« 難コース。 | トップページ | 近畿最高峰。 »

2016年5月29日 (日)

弥山、双門コース。

Dsc05318

一度は行ってみたいなという気持ちと、そんな難コースにわざわざ行かなくてもと思う不安な気持ちが交互する。ネットでよく見るこの看板を目の当たりにして、やはり気持ちが引き締まる。

Dsc05319

今回の大峰連峰行きのメンバーは8名、それも北アルプスを制覇されている強靭なお方達。熊渡に車を駐車して登山口に向かう。その内2名は別コースで、この日のキャンプ地の狼平の避難小屋を目指してスタートした。

Dsc05320

新緑の河川敷から、山道に入ると早速鉄の階段が現れる。この双門コースは鎖場や垂直のハシゴが連続する上級者向けのコースだが、美しい自然の風景が登りのしんどさを忘れさせてくれる。

Dsc05321

やっとこさ長い登りを終えたと思ったら、直ぐに下って河原まで降りていく。この繰り返しがホントに疲れるが、川の水の透明度は素晴らしくイワナが泳いでいるのが見えて心が休まる。

Dsc05327

朝の5時にスタートして約3時間半に双門の滝のテラスに到着。ほぼ垂直の梯子が連続して、結構な高度感を味わった後のご褒美。

Dsc05330

それからまたまた登ったり降りたりの繰り返し。一体いつまで続くのか少しうんざりしながら。夜に雨が降ったみたいだったが、川の水量は思ったほどではなくて沢渡り時の岩も乾いていて滑る事もなく助かった。

Dsc05331

オーバーハングの大岩に取り付けられている鎖の梯子。

Dsc05333

危険な場所が随所に現れるが、ちゃんと鎖が張ってあるので安心して登っていく事が出来る。

Dsc05334

岩に打ち込まれた鉄の杭の階段の空中回廊。まさしく大人のアスレチックでかなり楽しい。もうこの頃は恐怖心はなくなって、ワクワク感に変わっているというゲンキンな自分。

Dsc05337

そして狼平の避難小屋に午後1:00に到着。7時間に及ぶ双門のコースを無事制覇する事が出来た。

避難小屋の1階は大学のワゲル部に押さえられていたのだが、先行した2名が2階を無事キープしてくれていたので、テントは張らずに小屋で寝る事にしてお楽しみの宴会がスタート。無事何事もなく双門コースを終えた安堵感と達成感で、ビールが旨かったのは言うまでもない。

|

« 難コース。 | トップページ | 近畿最高峰。 »

お山」カテゴリの記事

コメント

アニキ、お疲れ様。
写真見せてもらいましたけど、やっぱり水量が3分の1くらいしかないみたいですねぇ。
鉄梯子も去年は上から滝のように流れてて、かなり濡れました。
ぜんぜん水無いやーん!!行けばよかった(笑)

投稿: さかじい | 2016年5月30日 (月) 13時55分

● さかじいアニキ、こんにちは。
楽しかったですね、お疲れ様です。
水は少なくても双門コース制覇には違いないので、
あしからず(笑

投稿: uechicchi | 2016年5月30日 (月) 15時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1814730/65743696

この記事へのトラックバック一覧です: 弥山、双門コース。:

« 難コース。 | トップページ | 近畿最高峰。 »