04973

事務局長、会長の挨拶の後宴会のスタート。

Dsc04974

この付け出しの4種盛りが大変美味しかった。このお店の料理のレベルが高いのがよくわかる。

Dsc04975

色々なお方とお話しをしたかったのだが、この日初めて入らしたと言うお山帰りの山ガールとお山の話しで盛り上がる。

Dsc04980

もうお一方北穂高が大好きだと言うお方も加わって、今度一緒に六甲山に上りに行こうと話しが盛り上がった。

Dsc04982

この日一番のアテの煮こごり。これをアテに飲む熱燗が無茶苦茶旨かったな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月11日 (火)

また、ハシゴ。

今進めている仕事のコピーのチェックバックがあるから来て欲しいと、先週クライアントから連絡が入っていた。コピーのチェックバックならメールで済みそうなものだが、直接話したいという事は結構な訂正なのだろうなと思い、ネイティブのコピーライターと一緒に行って来た。事前に送られてきたメールのチェックバックはすべて日本語で、ライターはもちろん理解出来ない。打ち合わせでも英語が出来るのに日本語で話されるので困ってしまった。それを英語に訳して説明するほど能力等ないのだから、、、。

打ち合わせが終わってからジャパニーズスタイルのスタンディング・バーに行ってみないかと聞いてみると、ビール好きなライターはちょっと予定があるけど少しならいいという事で、いつもの八幡屋へ行ってみるが時間が早かったのでまだ開いていない。それならばと駅前のお店に行ってみる。

Dsc04956_2

ライターはここは郵便局ですか?と不思議そうな顔をしながらお店の中へ。

Dsc04953

お店に入ると久しぶりなのに大将が自分の事を覚えていてくれた。大きな外人さんが一緒なので、お客さんも興味津々のご様子。

Dsc04955

家で自家製ビールを作っている彼のまさしくビール腹、グラスがちっこいな。

Dsc04957

1時間程常連さん達とお話を楽しませてもらってから、ライターと別れてもう一度こちらのお店まで。

Dsc04959

いつもの大仏の女将さんと若女将のお話をのんびり聞きながら飲むのが心地いい。

Dsc04960

お店を出てからいつも前を通り過ぎるお店が気になったので思い切って入ってみる事に。

Dsc04963

ガラ〜ンとした広い四角い店内には古い看板が上がっていて歴史を感じる。

Dsc04965

日本酒は止めておこうと思ったけど一杯だけ。まだお若いと思う女将さんにお店の歴史について色々とお話をして頂いた。思った以上に居心地が良くて長居しそうになったけどしっかり一杯でお勘定、安い客ですみません、また必ず来ますからと言って店を出た。

Dsc04967

門真でモノレールに乗り換えのため駅を出たので、ついでにこちらのお店まで。滅多にこの辺りには来ないので、行ける時に行っておこうかなと。

Dsc04969

焼酎に200円のすじポンを頂いたら、コレがもうサイコーに美味しくて焼酎が進む。このお店はホントにアテが安くて旨い、ちくわ天100円を追加。のんびり飲んでいたが隣の常連さんと話し出して、この常連さんがバイク乗りだったと話されてからバイクの話で盛り上がる。自分より一回り位上と見られる常連さんはモトクロスをされていたらしい。自分もエンデューロやっていましたよとお話しすると大層うれしそうにされていた。そうなると仕方がない、すっかり飲み過ぎてしまったのだが楽しかったからそれでいいのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月10日 (月)

ビックリ。

先日の出雲のサロンでの事、いい気分になってお話しを聞いていたらお店の大将から帰りは雪はどうでしたかと聞かれた。早い時間に出た事もあって雪は全然なかったですと答えたら、隅におられた常連さんから「どちらからですか?」と聞かれた。数年前から父親の様子を見に2ヶ月に1度は実家に帰っていて、その都度こちらのお店で飲んでいたがこちらの常連さんはいつも自分が入った後からいらっしゃるのでその辺りの事情を知らないみたい。その上、いつも知らない顔をして話しをされていたので、よそ者の自分の事が気に入らないのかと思っていた。「大阪からです。」とお答えすると「大阪のどちらですか?」と返されたので「万博の辺りです。」と答えたら、自分もその辺りに20年前に住んでいたと。どの辺かと聞くとウチのすぐ近所のマンションでよく知っている。「まぁ、その辺より茨木や岸辺の方が詳しいけどな」と言われたので、もしやと思い岸辺の宮谷酒店の名前を出したらよく行っていたと言われてビックリ。何でも先代とも飲みに行った事もあるらしい。「今はどうされていますか?」と聞かれて一昨年前に先代が無くなった事や、お店は移転された事等お話ししたら絶句されていた。

