« お山。 | トップページ | 還暦。 »

2014年10月 4日 (土)

涸沢。

9月後半から10月半ばまでの土日に、色々と外されない予定が入っている。気がつくとすっかり季節は変わってしまい、お山は紅葉のシーズンに入っていた。しかし、どう考えても土日を利用して出かける事は出来ないので、いっその事平日に休みを取ってお山に出かけようと思いついたのが9月29日の月曜日。スタッフ君には無理を聞いてもらい、去年より1週間早く紅葉の穂高連峰の涸沢まで。

Dsc07632

朝の3時起床出発の予定でと思っていたが、それなら前日の夜にスタートした方が楽かなと思い、仮眠をとりながらあかんだな駐車場に4時前に到着。ゲート前には既に10台程の車が4時の開門を待っていた。6時20分始発のバスに乗って上高地のバスターミナルに7時前に到着。バスは満席のため20分より早めに動いたので、後から来た登山客が唖然としてバスを見送っていたが。

Dsc07634

結構な登山客だったけど、時間がまだ早いので観光客はまだらな様子。

Dsc07640

35分で明神に到着して、そのまま休憩無しで40分程で徳沢まで。こちらも結構な登山客。

Dsc07641

50分程歩いて横尾に到着。ここの人の多さに驚いたが、どうやら半分近くは下山の人だった。

Dsc07645

平日なので楽勝かなと思っていたのは大間違い。60代くらいのグループが何組も歩いて行かれるし、山婆ーいやいや元山ガールの集団も凄い事になっていた。

Dsc07655

こんなに長かったかなと思う程歩いて、やっと涸沢に到着。情報通り、紅葉はすっかり進んでいて、真っ赤なナナカマドは少し燃え尽きている程だったけど何とか間に合った感じ。

Dsc07657

はやる気持ちを抑えてテントを設営してから、ヒュッテに戻って800円の生ビールで乾杯。隣のおっちゃんの話では、前日は生ビールは完売していて吞めなかったらしい。

Dsc07659

天気予報ではこの日の天気は大丈夫そうだが、次の日は午後から天気は崩れる模様なので思いっきり紅葉を楽しまなければ。

Dsc07660

生ビールセット1,400円。今回の楽しみは紅葉を見ながら、吞むために涸沢にテントを貼ったので値段の事は気にしない。

Dsc07670

涸沢小屋まで登って缶ビールを吞みながら見下ろしてみると、思ったよりもテントの数は少ないかな。それからテントに戻って夕飯の支度を始めるのだがまだ4時過ぎ。

Dsc07672

夜ご飯はすき焼き丼。ヒュッテで買ってきた缶ビールをグビグビ飲みながら1人のんびりと。

Dsc07681

ちょっと肌寒くなったのでヒュッテに出向いて熱燗を頂いてから、テントに戻ってウイスキーを湯割りで吞んでいたら眠たくなって来たので早々に消灯した。

Dsc07690

朝日に輝くモンゲンロートを見る人だかりを抜けて顔を洗ってから、折角の快晴なので思い切って奥穂高登頂を目指してまずは穂高山荘まで。

Dsc07693

前日に引き続き快晴の天気で気持ちがいい。

Dsc07695

しかし結構キツイのよね、コレが。テント場が随分遠くになってきた。

Dsc07696

代わりに穂高小屋が段々近づいて来た。

Dsc07697

小屋に着いたらビールを吞もうと思っていたけど、飲んだら奥穂高は無理なので我慢してコーラで乾杯。

Dsc07698

初めての奥穂高のスタートは急なハシゴから。コレにビビって去年は登れなかったのだが、おばちゃん達がキャーキャー楽しそうに降りて来たのを見てすっかり落ち着いて登る事が出来た。

Dsc07702

そして無事、穂高連峰主峰、奥穂高岳の標高3,190mに登頂。

Dsc07699

初めて見るジャンダルムの姿は身が震える程だったが、てっぺんに人が立っているのを見てビビる。

Dsc07705

少し左に目をやると雲海の中から見える御岳山から、白煙がモクモクと登っていた。今回の噴火で亡くなられた方のご冥福を祈るばかり。

Dsc07703

反対には槍ヶ岳がくっきりと見える、今度はあそこに行ってみたいな。そしてこんなに快晴だったのに、下山を始める頃にガスが出て来て、あっという間に周りは真っ白になってきたが、その前に穂高山荘に下りる事が出来た。

Dsc07712_2

テント場に戻る途中、物資を積んだヘリが何度も小屋とヒュッテにやって来ていた。

Dsc07717

テン場に着くと片付けを始めて直ぐに撤収。

Dsc07718

ザックを担いでヒュッテに寄って、最後の生ビールと1,000円のラーメンを頂いてから下山。

Dsc07719

何度も振り返り、美しい紅葉の景色を目に焼き付かせながら下って行った。

Dsc07722

ガラガラの徳沢にテントを貼って、徳沢園で生ビール750円をいただく。追加で頼んだ300円のジャイアントコーンが思ったより食べごたえがあったので、思わずロング缶550円をお代わり。涸沢ヒュッテでは700円だったロング缶が550円なのでうれしくなって2本頂きましたがな。

この夜はワインにパスタと決めていた。横尾では2,000円だったワインがこちらではフルボトルで3,500円。少し悩んだけど、今回は遅めの夏休みなのでケチらずに1本いっときました。

Dsc07727

テントを設営して直ぐに雨になったが、翌日朝方には雨もやんでいたので、起きて直ぐにパンとコーンスープで朝食をすませてから撤収。6時半に徳沢を出たのだが、次から次へと登山客が歩いて来られる。どんよりとした空模様が気の毒でならなかったが、この日は最初からあまりいい天気ではなさそうだったので仕方が無いか。

Dsc07733

8時30分発のあかんだな駐車場行きのバスは自分1人だけの貸し切り状態。のんびりとバスに揺られながら、目をつむれば涸沢の紅葉が頭の中に広がっていた。いいお山だったな、、、。

|

« お山。 | トップページ | 還暦。 »

お山」カテゴリの記事

コメント

アニキ、自然の中に溶け込んだ日々、ナイス!

投稿: ローラー男 | 2014年10月 4日 (土) 19時18分

凄い写真のオンパレードにひたすら魅せられました。
ほんまもんの贅沢な時間を過ごされたのですね。ご無事、何よりです。

投稿: ぺろんぱ | 2014年10月 4日 (土) 22時09分

● ローラー男アニキ、こんにちは。
ありがとうございます。
アニキ程ではないですが、結構充実した3日間でした。
また一緒に行きましょね!

投稿: uechicchi | 2014年10月 5日 (日) 08時48分

● ぺろんぱネーサン、こんにちは。
独りで何にも縛られる事無く自由に行動出来て、
ホントに贅沢な一時の時間でした。

投稿: uechicchi | 2014年10月 5日 (日) 08時52分

良いお休みでしたね。美しく雄大な写真を有難うございました。
こちらまで、登ってきた気分になれました。臨場感たっぷりの記事でしたね。

投稿: sadag | 2014年10月 5日 (日) 10時15分

● sadagさん、こんにちは。
登った気分になって頂き、ありがとうございます。
仕事の事は、これっぽっちも考えないで楽しめました。
次のために今日からまた頑張ってやっていきます!

投稿: uechicchi | 2014年10月 6日 (月) 09時43分

目一杯楽しまれてますね~。
山登りには装備、体力、知識と色々と必要なものが
あるんでしょうけど、楽しそうですね。
場所によって物価(酒の値段)が違うのも面白いです。

投稿: おはる | 2014年10月 6日 (月) 13時51分

● おはるさん、こんにちは。
まだ初心者ですが、楽しませてもらっています。
飲む事が基本なので、山登りも辛くはないです。
山小屋で飲むお酒はサイコーに美味しくて、
その時は値段の事は気にしていません。

ただ、下山後サイフの減り具合に愕然としますが(笑

投稿: uechicchiuechicchi | 2014年10月 6日 (月) 16時09分

おおお~素晴らしい山の賑わいですね。
これをアテに一杯は格別でしょうね。

投稿: arkibito | 2014年10月 7日 (火) 17時26分

● arkibitoさん、こんにちは。
仕事の事も、家庭の事もなーーんにも考えない3日間。
とてもシアワセな時間を過ごせて、行かせてくれた家族に感謝でした。

投稿: uechicchi | 2014年10月 8日 (水) 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1814730/57571627

この記事へのトラックバック一覧です: 涸沢。:

« お山。 | トップページ | 還暦。 »