« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月29日 (月)

初スタジアム。

市立吹田スタジアムに、J1ガンバ大阪の開幕戦の応援に行って来た。実は朝早起きして試合前に自転車に乗ろうと思っていたのだが、前日にかなり深酒をしてしまい起きれなかった。フラフラで目が覚めると、窓の外から明るい日差しが降りそそいでいて気持ちがいい。ベランダからスタジアムを覗くと、続々と人が集まっていたので少し早いけど11時前にスタジアムに歩いて向かった。

Dsc04374

ホーム自由席入口のゲート1にはすでに長蛇の列が出来ていてちょっとビビル。しかし、自由席といっても座席数は限られているのだから座れないはずはないと、早く出たらよかったと言うカミさんをなだめたりしながら開門を待つ。

Dsc04379

そして心配は他所に結構いい席がキープ出来て、早速ビールを買って来て試合前の宴会の始まり。

Dsc04384

アテは弁当に唐揚げ、ミンチカツやポテトフライなど。結構美味しくてビールが進んで試合前にお代わりを行っておく。

Dsc04390

しかしスタジアム前も凄い人だったが、中に入ってもそれは同じで通路は人で溢れているし、売店の前にも長蛇の列が並んでいた。

Dsc04391

コレが噂の悲しいデザインのサインか。学生にバイトで作らせたのかな?スタジアムは素晴らしかったけど、こう言うのやトイレなどはホントに簡素に作られていて、やっぱり市立スタジアムって感じ。

Dsc04393

その後時間もあるので、スタジアム内を一周してみた。鹿島サイドから見た感じ。鹿島のサポーターの中には通路に座って、焼酎をパックで呑んで盛り上がっているグループもいらした。因にこのアウェー自由席のゲート内には、ガンバのユニホームを着ていると入る事は出来ない。

Dsc04402

そしていよいよ試合開始前、ガンバサポーターの盛り上がりが凄い。横断幕が垂らされてちょっとだけ見えなかったけど。

Dsc04403

試合結果は残念ながら敗戦だったが、暖かい日差しの中、新スタジアムで十分楽しませてもらった(呑ませてもらった!かな)。

Dsc04418

ホントにすぐそこに選手が見れる臨場感のある素晴らしいスタジアムだった。左端のガンバボーイ君のお辞儀の腰の曲がりも素晴らしい。

Dsc04422

帰り道、ウチはスタンドからもよく見えるほど近くなのだけれど、こんだけの人の大半がモノレールの駅に流れて行く。そして“EXPOシティ”からも人が流れているのだから、駅周辺はどえりゃ〜事になっているのだろうな。大阪モノレール、ウハウハやな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月28日 (日)

お土産。

Dsc04369_2

京都にカミさんと一緒に行っていた、友達からのお土産。

Dsc04370

結構な値段だったそうだが、白飯に合いそうだな。カミさんがお弁当に入れると話したら、それはアカン!と言われたらしい。ありがとね、みーちゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月27日 (土)

料亭。

Photo

本日カミさんは学生時代の友人と、お食事で京都の料亭のこちらまで。料理は決まった献立はなくて、その日の仕入れによって違うらしいが一体いくらの昼食なのか。そして夕方からは、川端二条の赤垣屋に行くそうだ。まぁ、年に数回の事なので楽しんで来てね。自分の昼食はカップ麺、夕飯は酒屋の立ち飲みだけどね、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月26日 (金)

2月。

2月最後の週末の金曜日、やはりあっという間に過ぎてしまった2月。毎年この時期は期末に向けて結構バタバタとするのだけど、クライアントさんの決算時期が変わってしまったので全然忙しくない。普通忙しくないと時間が経つのは遅いはずなのに、何故かそんな事も感じないくらいに早く過ぎて行った。会社勤めの時なら暇で時間が過ぎるのが早いのはうれしいのだが、自分でやっているとそうはいかない。自分と同じで体力が弱っている会社なので尚更だ。

春はもうそこまで近づいているというのに、気持ちはどんどん不安になって行く。くよくよ考えても仕方がないので、来週3月になったら気持ちを切り替えてやって行くしかないな、っと弱っている自分に言い聞かせる週末。何かいい事ないかなぁ、、、。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年2月25日 (木)