Dsc03054

しかしこんなに離れた田舎の酒屋の角打ちで、岸辺のサロンで常連さんだった方とお会いするなんてホントにもうビックリした。それからは今のサロンの話しを色々とさせていただいたり、昔のお話しをお聞きしたりする事が出来たが不思議な気分だった。やっぱりいいお店だったな、、、。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年2月 9日 (日)

実家の1日。

土曜日は朝から雪&雨、降ったり止んだりといった天気で何ともスッキリしない。昨夜の雪が少し積もっていたので、足下が悪いし父親のお墓参りは止めておいた。午前中に必要な買い物を済ませて、昼食を何処かで美味しいモノでも食べようと言う事になったが、田舎なので気の効いた食べ物屋さんが思い浮かばない。いつものモールの食堂街も飽きてきたしな。出雲と言えば出雲そばなのだが、オカンは蕎麦を食べないのでややこしい。自分だけならそば屋でいいのだが、、、。

Dsc04936

と言いながら、結局そば屋に向かう。ちょっと上品なこちらのお店なら、蕎麦以外も何かあるだろうと入ったら蕎麦しかなかった。その上自分は店に入る前から鴨南蛮を食べようと思っていたのに、この日は用意されていない模様。オカンと2人ため息つきながら決めたメニューは、オカンが釜揚げ月見蕎麦で自分は釜揚げ山菜蕎麦。釜揚げうどんは良く聞くが釜揚げ蕎麦は出雲地方の名物らしい、全然知らなかった。様はそば湯で蕎麦を食べている様な感じ、初めて食べたが蕎麦の風味が強くなって非常に美味しかった。食後はオカンを父親のねーさん93歳の所に連れて行って、自分は少し物足らないのでもう1軒蕎麦のハシゴに出向く事に。

Dsc04938

今の所、自分の中で出雲大社のそば屋ではここが一番の「平和そば本店」。午後1時半というのにお店は満席で次から次へとお客さんが入って来る。やはり人気店なんだな、いつもの割子そばは相変わらず美味しかった。そしておばさんの所にオカンをピックアップしに向かって、家に帰って本日のミッション終了。

Dsc04939

4時半の開店まで家でテレビを見て時間を潰して、時間になったらイソイソとお店に向かう。

Dsc04941

お店に入ると先客はお二人で良く知った顔。それから少しして入口に前日のややこしい客二人の片方と、もう一人大人しく飲んでいた相棒の二人がやって来た。引き戸を開けた途端に厳しい顔になった大将が、「あんたはダメだ、出て行ってくれ」と入店を拒否。大人しい方の客が「出入り禁止という事ですか?」と聞くと「あんたはいいが、もう一人はダメだ、悪いけどで帰ってくれ」と厳しく追い返してくれた。それからはいつもの常連さんが集まって来て、その話題で盛り上がる。昨日あんなに厳しく注意されたのに、またノコノコとやって来た事に常連さん達も飽きれた様子だった。そしてそれから1時間半ほど色々と話をしながら、楽しい時間を堪能する事が出来た。

Dsc04943

いつもの出雲のサロン、いいお店だ、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 8日 (土)

よそモン。

Dsc04928

週末は南から寒波が入って大雪になると天気予報が出ていたので、金曜日の午後から休みを取って雪が降る前に実家までオカンの様子を見に行く事に。早めに出た事もあって、いつもの米子自動車道は雪が全然無い状態でスムーズに家に着く事が出来た。

Dsc04932

家に着いたら荷物を降ろして、お茶も飲まずに直ぐさま出雲のサロンまで。先客は7人程だったが、2〜3人見かけない顔。まぁ2ヶ月に一度帰るくらいなので、自分の知らない客が居てもおかしくない。最近置く様になったサッポロ黒ラベル中瓶を冷蔵庫から出して、グビっといっぱい。休み無しで運転して来たのでビールが旨い。しかし見かけないお客さん同士が、あまりに汚い言葉で話すのが耳につく。そしてそのうち2人が言い合いのケンカになった。1人はかなり酔っぱらっている様子で別の常連さんにまで絡み出して、常連さんも最初はまぁまぁとなだめていたが関係ないのに絡まれるもんだから顔色が変わって来た。もう、お店の中はその2人の汚い言葉が響いている。

