« 終わりました。 | トップページ | 遠征。 »

2014年6月26日 (木)

酒屋立ち呑み。

衰退の一途をたどっている昭和な酒屋の角打ち。高齢化と後継者不足の問題が大きいところで、いつまでお店が続くのだろうかとおじいちゃんやおばあちゃんの店主を見ていると心配になる。その点、岸辺のサロンはお店も新しくされたし、大将はまだまだ10年は問題ないし。ただ、息子さんはお店を継がれる事はなさそうだけど。

Dsc06497

十三のサロンも角打ちと言うより酒屋の立ち呑みで、お客さんは常連さん以外にもたくさんいらしているし、大将もお元気な事で、まずこちらも後10年は間違いなく続けて行かれるだろう。こちらも息子さんが後を継がれる可能性はなさそうだけど。

Dsc06506

中津のサロンは、自分と同世代の息子さんが後を継がれているので問題ないと思っていた。先日いつもの常連さんと話しながら飲んでいたら、こちらのお店の若大将はこの立ち呑みを継続する気が無いらしいと言うショッキングなお話しを聞いてしまった。確かに若奥さんがお店の手伝いをされる事は無いし、今の女将さんがもし倒れられる様な事があれば、この立ち呑みもどうなる事かわからないだろうなと。

Dsc06513

確かにうちの母親と同じ歳の女将さんが、いつまでもお店に立たれるのは大変んな事だろうな。特に最近はお店の隅の椅子に腰をおろされて、しんどそうにされているし、、、。

Dsc06512

一昨日、違う常連さんからも同じお話しを聞いた。若大将は2階を改造して違うお店をしたいそうだと、その話しも先日の常連さんもされていたし、こちらの常連さん達は皆さん知っている話しなのだろうか。この特徴のあるカウンターのお店が無くなるなんて寂しすぎる。もちろん直に無くなるわけではないのだけど、思わず2日連チャンでお店に立ち寄らせていただいた、、、。

|

« 終わりました。 | トップページ | 遠征。 »

立ち吞み」カテゴリの記事

コメント

よく聞くお話しですねぇ。

後継者のやりたいコトと界隈のニーズが合っているのか、つい心配になっちゃうおせっかいヲヤヂでございます。

投稿: HTK | 2014年6月26日 (木) 12時17分

こんにちは、
記事を読んでびっくりしました。
スグの話では無いにしろ驚きました
なんだかとても淋しくなりました。

投稿: 諸行無常のg | 2014年6月26日 (木) 13時16分

● HTKさん、こんにちは。
駅から近いわけでもない立地ですし、なぜ2階でなのかわかりません。
1階は立ち呑みの思い出が多すぎるのでしょうか?
もっとも、まだまだ先の話しでしょうが、、、。

投稿: uechicchi | 2014年6月26日 (木) 14時36分

● 諸行無常のgさん、こんにちは。
今のメインの常連さん達も、あと数年で会社を退職されます。
こちらのお店は近くのおじいちゃん達はあまり来られません。
ほとんどのお客さんがスーツ姿のビジネスマンの方々。
常連さん達がいらっしゃるうちは頑張られるでしょうけど、
みなさんがいらっしゃられなくなったら、、、。

投稿: uechicchi | 2014年6月26日 (木) 14時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1814730/56613208

この記事へのトラックバック一覧です: 酒屋立ち呑み。:

« 終わりました。 | トップページ | 遠征。 »