給料日前。

一般的には毎月25日が給料日のところが多い、なので前日の24日は懐が寂しくて大人しくしているというパターンも多いかと。十三も中津も岸辺の酒屋の立ち呑みも、大概給料日前はお店が空いている事が多かった。自分は25日が給料日ではないので、給料日前日は何処の立ち呑みも空いているし、のんびり出来るのを楽しみにしていたりする。そして色々悩んで向かった先は中津。

Dsc04356

あれ?右の入口から覗くと、いつもの立ち位置に誰か立っておられる。それでも空いているだろうと反対側から入ってみると、思ったよりお客さんが入っている。隣を見ると自分の立ち位置に立っておられたのは、お知り合いの常連さん3人だった。少しするとグループのお客さんが次々と入って来られて、ほぼ9割方の入りでガヤガヤしてのんびりするどころではなくなった。その上隣の常連さんに話し込まれてしまったもんだから、すっかり疲れてしまった。やっぱり水商売はどうなるのか読めないものだな。

本日25日は皆さん給料日、今までの経験上ちょっといいお店にグループで行かれる事が多いかと。なので酒屋の立ち呑みは空いていると思って行くと、やっぱり何処も混んでいたりするんだよな、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月24日 (水)

マクド。

北海道産の食材を使った新商品『北海道産ほくほくポテトとチェダーチーズに焦がし醤油風味の特製オニオンソースが効いたジューシービーフバーガー(仮称)』あまりに長い名前なので、名称募集したバーガーの名前が決まったらしい。

Main_160222

正式名称『北のいいとこ牛(ぎゅ)っとバーガー』

応募総数はなんと5,016,926件で、自分も少し考えてはみたものの考えていたのとはかなり違っていた。グランプリ受賞者には、バーガー10年分に相当する142万3,500円がプレゼントされるのだとか。でも、何だかちょっと食材の瑞々しさっていうかシズル感と言うのが伝わって来なくて、あまり美味しそうに感じないネーミングだなと思ったりして。長かった名前の方がずっと美味しそうで、食べてみようかなと思わせる感じがあったのに。結局は話題作りだけだったのかな、期間限定だけどそのままフェードアウトしそうな商品だな。もっとも、自分はもう何年もマクド食べてないし、『北のいいとこ牛っとバーガー』を食べる事もないのだろうけど、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月23日 (火)

カッコええ。

Madass125

世界でもっとも古い自動二輪製造メーカー、ドイツ・ザックスバイク(知らんけど)が販売している個性的なバイク MADASS125。縦2灯ヘッドライト、フュエルタンクがビルトインされたメインフレーム、シート下に伸びるマフラーなど、ドイツ・ターゲットデザイン社が手がけた特徴的なスタイルが印象的。

Madass1252

あのSUZUKI“KATANA”のプロダクトデザインで有名な、ハンスムート率いるデザインラボのこのバイク、存在は知っていたのだけれど先日お山の帰りに、杭瀬の散髪屋さんの前で初めて実物を見た。

■エンジン: 空冷4ストローク単気筒
■排気量:124cc
■始動方式 : セルスターター・キック
■タンク容量: 4.6L
■ギア: 4速、MT (1-N-2-3-4)
■シート高: 835mm
■全長×全幅×全高: 1840mm×760mm×1035mm
■重量: 94kg
■フロントブレーキ: 260mm ディスクブレーキ
■リアブレーキ: 210mm ディスクブレーキ
■フロントタイヤ: 90/80-16
■リアタイヤ: 120/70-16

188,000円(税別 諸費用別)

どんな服装で、どのような場面で乗るのかと思うと微妙だけれど、事務所に飾っておくのにはご機嫌な一台だな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年2月22日 (月)

