« いちびる。 | トップページ | 立ち飲み居酒屋。 »

2014年4月18日 (金)

写真展。

Dsc05647

行こう行こうと思いながら、あまりに事務所から近いのでついつい先延ばししていたら、来月11日で終わってしまうので時間が空いた午後から行って来た。

Dsc05649_2

国立国際美術館で開催されている「アンドレアス・グルスキー展」。観覧料が1,500円と立ち呑み一回分でもかなり贅沢が出来る金額なので、そこんところはちょっと悩んだが行ってみてやっぱり正解だった。あまり良く知らないドイツの現代写真家だけど、数点の作品は見た事があったのだ。

大型プリントで出力された作品はかなりの大迫力で、近づいて見たり離れてみたり。自分が気に入った作品は「フランクフルト」、フランクフルトの出国ゲートロビーに集まった異国の人々と無機質なフライトボードの構成が何とも印象的な作品だった。どの作品も厳密に構成を考えて、デジタル処理で仕上げていくのだがまるで絵画作品のようだ。しかし代表作のひとつが、2011年11月にクリスティーズ・ニューヨークで現存する写真家の作品として、史上最高額となる3億4千万円で落札されたと言うのには驚いた。

大型カメラで撮影され巨大なサイズに引き延ばされた作品は、画面の隅々まで集点が合っていてやはりこのサイズで見なければ作品の良さがわからない。そう言う意味で館内に置かれていたサンプルの作品集はちっとも魅力的ではなかった。アンドレアス・グルスキー、この人の作品は写真合成と言うレベルではなくて、写真を絵の具にした絵画だな。

|

« いちびる。 | トップページ | 立ち飲み居酒屋。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1814730/55819144

この記事へのトラックバック一覧です: 写真展。:

« いちびる。 | トップページ | 立ち飲み居酒屋。 »