Dsc04934_2

途中までなだめながら話を聞いていた温和なお店の大将も、さすがに立ち上がって「あんたら3人出て行ってくれ!喧嘩がしたいのなら迷惑だから隣の神社の境内ででもやってくれ!」と大きな声でその客を怒鳴って叱った。さすがにその2人も気まずくなって勘定をしてすごすごと出て行ったが、出て行ったのは4人で仲間内らしい。後で聞くと常連さんも2回くらいしか見た事ないそうで、どうやら隣の街のよそモノらしい。常連さんや大将からも、すみませんでしたねと謝られたが、みなさんもその汚い言葉使いに驚いていらした。こんな事は滅多にないのだが、常連さんの集まるサロンはお酒を楽しく飲む場所なので、出て行った4人の中のケンカになった2人は出入り禁止が決まったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 7日 (金)

熱燗。

Dsc04921

寒い寒い、あまりの寒さに熱燗を求めてこちらのお店まで。でも店に入るとやっぱり最初はビールなんだな、ビール中瓶を注文スーパードライ。しかし、やっぱり寒くても大瓶にしてサッポロを貰うべきだったな、アテはいつもの様に自動的にポテサラ。

Dsc04922

そして冷えた体に熱〜い一杯、待ちに待った熱燗だったが何と人肌のぬる燗で全然暖かくならない。酒屋の角打ちには色々なパターンの燗酒がある。注文を聞いてから熱燗マシーンで出すタイプとコップに入れてレンジでチンするタイプ、予めヤカンで暖めてポットに入れておくタイプ等。こちらはポットのパターンなのだが、ちょっと冷えてしまったのかな。

Dsc04924

これではあまりにも暖かくならないので、お代わりをする時にO西さんにポットのん少しぬるいから暖かくしてとお願いするとレンジでチンしてくれた。出てきたお酒に口びる付けたら飛び上がる程の熱湯。あまりの熱さにフーフーしていたら女将さんが気がついて、別のグラスに半分戻して常温を足してくれた。O西さんが怒られてしまって非常に申し訳ない気持ちになるが、熱燗飲むと最初のぬる燗に戻っていた。

Dsc04925_2

こちらの女将さんもO西さんもお酒を飲まれないので、その辺のさじ加減がよくわからないのだろうねと隣におられた常連さんと話しながら、お酒を半分多く頂いたのでおでんの揚げさんと糸こんにゃくを追加したらコンニャクのサービス。コップ半分にはアテが余ってしまって、仕方ないので熱燗を1杯追加。結局またまた予定より飲み過ぎてしまった、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月 6日 (木)

いつもの、、。

Dsc04909

久しぶりにいつものサロンへ。最近こちらに出向く時はいつもカウンターは満席で、カウンターの隅の角で立たせてもらっている。

Dsc04910

しかし、忙しそうなのにいつものバイトのおっちゃんが居ない。後で聞いたら東京に1週間研修に行っているらしい。おっちゃんも色々と大変だな、、。

Dsc04916

しばらくすると、カウンターのお客さんが一気に引けて自分一人に。カウンターにグループ客が入るとこうなるんだよな。

Dsc04911

毎日新聞の取材が入ったらしい、大将に掲載された夕刊を見せてもらった。昔のお店は先代のお店、今のお店は大将のお店。これからも頑張って下さいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月 5日 (水)

カシアス・クレイ。

Dsc04902

福島のほたるまちの近所にある立ち呑み焼き肉のお店。実際はスツールも用意されていたけど一度は立ち寄ってみたかったが、1月いっぱいで閉店されたとシャッターの右隅に小さな張り紙が出ていた。

Dsc04905

同じく福島の浄正橋の交差点にあったお好み焼き屋さんも同じ様に突然店が閉まっていた。角地で駅の真ん前だと言うのに飲食業も厳しいのだな、昼飯に大盛り焼きそばを買いたかったのだが残念だ。やはりアベノミクスの恩恵など一般市民にはサラサラ感じられない。