ウロウロ。

Dsc04346

土曜日は雨だったが、日曜日は天気予報通り晴れ模様。先日黒岩から見た真向かいにある岩を探しに行ってきた。

Dsc04350

色々と迷走しながら何とかたどり着いたのは、サンデーモーニングの横。正面には黒岩の松がよく見えている、するとその斜め右下の岩にひょっこりとおっちゃんが現れた。

Dsc04350_2

一体何処からやって来たのか気になったので、ルートを色々と探してみたのだが見つからない。結局ウロウロしていたら荒地山山頂にたどり着いてしまった。

Dsc04351

そのまま黒岩に向かって、カップ麺を食べながらさっき見た岩を眺めてた。少ししたらそのおっちゃんがひょっこり歩いて来て、また荒地山の方へ向かわれた。登ったり下りたりを楽しんでおられるのかな?悔しいので、次回もう一度ルート探しに行ってみようと思う。まだまだ奥が深くて、楽しいな荒地山。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月21日 (日)

大好きな時間。

Dsc04320

土曜日は終日雨という事で、最初は京都の息子の大学の卒業展に行こうと思っていた。が、天気予報があまりに酷そうなので、無理して雨の中を行く事ないかと予定変更して、一日中ダラダラ過ごす事にした。昼飯のインスタントラーメンを食べて、ガンバ大阪の試合をTVで見ながら、時間になったのでバスに乗って岸辺のサロンまで。

Dsc04324

雨のせいか、いつもの常連のおじいちゃん達が一人も来なくてお店のお客さんは自分一人。ちゃんと観るでも無いTVをぼーっと見ながらのんびりと。

Dsc04333_4

ホントにのんびりと大好きな時間を過ごさせてもらったのはいいが、すっかり飲み過ぎて結構高ついてしまった。なのに家に帰ったら夕飯ステーキだったので、ストックの赤ワインを1本開けてしまったけど。自分でも大概呑み過ぎやなと、ちょっとだけ反省、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月20日 (土)

創立60周年。

60

ヤマハ発動機創立60周年記念モデル。受け継がれてきたチャレンジスピリットを伝える“インターカラー”の60周年記念モデル達。

Sr40060th

あのクラシカルなイメージのSRまでもレーシーに見えてくるが、SRXならもっと似合うのだろうな、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月19日 (金)

コカ・コーラ。

ウチのマンションのエレベータには修繕で入替え後液晶モニターが付いて、毎日変わる「今日の雑学」が流れている。毎回乗るたびに何気なく見ているのだけれど、結構知らない事などが多くて面白い。この日のお話しはコカ・コーラ、元々は薬を作っていて偶然に出来たとか。

Dsc04315

「コカ・コーラはコカの実などを煮詰めた頭痛薬だったが、味を薄めるために水ではなく間違えて炭酸水を入れてしまい、それが美味しかったので飲料になった。」ウソの様な話に、ホントかどうかネットで調べてみたら、やはり同じ様な事が書かれていた。

“ 薬剤師ペンバートンはリューマチの悪化と戦い、 モルヒネ中毒になりながらも自宅の裏庭で「禁酒用飲料」の研究を続け、 そして1886年、水と炭酸水を間違えるという偶然の助けを借りて非常に美味しい禁酒用飲料、 後にコカ・コーラと言われるものを完成させるのである。”

そもそも普通、水と炭酸水とか間違えるかな?その頃はコカインが含まれていたが、もちろんそれは取り除かれて一世紀以上も世界で愛される飲料水となったのでした。

P1020843

アトランタのコカ・コーラ博物館、そんな事など全然知らなかったのだけど、きっと何処かに書いてあったんだろうな、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月18日 (木)

当たり。

Dsc04308

この日は十三のお店まで。外から覗いたらいつもの立ち位置にはお1人さんが立たれていたが、1人飛び状態で空いていたので安心して店内に入る。いつもの立ち位置の隣に無理矢理立つ事も出来たのだが、カウンターのセンターが大きく空いていたので、無理して狭いところに入らなくてもと、真ん中に立たせてもらう。少しして気がついたが、いつもの立ち位置に立っていたのは、先日ブツブツ独り言を言って鬱陶しかった兄ちゃんだった。危ない、危ない。

Dsc04310

久しぶりの紅ショウガ天で、焼酎湯割りを頂く。最近はすっかり湯割りが気に入っている自分、去年まではいくら寒くても氷で水割りだったのだけど。

Dsc04314

何気なくカウンターの中を見たら“櫻正宗”の瓶が見えたので、女将さんに今日の燗酒は櫻正宗ですか?と聞くとそうですよと。ならば頂かないわけにはいかないので、燗酒半分を頂いた。こちらのお店では常温と燗酒は普段は菊正宗なのだが、時々櫻正宗が入荷している時があるので、この日は当たりだな。久しぶりの櫻正宗は優しいお味でやはり旨い。半分じゃなくて、ちゃんと1杯頂けば良かったとちょっと後悔した夜だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月17日 (水)

市立スタジアム。

Img_6750_r

市立吹田サッカースタジアムがヨーロッパのスタジアムみたいだと中々の評判だ。観客席からタッチラインまで7m、高低差は150cmしかないと言う4万人収容のサッカー専用スタジアムは、ゲームの臨場感や選手やサポータとの一体感も味わえる素晴らしさ。先週の日曜日のこけら落としには、チケット完売で行けなかったのが残念だったけど、J1リーグの開幕戦には行ってみたいと思っていた。

Photo

4万人収容という事だが前回同様の失敗はしないように、なめてはいけないなとガンバ大阪のサイトを確認してみたらもうチケットは完売。かろうじてファミリーシートが残っているだけと言う人気に改めて驚いた。実は自分は少しだけ残っていたホーム自由席を、事前に何とか押さえる事が出来ているのだけど、後ちょっと遅かったら完売だったという状況。このままこの人気が続けばガンバ大阪もクラブの資本が増えて安泰だし、スタジアムを管理する吹田市共々ホっとする事だろうな。昔はガンバの仕事もしていたし家のご近所さんなので、こやってガンバ大阪が盛り上がってくれるのは嬉しい事だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月16日 (火)

よかったね。

久しぶりに平日の岸辺のサロンまで。カウンターは空いていたが常連さんが4人ほど、カウンターは10人位は並べるのだがそれ以上の人がいるみたいな賑やかさだった。やっぱりこちらは地元の集まりのサロンだな、しかしいつものおばはんうるさ過ぎで全然落ち着いて呑めなかったけど、まぁ毎度の事か。

Dsc04304

カウンターの常連さんが帰られて静かになって少しのんびり出来たが、焼酎もなくなったのでそろそろ帰ろうとしたら、某バイトのおっちゃんがやって来た。先週末息子さんの結婚式で海外に行かれていたので、その土産話を聞くのに焼酎お代わり。色々と大変だったみたいだが、無事問題なく事が進んでよかったね。ちょっと話が長くなって閉店時間を大きく回ってしまったけど、安堵感でかちょっと疲れているおっちゃんだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月15日 (月)

2月14日。

Dsc04295_2

この日はバレンタインデー、カミさんからチョコレートを貰った。それも我が家で昨年からちょっとブームだった日本酒の銘柄。

Dsc04296

最近は色々な業種がコラボレーションしてるんだね。

Dsc04298

ひとくち口に入れただけで、あっという間に溶けて無くなってしまった。自分はあまり好んで甘いものは食べないのだけど、この生チョコレートは最高に美味しかった。と言っても自分が食べたのは1個だけで、多分後はカミさんが全部食べると思うけど、ありがとね。

Dsc04293

体調も良くなったのでベランダから見えるガンバ大阪のスタジアムのこけら落としに、当日券で行ってみようと思ったら完売で当日券は無し。4万人収容なのですっかり甘く見ていた。わんさか人が集まって来るし、大きな声でサポータが盛り上がっているのが見えるので、どうしても行きたくなって知り合いのガンバ専属ライターに携帯で助けを求めたら「近所やからと思って余裕こき過ぎ!」と笑われてしまった。ヘリが上空を回っているし、かなり盛り上がっている様子だったのでちょっと残念だったな、トホホ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月14日 (日)

葛根湯。

Dsc04290_3

土曜日の明け方5時頃に腹痛で目が覚める。トイレに駆け込むとシャーシャーの状態。その後何度もトイレに向かったが状況は変わらず。いつもの時間になったので朝の連続小説を観たのだが、その頃には状態は落ち着いていた。

その後買い物など家の用事や昼飯をすませてから、予約している散髪屋に歩いて出向く。そこから岸辺に向かいサロンでいっぱいやって時間調節をしてから、十三で立ち飲みの約束があったので阪急電車で移動する予定だった。が、散髪屋さんを出た頃から急に雨が降って来て、それまでポカポカと暖かかったのが急に寒くなって体に悪寒が走る。そしてまたまたお腹が痛くなったので、近所のスーパーのトイレに駆け込む。雨の中トボトボと岸辺に向かって歩くが、駅が近づく頃にはお酒を飲む気力もなくなってしまった。駅についてこの日はキャンセルしますと友人に連絡を入れて、そのままサロンを横目に見ながら向かいの薬局まで。で、冒頭の写真の“葛根湯”を買ってバスに乗って自宅に帰った。

帰ってからは直ぐに薬を飲んで16時頃から布団の中に。汗をかいてベチャベチャになりながら何度もトイレに向かって、結局17時間程布団の中で過ごして何とか復活。天気も悪かったし、次の日が日曜日なので助かったが、今年初めての休肝日となったのでした。やっぱり健康が一番だな、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月13日 (土)

テムレス。

Photo

巷で雪山グッズとしてかなり評判のいい防寒手袋テムレス。冬の雪場での使用感は素晴らしいと言う事なので、自分も是非とも手に入れようと思っていたが、どうももう一つ触手が伸びない。それはブルーの色しか選べないから。自分はお山で着るウエアにしても道具にしても、自転車関係もどれも赤とかオレンジのカラーリングが好みなので、ブルーのギアは持っていないのだ。なので手袋だけがブルーって言うのがちょっと合わない。それで今一つ踏ん切りがつかなかったのでした。

Dsc04283

その後色々と検索していたら、自分にぴったりな色の同じ様な防寒手袋を発見した。値段もテムレスより安いし、もし使ってみてよくなかったらテムレスにしたらいいんだと思いAmazonでポチっとした。しかし、注文したのが1月27日で2週間立っても送って来なくて、さすがにおかしいと出品者に苦情のメールを出した途端にブツが事務所に届いた。

Dsc04284

厳冬期はもう過ぎてしまった今頃にって感じだけど、思っていた以上にカラーリングが気に入った。今シーズンはもう使う事はないと思うけど、次の雪のシーズンが楽しみだな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月12日 (金)

5周年。

Dsc04266

絶好の晴天の中、神戸角打ち学会の設立5周年記念の祝賀会が、JR住吉にある立ち呑みで行われた。

Dsc04257

13時からのスタートだったが天気もいいし、ちょっと時間を持て余していたので1時間前に現地に到着してしまい、お店周辺をウロウロ探索して、それでも30分前に入店したので飾り付けのお手伝いをする。

Dsc04259

祝賀会には角打ちの本場九州の大分、広島や関東からも現地学会のお方がお見えて、厳かに進められて行く。

Dsc04261

祝賀会に用意された日本酒。その後あっという間に全部空になって、もう一本追加されたけど。

Dsc04260

用意されたアテをチビチビと突きながら、旨い日本酒をグビグビいく。

Dsc04264

一年ぶりにお会いするお方もたくさん入らしたので、楽しくてすっかり飲み過ぎてしまう。

Dsc04272

綺麗どころとご一緒に。

Dsc04273

1部の祝賀会は1時間で終了して、2部の立ち呑み交流会がスタート。ココからは支払いは各々個人でするのだけど、注文する日本酒がしっかりしたコップに並々とで素晴らしい。嬉しいのだけれど、後がちょっと心配かも。

Dsc04275

2時間の交流会もあっという間に終了して、泉酒造の営業部長さんともうお一方と3人で2次会に移動したまでは覚えているのだけど、、、。

Dsc04277

何処をどう歩いたのか?

Dsc04278

何軒回ってどれだけ呑んだのか?

Dsc04280

一体どうやって帰ったのか?気がついたらモノレール小路駅。それも終電でそこからトボトボ自宅に向かって歩いていたが、途中で力尽きてタクシーさんに助けてもらった。朝出かける時にカミさんから重々注意されていたのだが、毎回分かっていても凝りもしないでまたまたやってしまった。

学習能力ゼロのおっさんなのだけど、楽しかったから良しとしよっと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月10日 (水)

鬱陶しかった。

月曜、火曜日は比較的空いている十三のお店まで。そーっと外から覗いたら、いつもの立ち位置にはお二人さんが立っていらしたが、その右隣は空いていたので安心して店内に入った。

いつもの赤星を頂いて、店内は比較的空いてるしゆっくり出来るなと思っていたら、自分の右隣に立っていた若い客がブツブツ独り言を言ってくる。最初はあまり気にしなかったのだが、途中からコッチを向いてブツブツ話しかける様に喋って来た。コレは関わったら面倒な事になると思い、右を見ない様に反対向いたりして完全無視を貫く。そしたら自分越しに自分の左のお二人さんにも、大きな声で話し出して鬱陶しくて仕方がない。その後隣のお二人さんが帰られたので、徐々に左にズレて行き鬱陶しい兄ちゃんから離れて行った。

新しいお客さんが入っていらして、いい具合で右隣に立たれたので壁が出来た。ひとり間に人がいるとエライ違いで気にしないで呑む事が出来たのだが、今度は新しく入らしたお客さんがどーもストレスを感じられている様子で、気を紛らわす様に自分に話しかけて来られた。その気持ちは重々わかるので、お話しをしながら気を紛らわせてあげる事に。その内さすがにちょっと呑み過ぎている若い兄ちゃんは、マスターになだめられてお勘定をして出て行った。

途中から入らした左隣のお客さんが、クスクス笑い出して大変でしたねと。右隣の壁になったお客さんには、鬱陶しかったので隣を開けて、誰かいらっしゃるのを待っていたんですとお詫びをしたが、すっかりストレスが貯まりましたので帰りますわと、疲れた顔して苦笑いでお店を出て行かれた。このお店に来るのはまだ2回目と言われていたが、ホントにゴメンね。それからはお顔見知りのカメラマンの先輩が、昔お世話になった写真関係のラボの営業さんと入らしたので昔話に花が咲く。色々と懐かしいお話しが出来て楽しい時間を過す事が出来た。

しかしやはり立ち呑みの仕事は色んな客がいるので大変だな。こちらのお店は客層も良いし、そんなにややこしい客はいない。その若い兄ちゃんも別に暴れるわけでもなく、ただブツブツ言っているだけなのだけど、知らない者同士が隣り合って呑むのだから。鬱陶しいのと楽しいの、最後が楽しかったので良しとするか、、、。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年2月 9日 (火)

勘違い。

Dsc04244

毎度おなじみの中津のお店まで。午後19時過ぎになると常連さんが1人二人と帰って行かれて、すっかりカウンターが空いてしまった。でもそれからビジネスマンのグループ客が次から次へと入って来られて、あっという間にお店は満席になった。あまり知らないお客さんの4〜5人のグループばかりだったが、こちらのお店の本来の姿はコレなのかもしれない。見渡すかぎり黒いスーツにネクタイのお方ばかりで、小汚いフリースを着た普段着なのはカウンターの隅の自分だけ。

Dsc04243

後で計算したらどて焼きは450円、横のにーちゃんが頼まれていたカキフライは600円と伝票に書いてあった。すっかり麻痺して勘違いしていたが、こちらのお店はサロンと言うよりビジネスマン御用達の大バコの、高級立ち呑みだった事を忘れていた。サロンの雰囲気が辛うじて残っているのは、1人客の常連さん達がいらっしゃる午後19時位までかな、空いている時に安いアテでチビチビ呑むのが好きだ、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 8日 (月)

粕汁。

土曜日はサイクリング、日曜日はお山にと週末の予定は決めていた。なのに、土曜日になって気分が乗らなくて自転車に乗るのは止めてしまった。日曜日も思ったよりも天気が良くないのでどうしようかとも思ったが、2日ともダラダラ過ごすのは嫌だったので用意をして出かける事に。

Dsc04221

少々遅いスタートとなったけど、別に早く行かないといけない理由などないのだし、のんびりと歩いて行く。

Dsc04225

いつものルートを登って行くと、結構な集団やご夫婦で登られている方がいてちょっとビビルが、山頂に近づくとあまり人は居なくなり、山陰は白いモノまで残っていてちょっと寒々しくなる。

Dsc04226

いつもの黒岩に近づいて行くと人の話し声がするので、この日は貸し切りは無理かなと思っていたら空いていてホっとした。

Dsc04228

曇り空で少し寒かったが、あまり風が吹いていないので先週よりマシかな。少しすると雲の合間からお日様が見えてきて、ちょっとだけ暖かくなってきた。

Dsc04231

この日の最大のミッション、楽しみにしていたお山で粕汁を炊く。

Dsc04232

雰囲気を出すためにグラスを持って来たのだが、お椀も持って来たらもっと良かったとちょっと後悔したけど。焼酎はサーモスに入れたお湯で割って、粕汁と一緒に頂く。想像していた通り熱々の粕汁が何とも美味くてサイコー。

Dsc04235_2

〆の“どん兵衛鴨だし”も美味しくて来週もこのパーンかな。

Dsc04237

今度はお山の向こうの中央に見える、人が4〜5人立っている場所に行こうかな、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 7日 (日)

週末は。

週末のお楽しみ。

Dsc04216

土曜日の夕方、の〜んびりサロンで過ごす時間が好きだ。

Dsc04239

日曜日の夕方、相変わらずコチラに行くのも定番だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラーメン。

いつも何でも深く考え過ぎて不安になって、どんどん落ち込んでいく性格の自分と違って、なる様にしかならへんやんと楽天的な性格のカミさん。今までも何度も助けられてきたけど、今回もうまく乗り越えられるのかやはり心配だ。気分転換にロードバイクで蕎麦練に行こうと当初思っていが、あまり気分が乗らないので辞めておいた。

Dsc04209

お昼ご飯はいつものインスタント。休みの日に食べるインスタントラーメンが実は楽しみだったりする。平日はカミさんのお弁当で満足しているのだが、休みの日には平日食べれない袋麺が恋しくなったりするので。

Dsc04212_2

TVではラーメン屋さんを始める前に30回も転職したという社長の話と、今や年商30億円という話にラーメン食べながら考えてしまう、そんなしょうもない自分なのでした。

Dsc04210

でもそんな事も関係なくいつもと変わらずに、サッポロ一番みそラーメンは美味しいのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月 5日 (金)

中津まで。

かなり仕事が暇なので昨年の今頃はどうしていたのだろうかと、自分のブログを振り返ってみたらやっぱり同じ感じ。中津のサロンで話し好きのおっちゃんに話し込まれ、うんざりしているのが書いてあった。それは今でも変わらないけど。

Dsc04201

スタッフ君は息子さんの学校の懇談会で早引けしたし、電話も鳴らないので話し好きのおっちゃんが来る前にサロンに行って、さらっと呑んでさっさと帰ろうかと中津まで。まだ早かったのでお店は空いていたのだが、以前話をしててちょっとあって、それから口を聞いてくれない就活中のおっちゃんが自分の立ち位置に立っていた。

Dsc04205

別に口を聞いてくれないのは静かに呑めるので助かるのだけれど、些細な事にいつまでも拘っている何ともキンタマの小さいおっちゃんだろうかと思ってしまう。挨拶をして隣に立たせてもらったが、自分が来た途端に知らん顔してイソイソと帰られた。まぁ色々あるけどココでしか知らない人やし、それも仕方ないか。でもおかげでこの日はゆっくり静かに呑めて、のんびり出来て良かったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 4日 (木)

あ燗やん。

この日は午後から枚方で撮影と打ち合わせ。撮影は順調に進んで、その後の打ち合わせが終わったのが3時半。ええ感じの時間帯で4時過ぎに駅に戻り、いそいそと大仏のおばちゃんの店に向かう。

Dsc04193

しかしながら暖簾は出ているのに、午後からの営業は4時半からと。確か以前は4時からだったのにと思いながら、ここで30分近く待つのも時間が勿体ない。向かいにある藤村酒店は開いていたのだが、気分はキズシで日本酒だしなと思いながら駅前に戻る。

Dsc04195

もう1軒の無茶苦茶入りにくいディープなお店を覗いてみると、一回り以上歳上の先輩デザイナーさんが座っているのが見えたので入店。しかし、ここに来ると必ずいらっしゃるし。色々話しながら呑んでいたら、先輩デザイナーさんが日本酒の後に赤ワインを頼まれたので珍しいですねと聞いてみたら、この頃は最初は日本酒→赤ワイン→日本酒→チューハイ→日本酒で〆、と言う順序で呑まれているそうだ。

Dsc04196

自分も同じ様に日本酒を燗で頂くが、このお酒かなり色が濃いのと何だか濁って見える。お店の大将に銘柄を聞いたら、聞いた事がある様な無い様な新潟のお酒だった。えらい色が濃いですねと言ったら「熱燗器そろそろ洗わんとあかんか?夏から洗ってないからな、ワッハッハ」ってアカンやん。そう言えば先輩デザイナーさんが呑んでいるのは燗酒じゃなくて常温。隣に並べて比べてみたら、全然濁っていないし色もそんなに濃くないし、何と言う志の低い酒屋やホンマに。まぁ、おっちゃん面白いからいいけど、ってよくないけど。なのでお代わりは常温にしておいた。

Dsc04198

いつもなら直帰のところ事務所に戻って、少し仕事をしてから家に帰ったら、節分で太巻きと豆が用意されていた。年末にサンタクロースは来なくなったが、鬼さんもいらっしゃる事がなくなって、ちょっと寂しかった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年2月 3日 (水)

クスリ。

一流のスポーツ選手がその先を求めて間違って手を出してしまう、その先に本当の栄光が待っているはずはないのに。昨日の映画で憧れのプロチームに入ったのに、母親にプロを辞めたいと言ったパンターニを思った。華やかな表舞台の裏には、様々な思惑を持った人間が集まってくる。

栄光についてくるのは地位と名声、お金とさらなる欲望か。しかしそれが無くなった時に訪れるのは絶望と孤独。逃げる様にすがるのはクスリしかないのかと思うと悲しくなる。どうしてそうなってしまったのだろうか、何処で道を間違えてしまったのだろうか?それは頂点に立って、輝いた人にしかわからない事なのだろうか。それはスポーツの世界だけじゃなくて、どんな世界でも起こりうる事だろうけど。

自分にはとうてい縁のない話だが、昨晩呑みながらぼーっとTVを観ていて流れたテロップを見て思った。ホントに残念でならない、、。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年2月 2日 (火)

海賊。

Photo

午前中に事務所を抜け出して観て来た。

_2

ホントに凄い!

_3

でもやっぱり、最後は悲しかった、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月 1日 (月)

最終戦。

土曜日とは打って変わっての晴天の中、シクロクロスの最終戦を観戦に京都桂川まで行ってみる。

Dsc04174

車で行くのかロードバイクで行くか、はたまたオートバイで行くのか悩んだが、気楽な感じで行きたかったので、通勤使用のDIAMONDO BACK号でのんびり行く事にした。

Dsc04176

で、丁度昼前になったので会場に入る前に昼飯をいっておく。もちろん餃子無料券を使わせて頂いた。

Dsc04177

桂川河川敷は車でびっしり。年々たくさんの人が参加されるのだが、桂川に参戦する人が一番多いのかもしれないな。

Dsc04184

しかし、コースは思っていた通りのマッドな状態。スタートからして自転車が重そうだ。

Dsc04182

ドロドロの選手達を撮影される某プロのカメラマン。服が汚れる何て間違っても言わない。

Dsc04183

しんどいのはみんな同じ。それでも見ていると何だか少しだけ楽しそうに走っていらしたので、やっぱり参加しない事にはなと思ったりして。笑いながらヤジを飛ばして応援する、久しぶりにシクロを楽しめた。

Dsc04186

帰り道はいつもの向かい風、ランドナーのおじいちゃんに追い越されて、ヒーヒー言いながらも何とか家路についた。ちょっと寄り道しちゃったけど、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »