« 習慣。 | トップページ | 京都・夜の部。 »

2015年12月20日 (日)

京都・料亭。

Dsc03628

本当は結婚記念日に来たかったのだけど、思いついたのが遅過ぎて予約が取れたのはこの日、高台寺に隣接した山荘の料亭「京大和」さん。

Dsc03631_3

入口を入ると、もう12月も半ばだと言うのにまだ紅葉が残っている。

Dsc03632

コチラの料亭はかなり高台にあるので、京都の街が一望出来た。

Dsc03634

お店の歴史を聞きながら、本日のお部屋へと案内される。

Dsc03635

案内されたのはこちらの料亭で唯一中庭に面したお部屋で、庭園の「透月の池」を見ながら懐石料理が頂ける「紅葉の間」。広い角部屋で2人には贅沢過ぎる広さだ。後で調べてみたら、こちらのお部屋は特別なお部屋で、通常お部屋代が別途15,000円するらしい。ゲロゲロ〜。

Dsc03639

この部屋からも見れるまだ残っている紅葉の赤い色が、寒々しいこの時期の庭園に彩りを与えてくれている。

Dsc03649_2

八寸は、イカの照り焼き、海老になますに子持ち昆布、お寿司にカボチャのコロッケなどなど。まずはサッポロビールで。

Dsc03650

椀盛は温かいうちに。かぶらのみぞれあんかけ。

Dsc03651

お造りは、まぐろにヒラメと何だったかな?変わったヤツ。醤油とポン酢が用意されたが、自家製と思われるポンズの味にカミさん絶賛。

Dsc03653

こうなるとビールではなくて、日本酒にしないとね。

Dsc03655

焼物は、うずらのつくね、くわえの薄切りチップスなど。

Dsc03658

セコがに。手前から食べて行くと中の具材が変わって行く。外子も内子も入っていて、最後に身が現れて色々な食感をコレ一杯で楽しめる創作が素晴らしい。

Dsc03660

また、どの器も凝っているし。

Dsc03661

もう一度白子と銀杏、ゆりねの椀物。

Dsc03663

そして、陶器で出来た土鍋で炊かれた大根飯。

Dsc03665

このご飯がまた美味しくて、何度もお代わりをしてしまった。

Dsc03667

デザートがまた美味しいんだもん。

Dsc03672

最後にお抹茶と、よもぎ餅。コレは別腹ですからと言われたが、甘いものは好んで食べないのにペロっと食べてしまった。どの料理も手の混んだものばかりで、一つ一つ丁寧に中居さんから説明を受けたが、全然覚えていなくてスミマセン。しかしどれも素晴らしい創作料理だった。

お昼の懐石料理に、ビール2本と日本酒2合に梅酒が1杯。結構な値段だったけど、BGMが自然の音と言う静けさの中で、2人でゆっくりとした食事の時間はとても贅沢なものだった。日本には四季がある、その季節ならではの食材で、こうして贅沢に頂ける時間が持てるというのは素晴らしいものだ。これからは四季ごとにこうした時間が持てるように、まだまだ頑張ろうなと言いながらカミさんとお店を出た。

Dsc03679

特別な思い出の一日になって、良かったな。

|

« 習慣。 | トップページ | 京都・夜の部。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

アニキ、こーゆー贅沢は大事ですよねー。日本の四季最高!

投稿: ロラおとこ | 2015年12月21日 (月) 11時44分

● ロラおとこアニキ、こんにちは。
ホントですよね、日常から慣れてのんびりできました。
日本の国っていいなぁと、つくづく思いました。

投稿: uechicchi | 2015年12月21日 (月) 12時44分

良き京都の日でしたね。子育ての終わったご夫婦へのご褒美です。たまには、こういう手の込んだ伝統を活かした料理も良いものですね。

投稿: kincyan | 2015年12月23日 (水) 12時49分

● kincyanさん、こんにちは。
たま〜〜にのご褒美でした。息子達が出て行ってからは寂しくなって、
夫婦で出かける機会が増えてきました。和食っていいですよね!

投稿: uechicchi | 2015年12月24日 (木) 10時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1814730/63051310

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・料亭。:

« 習慣。 | トップページ | 京都・夜の部。 »