Dsc04903

去年までは帰り道に迷う事は無かったが、ここの所帰りに何処へ行こうかと悩む様になった。色々と考えて結局こちらのお店に、結構この日は混んでいたけど何とかカウンターに立って熱燗と初めて見たサッポロの小瓶があったので頂く。ソチオリンピックの話しで盛り上がってから、オリンピック繋がりで何故かモハメド・アリの話しになった。昔はカシアス・クレイでしたよねと大将に話しかけたら、隣でアリの話しをしていらしたお客さんが知らなくて驚いていた。多分自分より随分と年配なのだが。調べてみたら1964年にネーション・オブ・イスラムに加入したのを機に、リングネームを改名したらしい。自分がまだ小さい時の話しだったのに驚いた。何故か自分はボクシングに詳しい訳でもないのに、モハメド・アリより、カシアス・クレイのリングネームが好きだった。ジョージ・フォアマンとのタイトルマッチは凄かったのを覚えている。「蝶のように舞い、蜂のように刺す」昔のボクシングは迫力があって面白かったな。などとスポーツ好きの大将とお話しをしながら、しっかりと飲み過ぎてしまった、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月 4日 (火)

節分。

毎年思うのだが田舎から大阪に出て来て数十年、結婚してから始まった理解出来ない関西のイベント。恵方巻と言う太巻きを1本、誰が決めたのかわからない方角を見ながら丸かじりする行事は自分の田舎にはなかったと思う。カミさんは子供の頃からの行事なので違和感は何もないらしいのだが、太巻き1本夜に食べるのは大概苦痛である。

Dsc04896

最近ではさすがに厳しいので半分にしてもらっている。息子は丸々1本ペロリと食べた後に、自分の残りの半分も食べていたが。また、イワシを食べるのもあまりどうなのかな。鬼を追い払う為らしいのだが、それなら食べなくて玄関にでも置いていたらいいのでは?自分はあまり好んでイワシを食べないんだよな。でも結局両方とも酒のアテにキレイに平らげたけど。

Dsc04898

豆まきは子供の頃からしていた行事なので、違和感なくやらないといけないイベント。ここの所毎年息子が鬼の担当で、寒い中ベランダに出て豆を受けてもらう。

Dsc04901

歳の数にプラス1個の豆なんて、とてもじゃないけど食べれないと思っていたが酒のアテに豆がススム、ススム〜〜〜。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年2月 3日 (月)

DNS。

実は関西シクロクロス最終戦の桂川のレースにこっそりエントリーをしていた。第9戦の堺浜のレースを観戦していて、やっぱり応援するより出場する方が断然楽しいのだと思ったので。しかし朝6時前には目が覚めたのだが、前日の不摂生でとてもじゃないけど出かける事の出来ない状態。その上窓の外を見てみたら雨、やっぱりこの状態では厳しいなともう一度布団に入った。

Dsc04859

9時過ぎにやっと布団から起きてから、新聞の天気予報を見ると昼から晴れるみたいなので、このままダラダラするのはイヤだとやっぱり出かける事に。

Dsc04864

この日はかなり暖かかったので、走っていても気持ちいい。

Dsc04871

御幸橋でトイレ休憩後、そのままスタート。

Dsc04872

えーっと、C1のスタートが近づいていたが朝あまり食べていなかったので腹が減って仕方がない、先に昼ご飯を食べにラーメン横綱まで。

Dsc04873_3

急いでラーメン食べた後に、直ぐさま会場に向かうとC1まっただ中。

Dsc04879_2

いやはや、どえりゃーコース状況でえらい事になっていた。泥まみれはシクロならではの醍醐味で観客は大喜びなのだが、走っている選手達はかなりキツかったみたい。

Dsc04889

泥遊びもしたかったが、正直やっぱり出れなくて良かったなと思ってしまった、、、。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年2月 2日 (日)

天王寺。

朝のんびり起きてからお山へ行こうかと思っていたら、カミさんから息子の壊れた自転車を見てやってくれと。直せるようなら直して欲しいらしいけど、見てみない事にはどうしようもない。一体何が壊れているのかと自転車置き場に降りて自転車を出してみると、ガチャガチャとホィールから音が鳴る。よく見てみたらスポークが3本折れていた。家に帰って修理は無理だと言うと自転車屋さんまで持って行って修理して欲しいと、おまけに買い物にも行きたいと。午前中は天気が良さそうだったので、お山に行こうと思っていたが仕方ない。たまには言う事を聞くのも大切だもんな。

Dsc04824

重い自転車を車に詰め込んでショップまで。修理は直ぐには無理なので置いて帰って買い物に出る。午後からの予定は?と聞くと天王寺に串カツを食べに行こうかと言う。何ともまぁめずらしい事もあるもんだと、早々に家に帰って準備して出かける事に。

Dsc04827

どうせなら色々回ろうかという事になり、以前行ってカミさんも気に入った今池のおでんの深川に行ってみたら残念ながら臨時休業。それならさっき前を通ったマルフクに寄れば良かったと思いながら、カミさんにはちょっとハードなホルモンのやまきをスルーしていつもの人気店まで。

Dsc04830

1軒目は難波屋、お昼過ぎなのに満席で焼そば200円やポテサラなどをアテに。ここのアテは魅力的なのでついつい色々と食べたくなるが、次があるので少なめにしておいた。

Dsc04838

2軒目は岩田屋、カミさんは初めてのお店。難波屋とは違うタイプのお店をご招待。キズシで1杯飲んだらバチグンに美味しかった。丁度お昼の部の終了時間になってお勘定。

Dsc04841

3軒目、本来の目的串カツのだるまへ。串カツは何処でも良かったのだが、前回本店で食べたのが美味しかったからと。じゃんじゃん横町の店があまり並んでいなかったのでこちらで済ます。だって並びたくないもんね。串カツを食べた後は天王寺方向にブラブラと。かんむりやはちょとカミさんには厳しいかなとスルーして、動物園前をのんびりと歩いて行くのが気持ちいい。

Dsc04851

滅多に天王寺に来る事はないので、せっかくだから寄ってみる4軒目の花野商店。入り口で常連さんから声をかけられて、カミさんから知っている人かと聞かれたが全く知らない人、これがいいのだ。やっぱりこちらでは熱燗を頂く、まったりとした雰囲気が最高に心地いい。ここらで終わりにして帰ろうかと思ったが、丁度お店の開店時間になったので天王寺の有名店まで行ってみる。

Dsc04854

5軒目は天王寺の種よし。料理が美味しいお店なので、是非ともこちらへカミさんを連れて来たかった。開店と同時に入店したのですんなり入れたし。

Dsc04853

2月1日という事で厄よけのお赤飯を付きだしで頂く、これにはカミさん大層感動していた。料理もどれも美味しいと気に入ってくれて良かったな。自分もこちらで初めて湯豆腐を食べたが、コレまでに食べた湯豆腐のベスト3に入る美味しさだった。

Dsc04858

そして千中に帰って来て〆のいっぱい。6軒目ホルモンバルで肉そば1杯を2人で、さすがにお酒はもう飲めませんでした、、、、。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年2月 1日 (土)

金曜は中津。

Dsc04817

最近金曜日によくお邪魔するいつもの中津のお店。週末だというのに結構空いていた。ビール大瓶と黙っていても出て来るポテサラをつつきながらのんびりと飲んでいたら、女将さんがまたまたポテサラを持ってやって来た。サービスで出そうとされたのだが、すでにO西さんから頂いていたのでご遠慮しておいた。

Dsc04822

少しして隣にやって来たビジネスマン風の男性、初めてなのでシステムがわからないようだったがO西さんが丁寧に説明。ビールは大瓶は多いという事なのでO西さんが350mlと100mlのビール缶を持って来たら100mlをチョイス。アテは唐揚げと揚餃子、初めてだという事で女将さんからポテサラのサービスがあったが、ありがとうの言葉も無し。その後おでんの玉子と揚げさんを注文されたので、O西さんが糸コンニャクのサービス。それもお礼は無し。腹が減っていたのかその後ウインナーを頼んでお勘定。1,000円札を出して用意されていたが、お勘定は1,630円。おっさん腰抜かしただろうな、自分も驚いたけど。

Dsc04820

こちらのお店はアテが結構な値段になる。なので自分はいつもポテサラだけなのだが、空いていたこの日売り上げに貢献すべく追加でアテを注文したら、自分も計算以上の金額になっていた。アテの値段がわからないのは、不安だ、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »